オリンピアンがパーソナルコーチに!岡崎選手も学ぶ走力トレーニングとは?

走る力をアップさせたい時、「パーソナルコーチがいたらいいのにな」と思ったことはありませんか?
なんと、このサロンでは、オリンピック出場経験のある杉本龍勇さんからコーチングが受けられます。プロの専門的な目線で効果的に走力アップ。「かけっこが速くなりたい」「大会に向けてタイムをあげたい」「スピードを活かして試合で活躍したい」など、目標に合わせて走力を向上させましょう。

走力と想力~オリンピアにして大学教授が伝える走力向上スポーツ経済学~

走力を上げるためのトレーニングが学べる

ジムやスポーツクラブではなかなか学べない「走る力」。早く走るためのアドバイスはもらえても、自分の状況を改善するのにぴったりな意見をもらうことは難しいもの。そんな時、オリンピック経験のあるスペシャリストにいつでも相談できるとしたらどうでしょうか?

走力と想力~オリンピアにして大学教授が伝える走力向上スポーツ経済学~

このオンラインサロンでは、バルセロナオリンピックに出場した杉本龍勇さんからコーチングを受けることが可能です。自分の動画を見てもらって的確なアドバイスをもらったり、実践的なトレーニングを見て取り入れたりして、自分に最適な走力向上方法を見つけましょう。

基本は正しい姿勢を知るところから

ここからは、実際に杉本さんが会員向けオフ会で指導してくださったトレーニング方法の一部を紹介していきます。ちなみに、サロン内では動画がアップされており、復習もできるようになっています。

<正しい姿勢の作り方>
走力アップにまず必要なことは、正しい姿勢を知り、それをキープできるようになることです。最初から走りながら正しい姿勢を維持することは難しいので、まず立った状態で正しい姿勢を作りましょう。

1. 足を揃え、手の指2-3本分軽く開く
2. 親指・人差し指・拇指球(親指の付け根の膨らんでいる部分)で体重を支える
3. 膝が開いたり外側に重心が逃げないよう意識して立つ
4. 両手をまっすぐ上に上げ、肘を伸ばし手のひらを前に向け、肘が耳の後ろに来るようにする
5. ゆっくりと手を真横におろす(”きをつけ”の状態)

これが走る時の正しい姿勢になります。トレーニングを始める時は、トレーニング中にこの姿勢が崩れないように意識して行いましょう。

つま先歩きで体重移動を覚える

走力と想力~オリンピアにして大学教授が伝える走力向上スポーツ経済学~

正しい姿勢を覚えたら、次はそのまま体重移動につなげることを体に覚えさせます。つま先立ち、つま先歩きで体重移動に慣れていきましょう。

<つま先立ち>
まずはつま先立ちを30秒間行い、つま先で体重を安定して支える訓練を行います。
1. 親指・人差し指・拇指球(親指の付け根の膨らんでいる部分)で体重を支える
2. 後ろから足の裏が見えるくらい、かかとを高く上げる
この時、グラグラしないよう正しい姿勢をキープすることと、呼吸を止めないことを意識しながらやってみましょう。

<つま先歩き>
つま先立ちを1-2回して感覚を掴んだら、つま先歩きにトライしてみましょう。
1. 膝を曲げずに、足先だけを前に進めて歩く
2. 足首を曲げず、つま先立ちのまま、まっすぐ歩く
つま先歩きのポイントは、足首とかかとの位置が下がらないようにすることです。しっかりとつま先で体重を支えられるよう、きれいな姿勢を保ちましょう。

筋力を100%引き出す歩き方をマスター

走力と想力~オリンピアにして大学教授が伝える走力向上スポーツ経済学~

正しい体重移動の仕方を覚えたら、実際の歩き方に挑戦してみましょう。走っている間に膝やくるぶしが曲がっていると、筋力が外に逃げてしまい100%の力が発揮できません。ポテンシャルを十分に発揮する足の動かし方を身につけましょう。

<踵からつま先で歩く>
1. 左足を膝を曲げずにまっすぐ踵から踏み込み、つま先(親指・人差し指・拇指球)に体重を移動する
2. 右足の太ももを上半身に引き付けるように高く上げ、左足と同じように踵から踏み込みつま先に体重を移動する

この時のポイントは、筋力が逃げないよう踏み込んだ足の膝とくるぶしを曲げないこと。踏み込んだ踵から地面に圧力がかかっているようなイメージで足をピンと伸ばします。

こどもの走力アップに!「ボックスジャンプ」

走力と想力~オリンピアにして大学教授が伝える走力向上スポーツ経済学~

サロン内では小さいころから走る能力を高めるため、子どものトレーニングに関する情報も。まだ強い負荷がかけらない小さい子でもできる、走力をあげるためのトレーニングをご紹介します。

<ボックスジャンプ>
1. ボックスに片足を乗せ、大きく手を振りジャンプしながら反対の足をボックスに乗せる
2. 交互に足を入れ替えるのを繰り返す

気を付けるポイントは、ジャンプした時振りかぶった手と一緒に体もしっかり伸びること。一度体の後ろの方に腕を上げ、そこから大きく腕を振りかぶると、その反動がジャンプにつながります。ボックスの高さが高すぎると筋肉を十分に使えていない可能性があるので、その子に合った高さでトレーニングができるよう調整してあげましょう。

アスリートのトレーニングを取り入れる!

中級者~上級者の方には、アスリートのトレーニングをチェックするのがおすすめです。国内外でアスリートのコーチングしている映像もサロン内でアップされるので、効果的なトレーニングを取り入れることができます。ここでは、一つのトレーニングをご紹介します。

<小刻み腿上げ>
骨盤の動きを足の筋肉に伝えるという動作を体に覚えさせるトレーニングです。足の力だけでなく骨盤がねじれる動作が加わることで、筋力が効率よく足に伝わるようになります。
1. くるぶし程度の高さに片足を上げ、反対側の足と入れ替える。
2. そのまま中殿筋で足が引きあがることを意識しながら、1を繰り返す

地面についている足をしっかりと踏み込み、力が抜けないよう圧力をかけるようなイメージで行いましょう。

パーソナルコーチと効率的に走力向上を目指す!

短距離走で出場したオリンピックから、Jリーグクラブなどの各種コーチ経験を経て、現在は法政大学の教授として活躍されている杉本龍勇さん。走るための知識だけでなく、競技内でどのような走りが必要とされているのかということろまで熟知した、まさにエキスパートです。

走力を向上を目指すなら、的確なアドバイスをくれるパーソナルコーチのもと、効率的に取り組んでみてはいかがでしょうか?

杉本龍勇さんによる「走り方教室」開催!

現日本代表岡崎慎司選手のパーソナルトレーナーである杉本龍勇氏による〝走り方教室〟となります。 実際に多数のプロ選手が行っているトレーニングとなりますので、ご興味がある方はこの機会に是非ご参加下さい!

お申し込みはこちら

2017年2月5日(日)10:00 ~ 12:00
開催施設:岡崎慎司フットサルフィールド(神奈川県茅ヶ崎市)
参加資格:小学5年生以上
参加料金:2,000円
(オンラインサロン会員は参加費無料となります。 )

月額3,240円で走力と想力をつけよう

サロン詳細はこちら

サロン詳細

サロン名 走力と想力~オリンピアにして大学教授が伝える走力向上スポーツ経済学~
https://lounge.dmm.com/detail/110/ サロン画像
サロン概要

【オンラインでは】
*個別指導
トレーニング映像(特に走り方、フィジカルトレーニングetc.)を送ってもらえれば、
個別により具体的なアドバイスをします。

*スポーツビジネス講義
スポーツ選手やスポーツ指導者が知っておくべきスポーツの経済面、社会面や
スポーツビジネス(マネジメントやマーケティング)、スポーツの経済効果についてもお伝えします。

【オフラインでは】
*オフ会(不定期)の開催
研修会で実技指導などの研修を実施。

オーナー 杉本龍勇
プロフィール

法政大学経済学部教授。研究領域はスポーツ経済学ならびにスポーツ経営学。特にスポーツに対する消費行動が中心。選手としては陸上競技の短距離選手として1992年のバルセロナオリンピックに100mと4×100mリレーに出場。と4×100mリレーではアンカー(第4走者)として、戦後初の入賞(6位)に貢献。その経歴を活かし、スポーツ指導者として陸上競技はもちろんのこと、サッカーやラグビー、野球などのフィジカルトレーニングに関する指導に携わる。現在はサッカー日本代表の岡崎慎司(レスターシティ)の専属コーチ。また吉田麻也(サウサンプトン)や宮市亮(ザンクトパウリ)などを定期的に指導している。

サロン詳細はこちら

  • はてなブックマーク

DMM オンラインサロン Blog 編集部

著名人とつながるオンラインサロン「DMM オンラインサロン」の中がちょビット見れちゃう!気になる著名人やラウンジ内の話題や業界裏話、オフ会・イベントのレポートなどをほぼ毎日更新しています。