金融のプロは東芝問題をどう捉える?実例から学ぶ企業ファイナンス

Hiroの投資銀行サロン
金融の世界は生き物のように流動的で予測もできない動きをすることがあります。経験が少なければ気づかないこともより理解を深めることで、先んじて感じ取れるようになるはずです。実践的な株式相場や投資、経済の動きを見極められるようになりたいなら、田中博文氏のオンラインサロンで学んでみませんか。机上の空論ではなく今、実際にマーケットで起きている案件を使ってレクチャーしています。

田中博文氏が語る投資の世界

投資や金融の世界に足を踏み入れたものの行き詰まりを感じている人や、もっとスキルアップするためにどんな方法がいいのか悩んでいる人。そんな人たちにひとつの答えを示してくれるのが、田中博文氏が主宰するオンラインサロン『Hiroの投資銀行サロン』です。

田中氏は現在のりそな銀行の前身であるあさひ銀行で法人営業や戦略財務コンサルティングに携わり、また、みずほ証券で主幹事担当として多くのIPO実績を残し、現在ではジェイ・キャピタル・パートナーズの代表として、投資やM&Aを行う、長年金融の世界に生きる投資のプロです。

自身の長年の経験と知識から、実践的に投資を体感で理解していく学びがあるサロンとなっています。

【サロンonly】で語られる株や投資の「ココだけの話」

オンラインサロン内のトピックスには【サロンonly】と記されたものがあります。これは文字通りサロン内でしか学ぶことができない情報の印。オリジナル資料を配信して解説を行っています。

Hiroの投資銀行サロン

ここで少しだけ【サロンonly】の情報をご紹介しましょう。

直近ではやはり東芝問題が世間を賑わしている為、実践的に学べるモデルケースとして様々な角度からこの問題を取り上げています。例えば、事業再編スキームについて解説をした投稿では、証券会社の投資銀行部門がどのようなプロセスで事業再編コンサルティングに取組んでいるかについて語られています。

半導体メモリー事業を分社化する話題に絡めては、企業内にマイナスのシナジーが存在する場合、親会社と資本関係を遮断することにより株主の保有する株式価値が増加するパターン、いわゆるコングロマリットディスカウントについても図解付きで説明されていました。

田中氏が現代ビジネス誌にて話題となった記事「東証二部への指定替えではなく、“東芝だからこそ、上場廃止にするべき”」という話も、一般掲載より早く投稿されていました。

マーケットの動きを読み解く!時事ニュースから読めること

サロン内では、ニュースやコラムにある時事ニュースについて田中氏が見解をつけてシェアしています。

時事ニュースはただ一般的な現実に起きている企業や経済のニュースというだけでなく、世の中の流れや傾向を把握し分析することで投資や金融に役立つ情報源として変化します。冷静な分析で田中氏自らの言葉で語ります。

今話題になっている東芝の問題についても各メディアは様々な切り口で報道を繰り返しています。そのニュースを読み解いた上で田中氏が発するコメントは、解説であり時に問いかけであったり、批判であったりと世の中の動きに鋭く切り込みます。

Hiroの投資銀行サロン

分社化する東芝メモリに外資が興味を示している状況の中、技術と人材の流出を防ぐ目的で公的資金を導入する検討に入ったと日経が報じました。

田中氏は「私は外資だろうが日系であろうが、民間が手を挙げている以上は、民間に任せるのが筋だと考えます。経済合理性の中で検討してそのビジネスの価値を精査することが原理原則です。そこに官や東芝自体の情緒的な思いを入れるから、モラルハザードが起きる。国が関与してやむを得ないのは、国防に絡む、航空、エネルギー、電波などです。むしろ官が対応すべきは残された原発の方ではないのか?エネルギー政策の中で本当に必要であれば、民間でコントロール出来ない原発を国で運用することの方がはるかに重要です。」と、疑問を投げかけていました。

より深く金融の世界を理解するため

現実を知ることが金融についてより知識を深めるスタートです。『Hiroの投資銀行サロン』では、時事問題と絡めた解説と実践的な企業の経営についてを同時並行で学べるので、より見識を深めることができます。

初心者からベテランまでが集まっているこのサロンで、株や投資に関連する世の中の動きを読み、一緒に学んでいってみてはいかがでしょうか。

サロン詳細はこちら

  • はてなブックマーク
DMM オンラインサロン Blog 編集部

著名人とつながるオンラインサロン「DMM オンラインサロン」の中がちょビット見れちゃう!気になる著名人やサロン内の話題や業界裏話、オフ会・イベントのレポートなどを更新しています。