元アイドルの私がアイドルプロデューサーに転身して、サロンを開いた理由

アイドルプロデューサー伊藤祐奈のアイドル学園
初めまして!今回からコラムの連載をスタートさせていただきますライターの伊藤祐奈(いとうゆうな)です。私はもともと「アイドリング!!!」というアイドルグループで14歳から20歳までアイドル活動をしていて、20歳という節目で芸能界を引退し、現在は昨年12月に自身が立ち上げた会社「株式会社TKMK」の代表を務めながら、アイドルグループのプロデュースやコンサルティング事業を主に活動している大学4年生の21歳です。

アイドルからアイドルプロデューサーへ

まず第一回目のコラムでは「元アイドルの私がアイドルプロデューサーに転身して、サロンを開いた理由」について書いていきたいと思います。

私がアイドルになった2010年の頃。AKB48さんを筆頭にまさにアイドルブームが始まり、アイドル戦国時代とよばれる年でしたが、今やアイドルは海外の方々からも注目されるほど大きくなり、アイドル‘’ブーム‘’からアイドル‘’文化‘’へと変わっていきました。

そんな素晴らしい日本の「アイドル文化」をもっと広げていきたいという気持ちが強くなったのが1つの理由です。

そしてもう1つの理由は、なにより『アイドル』という職業が心から好き!!だからです。・・シンプルすぎる理由ですよね(笑)。

でもアイドルが好きなら、特にアイドルに定年退職みたいな社会的な仕組みはないし、続けようと思えば続けることもできて、プレイヤーとしてアイドル文化を広げていくことも可能だったはず。

それはもちろんそうなんです・・・が。

私はアイドル文化を盛り上げていくためのその「仕組み」から作りたい!!と強く思い、アイドルプレイヤーではなくアイドルプロデューサーとしてアイドル業界と関わることを決めました。

もちろん私自身、アイドル運営の経験はないですが、それでも自分が5年半活動してきたアイドル経験を活かせることがあると思い、今までととはまた違った視点からアイドル業界に関わり、新しい挑戦をしています。

その中で、もっとアイドルのことを知ってもらいたい思いと、同じ思いを持つ方々と一緒にこれからのアイドル業界を盛り上げていきたい!という気持ちから、DMMオンラインサロンさんで『伊藤祐奈のアイドル学園』というアイドルに特化した自身のサロンを開かせていただきました。

伊藤祐奈のアイドル学園とは?

私のサロン『伊藤祐奈のアイドル学園』では主にアイドル業界の話や、最新のアイドル情報交換をしたり、オフ会では実際に会員の皆様とグッズ考案や、イベントについての意見交換をしたりと、アイドル運営の一員になっていただき、本気でディスカッションしています。

普段はなかなかオフ会に参加できない方も多いので、オンラインサロン内でもグッズ会議をしたり、

アイドルプロデューサー伊藤祐奈のアイドル学園

アイドル運営関連のつぶやき投稿をしていたり、

アイドルプロデューサー伊藤祐奈のアイドル学園

会員の皆さんと気軽に意見交換し合ったり、とてもアットホームなサロンになっています(^ ^)

人生初のオフ会レポート

そんな私のサロン『伊藤祐奈のアイドル学園』で、4月25日に行われた記念すべき第一回目のオフ会では「アイドル運営会議」と題して、私のアイドル論をお話させて頂いたり、アイドルのイベントやグッズ案などを会員の皆様と意見を出し合いました。

私がプロデュースするアイドルグループ「TOY SMILEY(トイスマ)」がこのオフ会の週末に初のイベントを控えていたので、そのイベントについても話し合いました。

アイドルプロデューサー伊藤祐奈のアイドル学園

様々な意見が飛び交い、とても刺激的な1時間でした。

オフ会後、お一人お一人とも少しですがお話させていただき、参加してくださった会員の皆様から「今までにないオフ会で楽しかった」「アイドル運営のことを初めて知れて勉強になった」と嬉しいお言葉をいただき、私自身もプレイヤーの時代には聞けなかったいろんな視点からの意見を聞くことができ、とても勉強になったオフ会となりました。

トイスマの初イベントも大成功!

4月29日に行われたトイスマの初のイベントでは、オフ会でディスカッションして出たグッズ意見などを実際に活かせたことも多く、おかげさまで1部も2部も大成功でいいスタートを切ることができました!!

トイスマのメンバーたちも初めて人前で喋って歌って踊るということで、ずっと楽屋では緊張していましたが、イベントが始まるとたくさんのファンの方を目の前にし、緊張より楽しさが勝って、本番後はみんな口を揃えて「楽しかった!」と言っていました。

アイドルプロデューサー伊藤祐奈のアイドル学園

私もそのメンバーたちの姿をみて、よりアイドルプロデューサーとして頑張らないと、と気合が入りました。

応援してくださるファンの方がいて、そしてそのステージを作る人がいてこそ、アイドルがアイドルとしていられる。これはプレイヤー時代に凄く感じていたことです。

だからこそ、今度は私がアイドルを支える立場として、しっかりプロデュースしていきたいと思いました。

サロンから得られる学びをアイドルプロデュースに活かしたい

また、オフ会を通してより会員様との距離も縮まり、オンラインサロンを開いて、とてもよかったなと実感しています。引き続きより良いサロンにするべくオーナーとしても頑張っていきます!

私、伊藤祐奈のことを少しでも知って頂けていたら嬉しいです(^ ^)

そして、このコラムを通して様々な方のサロンのオフ会にお邪魔し、学生起業家として、アイドルプロデューサーとして必要な知識を身につけて成長していきたいと思っています。

読者のみなさまには、次回以降、いろいろなジャンルのサロンを紹介していきますので、どうぞお楽しみに♪

【連載】伊藤祐奈の敏腕プロデューサーへの道

伊藤祐奈の敏腕プロデューサーへの道

(1)
元アイドルの私がアイドルプロデューサーに転身して、サロンを開いた理由

(2)
プロデュース力を高める為、実際にビジネスオンラインサロンに入ってみた

サロン詳細はこちら

  • はてなブックマーク
伊藤 祐奈

1995年8月15日生まれの現役大学生。(株)TKMK代表取締役・アイドルプロデューサー。14歳の時にアイドルグループ「アイドリング!!!」のオーディションを受け、5000人の中から合格し芸能活動を開始。約6年の芸能活動をした後、20歳の時に芸能界を引退。そして21歳の時に自身の会社となる株式会社TKMKを設立した。現在はマーケティング事業、イベントMC業、アイドルプロデュース業を行なっている。