敏腕経営者集団NO LIMITが教える、美容室経営のコツとしくじり

著者名照沼 健太
NO LIMIT

「習慣にしたい仕事術」をテーマにインタビューを行った「お客様が集まるサロンづくり」の スペシャリスト西川礼一氏、「お金が残るサロンづくり」の スペシャリスト大河内隆広氏、「スタッフが辞めないサロンづくり」の スペシャリスト鈴木淳也氏。この敏腕美容室経営者3名が主宰している、美容室専門の経営オンラインサロン「NO LIMIT」のセミナーが開催されました。

 3人の現役美容室オーナーが、独立から2店舗目を出す為の知識や経験、そしてノウハウを一人ずつ順番に惜しみなく提供したこのセミナーの一部を抜粋し、特別レポートとしてお届けします。

無借金経営は危険? 3.11で痛感した経営の落とし穴

NO LIMIT

お金が残るサロンづくりのスペシャリストである、株式会社GULGUL・株式会社ケイズクリエイション 代表取締役である大河内隆広氏のトークテーマは「財務基礎」。

もともと財務に無頓着だったという大河内氏が財務に力を入れたきっかけは、20113月の東日本大震災。

当時通帳には300万円程度を残し、月500万円の売り上げていたという大河内氏のサロンでしたが、出身店や身の回りのサロンが計画停電で営業ができない日が数日続き、あっという間に倒産してしまったのだといいます。

そこで「現金を持っていないと、何かあったら潰れる」そう痛感したといいます。

 「経営者の一番の仕事は、存続。経営者が一番やってはいけないのは倒産です。では、絶対に倒産しない会社とは? それは現金を持っている会社です」と語りかけます。

NO LIMIT

現金を持つ方法として大河内さんが話したのは「融資を受ける」こと。つまり、お金を借りるという選択です。

極端な話、400万円を持っている無借金経営の会社よりも、1億円の融資を受けて1400万円持っている会社は実質同じようでいて、何かあった時は圧倒的に後者の方が強いとのこと。

借り入れの条件として大河内氏が勧めたポイントは次の通りです。

 ・借入額は年商の半分まで
 ・金利は売り上げの1%まで(金利はコスト)
 ・運転資金の目安は月商の2~3ヶ月分

もちろん利子はかかりますが、それはあくまで安心のためのお金であると大河内さんは説明されていました。

「スペシャリストであること」をお客様が求める時代の生存戦略

NO LIMIT

続いて登壇したのは「お客様が集まるサロンづくり」のスペシャリストである、株式会社ALIVE 代表取締役の西川礼一氏。トークテーマは「スペシャリスト」です。

「経営者として、自分より有名なスタッフをどれだけ作れるかが自分の手腕だと思っています」と話す西川氏は、どこへ行くのにも極力サロンのスタッフを連れ、人脈を広げるようにしていると言い、この日もトップスタイリストである中村雄樹氏が同行していました。

西川氏がまず話題にしたのは、ホットペッパービューティーを使っての集客のコツ。そのコツこそが「スペシャリスト」なのだそう。ネットによって情報へのアクセスが容易になり、趣味嗜好も多様化した現代においては「何が得意なのか」が選ばれるポイントであると指摘。

 ・スペシャリストが求められる時代に必要なのは、テーマの選択と集中
 ・スペシャリストなお店づくりをすれば、スタッフの教育も効率化できる

ALIVEでは「グラデーションカラー」にキーワードを絞り、スタッフの育成やプロモーションを展開。ホットペッパービューティーに掲載する写真も通常ではありえないアングルからのものなどを選んでいきました。

その結果、客単価は上昇し、サロンの知名度も伸び続けている今があると話されていました。

結果にプライドを持つInstagram運営術

NO LIMIT

続いてトップスタイリストの中村雄樹氏が登壇。フォロワー1万5千人を超える自身のインスタグラム運用のコツをレクチャーしてくれました。

 ・Facebookと連携しビジネスプロフィールにする
 ・投稿毎のインサイトを確認し、戦略を組み立てる
 ・大切なのは運用のかっこよさではなく結果。工程ではなく結果にプライドを持つ

 「重要なのは同じ写真ハッシュタグで検索した時に上にいるかどうか。ある程度上位に自分の写真がないと選んでもらえないので、1時間に1回は上げています」。

 同氏の運用方法において特徴的なのは、アップロードの多さ。そしてエンゲージメント率の高い写真を何度もアップロードするということでした。

人に任せるか、自分でやるか。どちらが効率的なのか?

NO LIMIT

今回のセミナーのトリを務めたのは「スタッフが辞めないサロンづくり」のスペシャリストである株式会社ブレイス 代表取締役社長の鈴木淳也氏。

トークテーマは「しくじり」。赤裸々な失敗が次々と飛び出し、会場は戦慄と笑いの繰り返しに。

トーク開始と同時に「まず独立した瞬間から失敗だった」と鈴木氏は切り出しました。

とにかく自己資金が圧倒的に少ない状態だったため、とにかくお金を借りることに必死。返済期間や金利などの返済条件を銀行の言いなりになってしまったことが失敗の発端だったと悔やみます。

 ある程度の売上予想を立て、資金繰りの計算もしていた鈴木氏ですが、その全てが楽観的かつどんぶり勘定だったそう。

しかし、運転資金としてお金を借り入れていたこともあり、通帳にはある程度お金があったこと、そして美容業が現金商売であるため、常に現金が入ってきていたことから「全然危険に気づいていなかった」と言います。

NO LIMIT

そして独立から3年目、そして4年目と、鈴木氏は会計士に衝撃的な事実を告げられます。

とにかくお金がない。これまで返済額や給料など経費だと思い込んでいたものが経費ではないことが発覚。それなのに新店舗を開いてしまうなど、とにかく最初に借りたお金の返済額が最大の負担となり大ピンチに。

そこで鈴木氏は徹底的に経営の勉強を開始。税理士や会計士に頼りきりだった考えを反省し、行動することで、どうにかピンチを乗り切ることができたといいます。

ポイント
 ・「美容師から経営者へ」をテーマに経営の勉強をしなくてはダメ。
  税理士は経営の先生ではない

 ・融資を受けられるよう、決算書は必ず黒字に
 ・返済期限は長く設定する。いつ不況になるか分からない

独立の一歩先へ。美容室経営のノウハウを学べるオンラインサロン

NO LIMIT

いかがでしたでしょうか?

一部抜粋でも役立つ情報が満載だったのではないでしょうか。もちろん、当日はより詳細についてわかりやすくお話いただきました。

この西川礼一氏、大河内隆広氏、鈴木淳也氏の3名によるオンラインサロン『NO LIMIT』では、1店舗経営やフリーランス独立ではなく多店舗経営を推奨。

単なる独立を超えた多店舗経営に必要な知識を学ぶための場として多くの美容関係者が参加しています。

美容室経営とはいえ、業種問わず経営という考えに新たな視点をもらえたセミナーでした。個人のフリーランスであっても、法人の経営者であっても、経営という感覚を持つことによって、お金の扱い方を学ぶ良い機会になりました。

3人のメンターが、2店舗目をオープンするための独自ノウハウを投稿するオンラインフォーラムのみならず、このような実際のセミナー形式で行われるオフラインでの交流も活動に含まれます。

独立の先のキャリアを築きたい美容師の皆様にオススメです!

  • CANARY オンラインサロンから、アイデアとヒントを。
  • DMMオンラインサロン

RANKINGランキングもっと見る

  1. 1
    マンガ新連載研究会
  2. 2
    小池一夫のコンテンツなんでもありの【漫画寺(まンがデラ)合宿】!
  3. 3
    猪瀬直樹
  4. 4
  5. 5
    シガー 葉巻 ハバノス

KEYWORDキーワードもっと見る