恋愛に悩む全ての女性へ…自分を愛して幸せ掴む!引き寄せの秘密

著者名安里 和哲

大人になっても、恋の悩みは尽きないもの。むしろ大人だからこその悩みの方が大変だったりしますよね。

恋は苦しい。でも自己犠牲を重ねた末に、意中の相手との素敵な未来があるはず。そう信じてイバラの道を傷だらけになりながらよろよろと歩く女性たち……。

しかし、オンラインサロン『恋するって楽しい♡365日Happyに恋する方法』を運営するYUKAさん、れいたまさんのお2人は、「恋愛をもっと楽しんでほしい!」と語ります。

お二人の考える恋愛は、辛く苦しいものではなく、人生に彩りを与え、楽しく幸せにするもの。

今回は「YUKA&れいたま」コンビのひとりであるYUKAさんに、2018年こそ好きな人と一緒に、幸せに過ごせるようになるための秘訣を伺いました。

大失恋があったから、幸せな今がある。

YUKA:私も24歳の時に大失恋をしました。8年間付き合った男性と婚約して、結婚式場も決まってたのに、いろいろあって婚約破棄になってしまって。あの時は人生のどん底みたいな感じでしたね。

 

そう語るYUKAさんの優しく朗らかな表情からは、そのような辛い過去は想像できません。

高校生の頃から付き合っていた「青春を捧げた」男性との別れ。そこから立ち直るきっかけとなったのは、ある1冊の本でした。

 

YUKA:失恋してどん底の時期に、上原愛加さんの『世界一! 愛されて幸福になる魔法のプリンセスレッスン』という本に偶然出会って、それが目からウロコで。簡単に言ってしまえば『自分を大切にしよう』ってことがかわいらしく書いてある本なんです。

それを読んでから、引き寄せの法則とか潜在意識に興味が出て、知れば知るほど、自分が生きやすくなって、うまくいくことが増えました。

世界一! 愛されて幸福になる魔法のプリンセス レッスン (PHP文庫)

YUKAさんは大失恋に傷ついて立ち止まるのではなく、過去をきちんと振り返りました。

思い返してみれば、高校時代から24歳まで交際していた男性に対して、YUKAさんはずっと我慢していたと言います。

 

YUKA:彼のためにいっぱい我慢して、相手に合わせ続けた8年間だったなって、振り返った時に初めて気づいたんです。

もちろん好きだったんですけど、自分らしくはいれなかったなって思います。その彼ときちんと別れなかったら、今の自分にはなれなかったので。

自愛》をするようになってから、今はすごく楽しいです。

 

引き寄せの法則を意識して、自愛を心がけるうちに、自分にぴったりの男性が見つかり、あっというまに結婚。

今ではお子さんもいて、とても幸せだと言います。

では、YUKAさんを幸せに導いた《自愛》や《引き寄せの法則》という考え方は一体どういうものなのでしょうか。

女性は2人の相手と恋をしよう!

「女性は2人の相手と恋をしてほしい」と語り出したYUKAさんに、筆者は「不倫のススメ!?」と内心穏やかではなかったのですが、それは私の早とちりでした。

 

YUKA:女性には男性との恋愛だけじゃなくって、自分自身にも恋してほしいんです。女性は母性本能を持っているから、相手の男性が喜ぶことはできる限りなんでもしてあげたい!って思いますよね。それと同じように、自分自身にもなんでもしてあげてほしいんです。

もっと自分を大切にしてあげれば、自然と幸せに近づくんですけど、案外自分のことを知らない人が多いんですよね。

 

自分が好きなこと、自分にとって嬉しいこと、悲しいこと、嫌なこと……それを知らなければ自分のことは幸せできないのでしょう。

 

YUKA:好きな人が悩んでいたら、寄り添って話を聞いてあげたり、元気づけようと行動しますよね。それを自分にもやってあげてほしいんです、それが《自愛》です。

大好きな彼にしてあげたいことを、まず全部自分にしてあげる。

あと、自分を好きになるっていうのは大前提なんです。自分のことが嫌いだって方がすごく多いですね。日本の女性は謙虚だからなのかもしれないんですけど……。

恋愛してたら、相手の男性に自分のことを好きになってほしいんです。それなのに、あなた自身が自分のことを嫌いだったらそれってチグハグじゃないですか。私は私のことが嫌いだけど、あなたには私のことを好きになってほしいっていう矛盾なんです。

 

男性に承認されることで自己肯定感を得て、自分に自信を持てるという女性がいます。

しかし、その恋愛で得られた自信は、もし男性と別れてしまったら、失われてしまうのではないでしょうか。YUKAさんがおっしゃっているのは、「自己肯定感を、人に委ねるな」ということなのかもしれません。

だからこそ、自愛を通して自分を大切にした時に初めて、好きな男性に自分のことを好きになってもらえる。YUKAさんとれいたまさんのサロンのテーマは「(自分と)恋するのが楽しい!」ということでもあるのでしょう。

2018年、幸せになりたいなら小さな希望を全部叶えよう!

引き寄せの法則》とは、同じ波動のもの同士が引かれ合うことを言うそうです。今の自分が不幸だと思っているうちは、不幸な波動ばかり寄せつけてしまう。幸せになりたいなら、心地よい波動、エネルギーを自分から発さなければならない。

では、どのようにして幸せの波動を出せばいいのでしょうか。

そのために、YUKAさんとれいたまさんがサロン内で始めたことは、月の初めに「TO DOリスト」を作成してサロンの仲間と共有することでした。

“TO DO”とはいっても、それは「やるべきこと」ではなく「自分に対してやってあげたいこと」というニュアンスです。

 

YUKA:成功体験を自分にたくさん与えてあげてほしいんです。

成功体験って聞くとすごく大きなことを叶えるって思われるかもしれないけど、もっと小さいことで大丈夫。日常の中での小さな願いごとを叶えてない女性ってすごく多くって。

『スタバ行きたいけど仕事忙しいからやめとこ』とか『甘いもの食べたいけど夜遅いからやめよう』とか日常の中で少しずつ諦めるんですよ。でも、小さな願いごとを無視していると、大きな願いごとって叶わないんです。

 

気になっていたカフェに行く、好きな友達に会う、ちょっと奮発して素敵な洋服を買う……そういったささいな、でも確かに自分をハッピーにすることを諦めてるうちは、大きな幸せにはたどり着けないのだとYUKAさんは語ります。

仲間と共有するTO DOリストがあなたの支えに

また、この「TO DOリスト」をオンラインサロン上で他の会員の方々と共有することも重要なポイントです。

宣言してしまった以上、達成しないとなんだかモヤモヤしてしまうのが人間の心理。恋に悩んでしまっている仲間同士でほどよい緊張感を持って、自分の小さな希望と向き合うことが、幸せへの近道なのでしょう。

 

サロンを運営するYUKAさんとれいたまさんも、会社の同期で昔からずっと互いの恋話を余すことなく語っていたのだと言います。偶然同じ時期に大失恋した二人。YUKAさんは相方(れいたま)さんにとても勇気づけられたと言います。

 

YUKA:お互いの恋愛事情のほとんどを共有してた相方(れいたま)がいたのは本当に心強かったです。包み隠さずなんでも話せる相方がいたから、今の幸せがあります。

私たちのサロンに入ってる女性たちはみなさん何かしら恋愛に悩んでる、変な言い方かもしれないですけど恋愛に悩む『仲間』なので、勇気づけられたり、共感したりすることも多いと思うんです。だから、ちょっとでも悩んでいたら入ってほしい。特に、東京から離れたところにいらっしゃってセミナー参加できない方にはサロンを覗いてみてほしいですね。

 

自分の幸せを手にしたYUKAさんは、恋愛に悩める女性たちの心をかろやかにしようとしています。かつてYUKAさんご自身が《自愛》や《引き寄せの法則》によって救われた経験を生かして、今悩んでる女性たちを手助けしたい。そんな優しくて強い信念が、彼女の笑顔と言葉から感じられました。

最後にYUKAさんは、恋に悩める女性たちにこんなメッセージを贈ってくれました。


人を好きになることは奇跡的で幸せなことだから、恋愛ってもっと楽しくて幸せなものなはずなんです。

楽しくて幸せな恋愛をするために、テクニックに頼るんじゃなくて、たくさん《自愛》をして自分を整えてほしいと思います。

辛い過去があったり、今この瞬間まで辛かったとしても、今からでも十分変われます。過去は関係ないです


2018年、これまでの自分の恋に納得できていない人は、『恋するって楽しい♡365日Happyに恋する方法」サロンの仲間になって、自分の幸せを見つめ直しませんか。

未来の素敵な恋愛を引き寄せるためにも、毎日の自愛を通して、日々を楽しく生きていきましょう!

YUKA&れいたま - 恋するって楽しい♡‏365日Happyに恋する方法 - DMM オンラインサロン
YUKA&れいたま - 恋するって楽しい♡‏365日Happyに恋する方法 - DMM オンラインサロンYUKA&れいたまによるオンラインサロンです。普段Blogでは書かないような、日常で生かすことができる恋愛のコツや、毎日がもっと楽しくなる方法をお伝えしていきます。 参加特典 ★☆オンラインで楽しむ☆★♡‏動画配信皆さまからいただい
lounge.dmm.com
  • CANARY オンラインサロンから、アイデアとヒントを。
  • DMMオンラインサロン

RANKINGランキングもっと見る

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

KEYWORDキーワードもっと見る