有村昆がおすすめする「仕事道具」と「海外生活」を通してスキルアップするための映画4選

著者名有村 昆

わたし有村昆が毎月の特集テーマごとにモチベーションがアップする映画を紹介する「上げろ!モチベーション 届け!俺のプレゼンテーション!」。今回は「仕事道具」と「海外生活」をテーマにお届けします。まずは「仕事道具」から。

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

イギリスの首相だったウインストン・チャーチルを描いた作品です。チャーチルを演じたゲイリー・オールドマンが本作でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、彼の特殊メイクを担当した日本人メイクアップアーティスト辻一弘さんがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したことからも話題ですね。

チャーチルというのはイギリス国王との謁見よりも昼寝を優先し、お風呂で打ち合わせをするような嫌われ者の変人だったのですが、ここでは彼の仕事道具に注目してみましょう。

・タイプライター

チャーチルは生涯43冊の本を書いていて、ノーベル文学賞も獲得するほど。多忙な彼がどうやって本を書いていたのかというと「口述式筆記」を使っていました。それはチャーチルが自分の書きたい文章を喋って、それを秘書がガーッと打っていくスタイル。そうしたシーンがこの映画にもあるのですが、リアルタイムで書いていく迫力がすごいことになっています。僕もSiriを使った音声入力もしますし、連載しているコラムのほとんどはそうした口述筆記を使っていますが、現代にも通じるテクニックだと思います。

・葉巻

チャーチルは朝からタバコを吸い、酒を飲むのですが、この葉巻はまさに彼のトレードマークとなっています。この映画のポスターでも葉巻をくわえていますね。

・Vサイン

ビジネスで成功するには人に覚えてもらうための個性を持ったほうがいいと僕は思っています。葉巻もそうですが、チャーチルのトレードマークといえばVサイン。というのも、彼は世界で最初にVサインをやった人なのです。「我々はドイツに勝利する」と宣言した際にVサインを行った。これは彼の強烈なトレードマークとなりました。

 

ブルースブラザーズ

1980年に登場した、音楽映画の幕開けと言われる作品です。『サタデー・ナイト・ライブ』という人気番組をストーリー仕立てにして、コントやライブを展開した内容。若き日のジェームス・ブラウン、レイ・チャールズ、アレサ・フランクリンといった伝説的アーティストたちが全員出演しています。

・黒スーツ×ハット×サングラス

何と言っても、このスタイルです。あまりにも強烈なトレードマークですね。『メン・イン・ブラック』はもちろん『マトリックス』のエージェント・スミス、『レザボア・ドッグス』、そして『あぶない刑事』まで、スーツで戦うというスタイルはすべてこの作品に遡ります。

僕はスタイルがない人はビジネスができないと思っています。ただし誤解しないで欲しいのは、机が散らかっているのも、逆にまっさらに片付いているのも、どちらもその人次第で「スタイル」だということ。「最もクリエイティブになれるように、いかに自分を持っていくか」が重要で、スタイルとはいわば「クリエイティビティーを引き出す一つの生活習慣」だと思います。

 

続いてのテーマは「海外生活」です。

リメンバー・ミー

今年のアカデミー賞の長編アニメーション賞に輝いた作品です。今までピクサーといえば『トイ・ストーリー』でおもちゃの世界を描き、『モンスターズ・インク』ではモンスターの世界を描いてきましたが、今回描くのは「死後の世界」。

舞台であるメキシコには「死者の日」というご先祖さまが帰ってくる日があり、そこで主人公のミゲルくんが自分のご先祖様に会うというストーリーです。ここで注目したいのは日本との共通点。その「死者の日」ではキュウリとかナスに木の棒を刺しています。「それメキシコでもやっているんだ!」って驚きますよ。さらには生者の世界と死者の世界を隔てる三途の川みたいなものがあるんです。国ごとの文化や風習など色々あれど、死生観は万国共通の部分もたくさんあるんだなと考えさせられましたね。

 

最高の人生の見つけ方

モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンが演じるまったく境遇の違う二人の男性が、末期ガンとなり余命を宣告されて同じ病室に入るところから始まります。ジャック・ニコルソンが演じるのは実業家のワンマン社長で、家族からも愛想尽かされているくらいわがままな大金持ち。それに対してモーガン・フリーマン演じるのは、慎ましく生活してきて家族にも愛されている公務員。その二人がだんだん友達になっていきます。

彼らは「死ぬ前にやりたいこと」を考え、ジャック・ニコルソンのお金で一緒に世界各国に行きます。そこでスカイダイビングしたり、スポーツカーを走らせたりと最高に楽しいバカなことをしていくのですが、モーガン・フリーマン演じる公務員は今までそういう風にお金を使ったことがないから「こういう世界があるのか」と初めて知って驚きます。

日本人は島国だから忘れがちですが、世界にはたくさんの価値観があります。この映画はそれにあらためて気付かせてくれる作品です。そして、これまでのアメリカ映画では「お金持ちで孤独よりも、貧乏でも家族を持っている方が美徳」と描かれがちでしたが、この映画ではそうではありません。お金があるからこそ海外へ行くことができるんです。

だからDMMオンラインサロンをご覧になっているみなさん、ぜひバリバリ稼いで海外に行きましょう。特にアメリカのLAやNY、そしてシリコンバレーには、世界各国のナンバーワンクラスの人物が来ているのでエキサイティングですよ。是非ともあのナンバーワン同士が集まっている感じを味わってほしいですね。

 

有村 昆 - 有村昆のバカデミーシネマラボ 〜映画のプレゼン極意教えます〜 - DMM オンラインサロン
有村 昆 - 有村昆のバカデミーシネマラボ 〜映画のプレゼン極意教えます〜 - DMM オンラインサロン有村昆の「シネマサロン」 映画の「プレゼン」極意教えます!! 【サロン概要】 映画コメンテーターの有村昆の、メディアでは聞けない、本音の「映画批評」が聞けるのはここだけ! 【4つの会員特典】有村昆のトークライブ特典ご招待! 優先的に映画トー
lounge.dmm.com
  • CANARY オンラインサロンから、アイデアとヒントを。
  • DMMオンラインサロン

RANKINGランキングもっと見る

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
    小池一夫のコンテンツなんでもありの【漫画寺(まンがデラ)合宿】!
  5. 5

KEYWORDキーワードもっと見る