バリ島で1000坪の家に暮らすアニキ こだわりのご自宅に隠された工夫点とは?

著者名榛はるか

アニキこと丸尾孝俊さんは27年前にインドネシアのバリ島で暮らし始め、現在はバリを中心に32戸の家を所有しています。丸尾さんが現在ご自宅として使用しているのは、総敷地面積が約1000坪もある豪華な住宅。しかし、こちらは本来「別荘」として建てられたものだというのですから、驚きです。

年間2千人強の方が訪れると言われている丸尾さんのご自宅。「皆に快適に過ごしてもらいたい」という思いから、置かれているインテリアの選び方や配置には、丸尾さんならではのこだわりポイントがありました。

家具選びのコツは店員との信頼関係

―バリ島で最初に住んだのはどんな家でしたか?

最初は、中古の一戸建て住宅を購入して、それを全改築して住んでいました。エアコンを取り付け、プールを作り、屋外でも過ごしたいので、庭にはイスも設置しました。バリは湿気が多く、雨も多いので、屋外用のインテリアは防錆効果のある「タンニン」が入っているものを選んでいます。

今は1000坪ほどの別荘を自宅替わりにしています。寝室は8つ、リビングは6つ、風呂は5つあります。

 

―家具などを買う時、丸尾さんならではの選ぶポイントはありますか?

まずは、「心地良さ」。色々買って試して、最終的には座り心地や寝心地の良さなどの性能が一番だということに気づきました。今は、それに加えて古風で長持ちするものを選びます。

好きな形状やデザインは重厚感があるものですね。テーブルは一枚板のものを使用していますし、ベッドはかためのものが好きです。フカフカなものは体が沈んでしまい、体が歪んできてしまうので。あとは、家具屋などの店員のおススメを買うようにしています。

 

―店員さんのおススメが目安になるのですね

そうです。店員の方との信頼関係を結んでおくことは大事です。そうすることで、自分の好みに合ったものを選んでもらえますし、丈夫で使い心地の良い良質なものを紹介してもらえます。

コンセプトは「みんなで過ごせる」家

―丸尾さんの家には毎日多くの人が訪れますよね。その点もインテリアに反映されているのですか?

今は1年で2千人ほど泊まりに来ます。人懐っこい人もいれば、人見知りの人もいるので、両方に適応した部屋になるよう心掛けています。人見知りの人には、プライベート空間を用意します。個室ですが天井は吹き抜けなので、プライバシーを守りながらオープンな空間を両立しています。「おーい!」って声を上げたら、リビングまで聞こえる”フレンドリー”な作りになっています。みんなが気持ちよく過ごせることを重視しています。

 

―BGMや風水なども取り入れているのでしょうか

BGMは、自然の鳥のさえずりが一番!特に朝は、庭にいる鳥たちが癒しの音楽を提供してくれます。夜は、ミュージックビデオのような動画付きの音楽を流すこともありますね。

風水に関しては基本気にしないタイプです。でも、ここではインドネシアの風水のアスタコサラコサリを取り入れています。日本の風水だと、玄関は東南、寝室は南西など方角によって位置を決めることがありますよね。バリ島は南半球にあるので、全ての配置が日本と真逆になります。あと、訪問者の方から写真や絵画などもいただくので、それらを壁に飾っています。

 

―ハンモックやジャグジーなどもあるのですか

ハンモックも、バラ風呂も、一通りやり尽くしました。でも、ハンモックは腰が痛くなったり、バラ風呂は花びらの片づけが大変だったり、結局シンプルなのが良いと言う結論に至りました。お風呂は好きなので、20人ほど入れるジャグジーが屋外にありますよ。談笑したり、映画を観たりして、それぞれ楽しんでいます。

大切にしているのは年齢や職業関係なく人と接すること

―多くの訪問者に接する丸尾さんですが、大切にしていることはありますか?

誰に対しても、特別扱いしないことですね。大企業の社長であろうが、フリーターであろうが、同じ接し方をします。自分よりかなり年下の学生からも、学ぶことは多いのでね。若い人と会うと、初心にかえることができ、自分自身も若くいられることができます。

 

―丸尾さんが苦手だと思う人はいますか

他人行儀な人ですね。家族意識を持つことは大切だと思っているので。家の中には見られて困る部屋もモノもなく、全てオープンにしています。ちなみに、他人行儀と人見知りは違います。人見知りの人には「私はあなたが人見知りということを知っていますよ」ということをきちんとアピールして安心感を得てもらうようにしています。

 

―最後に、丸尾さんにとって一番居心地の良い空間を教えてください

寝室ですね。トイレやバスもついていて、一般的なホテルの一室のような広さで整理整頓されています。これだけ大きい家に住んでいるので、「寝室もキングサイズのベッドや豪華な装飾品が置かれているのでは」と思われるかもしれないですよね。でも、実際は全く違います。無駄な装飾もなくとてもシンプルで、集中できる環境にしているため、仕事もはかどりますよ。

 

DMMオンラインサロン「アニキリゾートライフ」では、サロン会員の相談を丸尾さん本人が動画などで回答。「最近は人前で話すのが苦手な人もいると思うので、SNSなどで個人メッセージのやりとりもしています」と丸尾さん。

現在会員数は約600人で、バリ島ツアー、会員同士のオフ会もあります。

バリ島にいるアニキの海より広い心に少しでも触れてみたい方はどうぞご入会ください!

アニキ 丸尾孝俊 - アニキリゾートライフ - DMM オンラインサロン
アニキ 丸尾孝俊 - アニキリゾートライフ - DMM オンラインサロン憧れの南国リゾート暮らし!古き良き人情大国ニッポンの様な バリ島の魅力とは? 早期退職、定年退職後の リゾート暮らしに向けて どう過ごせば成功できるか? アニキ流 ノウハウの全てを共有!ライブ動画毎月2~3回 ライブ動画を配信します。 アニ
lounge.dmm.com
  • CANARY オンラインサロンから、アイデアとヒントを。
  • DMMオンラインサロン

RANKINGランキングもっと見る

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

KEYWORDキーワードもっと見る