7人組ガールズユニット・Chu-Zの”今”にかける想い

著者名CANARY 編集部

ミク、LUNA、双葉、KANA、MAYU、萌、KAEDEからなる7人組ガールズユニット・Chu-Zの皆さんにインタビュー。絶賛開催中の東名阪仙ツアーのこと、114日マイナビBLITZ赤坂で開催されるワンマンライブに賭ける思いなど、それぞれの“今のChu-Zにかける想い”を伺いました。その他、メンバーによる推し曲(各1曲)も掲載、初めましての方もぜひチェックしてみて下さい。

今年10月のマイナビBLITZ赤坂ワンマンまで全力疾走Chu

――ツアー中のお忙しいところにありがとうございます。名古屋公演を終えて手応えはいかがですか?(取材日:8月28日)

MIKU

この先ますます熱くなっていくんだろうなっていう期待しか無いです。名古屋のファンの方々は毎回、特に反応が良くて。こっちも負けないようにいくから、絶対に盛り上がるっていう、本当にありがたい場所で。

 

――ツアー後には10月3日にニューシングル「パリロッ!」リリース。そして11月4日には、マイナビBLITZ赤坂にてワンマン開催と大きなイベントが続きますね。

MAYU

私自身は初のマイナビBLITZ赤坂でのライブになるんですが、この場所には特別な想いがあって。私は、2016年にChu-Zに加入したんですけど、最終オーディションは同じく2016年、赤坂BLITZ行われた前回のChu-Zワンマンの日の午前中にあったんです。だから、ライブでの結果発表まで、ずっとステージを観てたんですよ。そのとき感じたものが今もずっと心に残っていて…。Chu-Zに入りたい、そして……何か感動してきちゃった(と泣き出す)。

LUNA

いやいや、早いって(笑)。MAYUは初披露の1発目から涙しちゃうくらい、涙もろいところがあるんですよね。

MAYU

(涙をこらえながら)今度は自分が、今のこの7人とあのステージに立てるって思うと嬉しくて…。

LUNA

双葉とMAYUと萌は’16年以降に加入したメンバーなんですが、’16年当時は正直、気持ちがぐらついた時期でした。ここで踏ん張らないと次が無いぞってプロデューサーのYOHEYさんもおっしゃっていて。皆で話し合って、やるぞ!と決心したんです。当時を知る今のメンバーの中でもターニングポイントになったライブでした。特別なライブだったからこそ、今のこの7人で、あのライブを超えたいなって想いは強くありますね。

改めて知ってもらいたいChu-Zの魅力&メンバーが選ぶ推し曲紹介

――今回、ファンの人はもちろん、Chu-Zを知らない人にもその魅力を伝える記事にしたくて。改めてChu-Zの一番の魅力は何だと思いますか?

LUNA

ファンの方々は、皆さんそれぞれ推しがいるんですけど、全員良いグループだって言ってもらえることが多くて。そういう意味では何でしょう…人間味ですかね?(笑)

MIKU

そうですね。各人のブログやSNS、ファンクラブ、イベントなどは、私たちの人となりを知ってもらうため、Chu-Zの魅力を知ってもらうためにもかなり力を入れている部分です。

もちろんパフォーマンスにも自信があって、Chu-Zはライブ公演でも一度MCを挟むか挟まないかくらいの勢いで、全力でやっています!

LUNA

これは私に限ってなんですけど、たまに怖がられたりするんですよ。なんか、近寄り難いイメージがあるらしくて…。

KAEDE

最近、Chu-Zの物販にいくとLUNAはムチを持っているので気を付けてくださいね。

LUNA

話がややこしくなるからやめて(笑)。

KAEDE

こんな感じで、みんな気になったことはすぐ口にするタイプなので(笑)。気取るということとは無縁のグループかもしれないです。

双葉

髪の毛もぐちゃぐちゃになるくらいのライブパフォーマンスをするので、衣装とかも直ぐ壊れちゃうし。それくらい全ての気持ちをさらけ出しています(笑)。

 

――次は、初見の方に絶対聞いて欲しい、ご自身の推し曲をそれぞれ教えて下さい。

MAYU

「GIRLS ON THE RUN」です。この曲は、私がChu-Zに入りたいと思うキッカケになった曲です。そして、Chu-Zに入りたいという夢の背中を押してもらった曲なんです。前向きになれるし、ライブ中の全力感もある曲です。Chu-Zでこの曲を歌えるようになって、今度は皆さんの背中を押していく側になっていきたいです。

KANA

私は「並行世界のハロウ・グッドバイ」ですね。「未来はどうなるかわからないけど、前を向いて走っていこう」という、自分にも他人にも響く応援歌的な側面があって、大好きな曲です。ライブでは最後のシンガロング(掛け合い)で生まれる一体感も好きです。簡単ですので、初めて聞くと言う方も一緒にライブでどうぞ!

KAEDE

悩むけど「Luck of Force」かな。この曲は、デビュー当時からお世話になっている井手コウジさんが書いてくださった曲で、Chu-Zの歴史が詰まった曲でもあります。別れもあったけど、今に繋がる新しい出会いもあった…という。Chu-Zをもっと知ってもらうためにも、オススメの1曲です。

LUNA

「1/4の胸の衝動」ですね。私、この曲でシャウトするパートがあるんですけど、いつもすっごい気持ち良いんです。魂や内に秘めたる想いを一番ぶつけられる曲がこの曲です。ライブアイドルとしての”今のChu-Z”といえば、私はこの曲かなって思います。

ミク

私は、インディーズ時代のデビュー曲「Choose My Life」です。<まっさらなノートに 記した憧れを>という導入も含め、この曲で描かれることから改めて今というのを考えてみたりして、初心を思い出したいときに聴いています。

双葉

私は「I’m READY.」ですね。LUNAさんが作詞・作曲された曲で、ライブだとファンの皆さんと指を指し合うダンスのフリがあるんですけど、それがすごく楽しいです。他にも、サビのラストに<男らしく抱き寄せて>というパートがあるんですけど、そこでのKANAさんとLUNAさん、2人の色っぽさに要注目です!

私はやっぱり、自分が加入してから初のシングル「パリロッ!」ですね。私のソロパートが1つだけあって、「キーがズレすぎ」っていうところなんですけど。私自身自覚はしてないんですが、どうやら音痴らしくて(笑)。そんな私だけでなく、メンバーそれぞれの個性がいっぱい詰まった曲なので、Chu-Zを知ったばかりという方は、ぜひ聴いてみて下さい!

Chu-Zの一番身近なファン(家族)について

――ご家族や周りの人の反応はいかがですか?

MAYU

良すぎて困惑してます。特に父は人見知りで恥ずかしがり屋だと思っていたんですけど、Chu-Zのライブに来て、Tシャツにタオル、手にはサイリウムを持って、毎回汗だくになりながら楽しんでくれてます(笑)。

ミク

結構みんなそうだよね(笑)。

双葉

家にグッズをキレイに並べたりもしてますね。特に、KAEDEさん推しみたいですね。

KAEDE

この間サインして下さいと言われました(笑)。

双葉

学生時代にあった発表会では、誘っても一度も来なかったのに。Chu-Zになったら、私が誘わなくてもいつも来てるみたいな(笑)。

MAYU

実は大阪公演でMAYUとお母さんがステージで共演するんです。私のスカートを母が履く予定なんですが、そのために大好きなビールをやめてるらしくて!ストイックだなって思います(笑)。

KAEDE

メンバーの誰よりもアイドルらしい(笑)。

激論!それぞれが考える、Chu-Zの明るい未来”今のChu-Zが一番いいよ”

――Chu-Zはずっと「武道館単独公演」というのを目標に挙げてます。ここはずっと変わらない、大切な目標ですか?

KAEDE

そうですね。いい意味でも悪い意味でも7年間経験した分、「武道館単独公演」はそんなに簡単なものじゃないということも身に染みています。結成初期とはまた意味合いが違う重さのある目標ですが、着実にステップを踏んで引き続き目指していきたいです。

KANA

だからこそ、11月4日のマイナビBLITZ赤坂でのライブをまずいいものにしたいです!! 一番自信がある今の私たちの姿をたくさんの人に届けたいし、その先のステージに武道館があると思います。

 

――今の自分たちが一番自信があるっていうのは素晴らしいですね。

KANA

私達が「夢は叶う」ということを証明するアイドルになりたいです。皆さんがChu-Zを信じて、ついてきて貰えるような!

MAYU

私もオリジナルメンバー負けないくらい、グループを引っ張っていける存在になりたいなって思っています。マイナビBLITZ赤坂では、いつも応援してくれているChu-Zのファンの方にも、初めて見てくれる方にも「今の7人が一番いい!」って思ってもらえるライブにしたいです!

双葉

ファンの方あっての私たちなので、皆さんに「Chu-Zのファンで良かった」と思っていただけるように、7人で力を合わせて頑張ります。一方でメンバーの誰にも負けないよう自分に磨きをかけていきたいですね。

LUNA

今回の東名阪仙ツアーで発表した「未来カクレンボ」という新曲があるんですが、この曲は今のChu-Zの等身大を描いていて、結局、最終的な敵は”自分”なんだという意味も込めて作った曲でもあります。7年間、数えきれないほど心が折れそうになったけど、その時々で戦ってきたこと全てを歌詞にぶつけました。

今後、Chu-Zを引っ張っていく曲になったらいいなという思いを込めて作ったので、この曲も現場まで聴きに来てくださると嬉しいです。

私自身は初のツアーなので、多分全部緊張するんでしょうけど(笑)。ほんま元気に、自分の個性をぶつけて、練習の成果を全て出しきって頑張るので、ぜひライブを見に来て下さい!

KAEDE

みんなの話を聞いていたら、今の7人が最強って言えるのって改めてすごいなって思って。過去の映像とか観てると、未熟で恥ずかしいと思うこともあるんですけど、その時の全力を出してるわけで、次のマイナビBLITZ赤坂でも更新を…(と泣き出す)

LUNA

でんちゃん(KAEDE)もよく取材で泣いちゃうんです(笑)。

KAEDE

(号泣しながら)みんなの感想聞いてたら本当にすごいなって…

LUNA

ただのいいヤツじゃん!インタビューの総評みたいになってるよ(笑)。これで最後にリーダーのミクが泣いたら面白いんだけど。

 

MIKU

泣かないよ(笑)。最近、解散するアイドルグループが多い中、私たちがステージに立ち続けられてることって、当たり前のことじゃないなって思います。仲間がいて、信用できるスタッフがいて、ファンの皆さんがいて、いろいろな人に支えられながら、ようやく成り立っているのって本当に奇跡だと思うんです。今回のツアーやマイナビBLITZ赤坂でのワンマンも、LUNAが書いてくれた新曲も…。だからこそ、今の7人のライブを観てほしいし、絶対に後悔はさせないし、笑顔で帰っていただく自信しかないので、これからのChu-Zを見ていて下さい!!

Chu-Z - Chu-Z プレミアムファンクラブ - DMM オンラインサロン
Chu-Z - Chu-Z プレミアムファンクラブ - DMM オンラインサロンほぼ毎日更新する、ここでしか読めないメンバー発信記事をはじめ、ツアー打ち上げなどのファンクラブ会員限定イベント・ライブ優先入場を案内してきます。
lounge.dmm.com
  • CANARY オンラインサロンから、アイデアとヒントを。
  • DMMオンラインサロン

RANKINGランキングもっと見る

  1. 1
  2. 2
  3. 3
    オンラインサロン
  4. 4
  5. 5

KEYWORDキーワードもっと見る