結婚式の交通費はどう負担すべき?マナーから相場まで徹底解説

著者名サトートモロー

友人、家族、親戚の方々に新たな門出を祝ってもらう結婚式。幸福に包まれたとても心踊るイベントですが、その時に主催側の頭を悩ませるのが「招待をする時のマナー」です。遠方に住む方々へ招待状を送るとき、その交通費・宿泊費をどう配慮すべきなのか。この点をスッキリさせて、開催側も参加側も、気持ちよく挙式を楽しみたいですね。

結婚式に参列してくれるゲストの方々は、新婚夫婦へのご祝儀を用意するだけでなく、式場に向かうまでの交通費や、場合によっては式場近くのホテルに泊まるための宿泊費がかかることもあります。

他の方よりも多くの負担がかかってしまうゲストには、しっかりとおもてなしを返したいところ。そのときに必要なマナーを見てみましょう。

結婚式の交通費・宿泊費を負担するマナー「お車代」

式中、仲人や司会、写真撮影などのお手伝いをしてくださった方々には、「お礼」という名目でいくらかの金銭を、遠方から来てくださったゲストの方々には、「お車代」という名目で交通費などを補填できる額の金銭を、それぞれ贈るようにするのが良いとされています。

 

結婚式のゲストの交通費を「全額」負担が基本

交通費、宿泊費などを補填する「お車代」の金額ですが、感謝の気持ちを表すという意味を考えると、基本的には全額を負担してあげるのが望ましいと言えるでしょう。

ちなみに、ゲストにとっては「結婚式に参列したいけれど、交通費と宿泊費はどうしよう」と悩まれる方も多いので、式の招待状を送る際、事前に費用を全額負担させていただきますという旨を伝えることで、相手の心配を和らげることができます。

 

全額負担が難しければ「半額」負担にしよう

とはいえ、遠方からくるゲストが多かったり、移動にかなりの費用がかかってしまう人を招待したりする場合、全員の交通費・宿泊費を全額負担するのは大変です。その場合は、全額ではなく半額負担をするようにしましょう。半額負担の場合、方法は「交通費の半分を負担する」「交通費か宿泊費のどちらかを全額負担する」の大きく2つに分けられます。

相手にどの程度の金額がかかるか、直接聞くのは難しいので、代わりにどのような交通手段を取るか、宿泊はどうするかなど、事前に予定を聞いて準備しましょう。

 

交通費を負担できないケース、負担しないケース

式を挙げる上で、予算上どうしてもお車代を出すのが難しいケースもあります。その際は、ゲストへ事前に交通費・宿泊費の負担ができない旨を伝え、それでも出席してほしいことを素直に伝えましょう。

こうした事情以外にも、交通費を負担しないというケースはあります。例えば、交通手段・宿泊先をこちらで用意していたり、相手同士でお車代は出し合わないと決めたりしている場合などです。他にも、事前に「お車代はいらないよ」と相手から申告を受けることもあります。その際は、相手の荷物にならないサイズでプレゼントを用意しておくと良いでしょう。

 

結婚式の交通費、「親族」「友人」の対応の違い

親族へのお車代は、それぞれの地域や親戚同士の決まりごとに従うケースが多いです。それによって、新郎側と新婦側への対応方法が変わることがあります。2人が知らないルールが存在する場合もあるので、ご両親に確認を取りながら対応しましょう。

ご友人へ交通費を渡す場合、もしも以前、ご友人の結婚式に出席したことがある場合は、その時の負担額(全額〜なし)に合わせるといいでしょう。

また、同じエリアから参列してくれる方々が多い場合、お車代がそれぞれ違うと誤解を招くことがあります。事前の取り決めがない限りは、一律の交通費を負担しましょう。

 

お車代の包み方と渡し方

お車代の渡し方ですが、金額によって袋を変えてください。例えば10,000円以上の金額を包む場合は、水引きとのしのついた袋を用意します。この時、水引きは「あわじ結び」「結び切り」をチョイスしましょう。もしも金額が数千円程度であれば、ぽち袋で問題ありません。

お車代の渡し方ですが、最も一般的なのは受付でのお渡しです。ただし、親族や親しい間柄のご友人に対してはご両親が直接渡すこともあります。この点は、事前に受付を担当してくれる方や、ご両親と話し合っておきましょう。

 

結婚式の交通費負担を「距離による相場」で考える

お車代を渡す場合は、相手がどの程度遠方から来るか、そしてどれくらいの金額がかかるかで判断します。一般的な相場としては、片道5,000円以上かかる場合、あとはこの後で紹介する「距離による相場」で考えるケースです。それぞれの交通手段で見てみましょう。

 

新幹線、特急券で移動する方の交通費負担

遠方への移動をする際、国内での交通手段として一般的なのは新幹線、特急券を使う場合です。相手から新幹線を使用すると言われた場合は、事前に正規での交通費を計算し、往復の全額・半額の金額を用意しましょう。

 

飛行機で移動する方の交通費負担

もう1つの交通手段としてメジャーなのは、飛行機で移動する場合です。新幹線同様、相手から交通手段を聞いた後に交通費の全額・半額を用意するわけですが、新幹線は移動日、航空会社によって大きく金額が変わるというネックがあります。そこで、お車代の相場は「最安値のチケットを基準にする」「相手の実費の半分を負担する」など、いくつかの方法に分かれるでしょう。

これ以外には、「こちらで航空券を用意する」という方法もあります。これなら相手が航空券を予約する手間も省け、お車代負担の金額も読みやすくなります。一方、相手が多忙な場合はスケジュールを固定することになってしまうので、相手の都合に合わせて取るべき手段であると言えます。

 

東京⇔大阪での交通費負担の「相場」をチェック!

実際に、東京から大阪の結婚式に参列する際の交通費を負担する際、どの程度の金額が相場になるのかチェックしてみましょう。

東京→大阪間であれば、通常新幹線で「東京駅〜新大阪駅」を利用することが多いと思います。その場合、片道なら13,620円、往復にすると27,240円です。お車代はキリのいい数字で渡すので、もしも交通費の半額負担であれば「15,000円」、全額負担なら「30,000円」をお車代として渡すことになるでしょう。

ちなみに、お車代はご祝儀と考え方が違うので、「20,000円」「40,000円」など偶数になっても問題ありません。

 

ハワイでの結婚式では、交通費負担の相場はどうなっているの?

最近ではメジャーなスタイルとなっている「ハワイ挙式」。海外での結婚式の場合、お車代は旅費と交通費の2つが関わりますが、国内と比較してもその費用は大きく上がります。これを若いカップルが全て負担するのは大変です。

実は、海外挙式の場合、基本的にゲストが旅費・交通費を負担するケースというのは珍しくありません。とはいえ、ハワイでの結婚式を考えるのであれば、以下のような形で、どの程度まで旅費・交通費を負担するかを事前に決めておくのがおすすめです。

・親族だけでも全額負担する

・どうしても参列してほしい大切な友人の分は負担する

・実際にかかった旅費にかかわらず、参列者には一律「○万円」まで負担する

 

宿泊費用の相場は「交通費+宿泊費が20,000円を超える」場合に考えよう

中には、結婚式の参列のためにホテルなどへの宿泊が必要になる方もいるでしょう。お車代は交通費・宿泊費の両方を含みますが、この2つを合わせて20,000円以上になるならば、できる限りお車代を用意するようにしましょう。

仮に先ほどの東京→大阪への移動と宿泊であれば、シングルは一泊、約10,000円程度なので、合計すると約37,240円になります。これを基準に金額を設定すると良いでしょう。

結婚式までにやっておきたい、遠方ゲストへの準備

結婚式の日取り、式場が決定した後は、いよいよ本格的な下準備が始まります。それと同時に、遠方ゲストへの招待状やお車代のことも考え始めなければなりません。

ここでは、実際のスケジュールなどを参考に、結婚式当日までに進めていきたい各種準備をまとめて解説します!

 

ゲストへの招待状と交通費等への配慮

ゲストへ送る招待状は、一般的に3ヶ月前までには送るようにします。招待状にはゲストが迷わないように、会場へのアクセスや住所など場所を明記する他、会場周辺の宿泊施設も合わせて記載しておくといいでしょう。

また、このタイミングで遠方のゲストに対しては、交通費・宿泊費の負担をどうするかを事前に決めて相談し、心理的な負担を軽減することも忘れないようにしましょう。

 

遠方ゲストへの意思確認と、費用のチェック

結婚式への参加の意思を表明してくれた遠方ゲストには、事前に当日「どのような交通手段を利用するか」「ホテルなどの宿泊を予定しているか」を確認しておきましょう。交通手段・宿泊先などがわかれば、事前に費用を計算し、それに応じたお車代を準備しておきます。

 

航空チケット、ホテルなどの事前購入・予約

航空券やホテルのチケットなどに関しては、移動日・宿泊日で大きく変動します。ゲストのスケジュールがある程度決まっているようであれば、こちらで事前に用意し、渡すというのも有効です。

その際も、チケットの用意などはこちらでしてもよいか、事前にゲストに確認しておきましょう。

 

ご祝儀の配慮は、なるべくお車代で対応しよう

遠方からやって来てくれるゲストに対して、「ご祝儀はいりません」と事前に辞退の意向を伝えることもあります。ゲストの負担が減るというメリットはありますが、実はゲストにとって、言葉通りに受け取っていいものか、とても悩ましいセリフでもあるのです。

せっかくのお祝いの場に、手ぶらでいくことの気まずさを覚えてしまう方もいます。こうしたストレスを避けるためにも、例えば、ご祝儀はいただいて、交通費・宿泊費は全額負担するなど、お車代として調整した方が、お互いにとって気持ちのいい結婚式にできます。

 

式場へのアクセスが複雑な場合、マイクロバスを用意するのも有効

結婚式の会場が、駅前5分など非常にアクセスの良い場所であれば問題ないのですが、やや遠方の会場を使用する場合、ゲストごとに移動手段を任せるのは大変です。

こうした式場では、主要駅から送迎用のマイクロバスを活用するのがおすすめです。知り合い同士はもちろん、式へ参加する方々の会話のきっかけにもなるなど、様々なメリットがあります。マイクロバスは式場のオプションサービスとして用意されているほか、自分たちでバス会社を比較検討することもできるので、ご予算に合わせた選択が可能です。

オススメのオンラインサロンを紹介

DMMオンラインサロンでは、あなたにオススメのサロンを開設中!下のボタンから詳細をチェックしてみてくださいね。また、サロンをフォローすると、サロンに関するお得な情報を無料でお届けします!(※記事内容については、CANARY編集部、及びライターが独自に調査、執筆したものです。ご紹介しているオンラインサロンのオーナー様、及びその関係者からの監修を受けたものではありません。)

 

もう1人で悩まない!花嫁サロン

akane - もう1人で悩まない!花嫁サロン - DMM オンラインサロン
akane - もう1人で悩まない!花嫁サロン - DMM オンラインサロン花嫁のためのお悩み相談室。花嫁を経験した今だからこそ話せる結婚式準備のコツや楽しみ方を直接コンサルティング。「結婚式の準備とその後の新生活」のリアルを知れる、一緒に歩む花嫁仲間と出会えるオンラインコミュニティです。
詳細はこちら
lounge.dmm.com

 

結婚準備サポートサロン|ここでしか公開しない本当に役立つプロの知恵

weco(ウェコ)編集長 高橋康博 - 結婚準備サポートサロン|ここでしか公開しない本当に役立つプロの知恵 - DMM オンラインサロン
weco(ウェコ)編集長 高橋康博 - 結婚準備サポートサロン|ここでしか公開しない本当に役立つプロの知恵 - DMM オンラインサロン自分の結婚式を自分でプロデュースする!そんな世界標準の「セルフプロデュース花嫁(花婿)」になるために、フリーウェディングプランナーたちの「知恵」を学べるサロンです。
詳細はこちら
lounge.dmm.com

 

 

結婚式は会場選びからゲストへの招待状、交通費・宿泊費の負担などやることがたくさんあり、非常に慌ただしい時間を過ごすことになるかもしれません。その分、当日は目一杯に楽しい時間を過ごしましょう。そして、そんな晴れの舞台に遠方から来てくれたゲストに対して、心からの感謝の気持ちを忘れずに伝えてあげてくださいね。

  • CANARY オンラインサロンから、アイデアとヒントを。
  • DMMオンラインサロン

RANKINGランキングもっと見る

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

KEYWORDキーワードもっと見る