「婚活疲れ」したときに見たい対策法 アラフォーのあなたや男性も!

著者名SJ

婚活をしていて「婚活に疲れた…」と悩んだことはありませんか?実は、男女や年代を問わず、多くの人が「婚活疲れ」に陥っています。今回は、なぜ婚活に疲れるのか、その原因を探り、もう婚活をやめてしまいたいと悩んでいるあなたのための対処法をご紹介します。心身ともに疲れきってしまう前に、一度立ち止まって気持ちを整理してみましょう。

婚活疲れとは

婚活中の皆さんなら、「婚活疲れ」という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。文字通り、婚活に疲れてしまうことをこう言いますが、原因は人によって様々です。「婚活戦士」なる言葉もあるように、婚活はまさに闘い。婚活中の多くの男女が、何らかの理由で婚活に疲れを感じているという調査結果が明らかになっています。

また、婚活疲れをそのまま放っておくと、「婚活うつ」という状態にまで悪化し、体調に影響が出ることも。もし、あなたが婚活に疲れたと感じたら、その原因を明らかにし、適切な対策を取る必要があるでしょう。

婚活に疲れたと感じたことのある人を調査

婚活中の人のうち、どのくらいが婚活疲れを感じているのか、まずは調査結果をご紹介します。

調査結果

マイナビウーマンが2018年に実施した調査では、婚活経験者または婚活中の女性188人にアンケートを実施。「婚活に疲れた」と感じたことはありますか?との質問には、なんと73%もの女性が「はい」と回答しました。

(参考:マイナビウーマン アンケート調べ

また、婚活に疲れているのは、女性だけではありません。婚活サービス「ブライダルネット」を運営する株式会社IBJは、会員の男女400人(男性206人、女性194人)に対し、2017年に「ネット婚活について」の調査を実施。このアンケートに回答した400人のうち、約71%にあたる287人の男女が「婚活に疲れたと感じたことがある」と回答しました。

(参考:株式会社IBJ調べ 「ネット婚活について」のアンケート調査

他にも同様の調査が行われていますが、軒並み70%以上が婚活に疲れを感じたことがあると回答する結果となっています。

婚活に疲れたと感じたエピソード

実際に、どんな時に疲れたと感じてしまうのでしょうか。婚活疲れを経験したある2人の女性のエピソードをご紹介します。

30代で婚活をスタートしたというある女性は、マッチング機能のある婚活アプリを使っていました。「話してみないとわからない」という精神で積極的に動き、マッチングに成功した男性の数は半年間でなんと126人。しかし、実際に会うに至ったのはそのうちの6人だけだったそうです。LINE交換まで進んだ男性がいても、やりとりを進めていくうちに「相性が悪い」と感じ、丁重なお断りのメッセージを送ると、あろうことか相手に激怒されたこともあるのだとか。そんなこんなで「圧倒的な無力感」に襲われ、1カ月ほどアプリでの婚活をお休みしたそうです。その間に、共通の趣味を持つ人たち向けの婚活パーティーにも参加したそうですが、女性の席に10分おきに男性が入れ替わり立ち替わりやってくるシステムに「ベルトコンベアで流れてくる商品の品質をチェックしているような気分になり、気持ちが盛り上がらず終了。婚活疲れを増強して終わった」という残念な結果に。(参考:@BAILA 30代ジーコの、 本気で婚活!ブログ

また、婚活疲れにはもっと深刻なケースもあります。

25歳から約7年婚活しているというアラサー女性は、婚活疲れでうつに陥ってしまったといいます。今までに4社の結婚相談所を渡り歩いたというこの女性は、2年前に知り合った男性と結婚寸前まで進んだものの、あえなく破局。それ以来、うつ状態になってしまい精神科に通うことに。症状が良くなったことで1年前に治療を終え、婚活も再開したそうですが、再開後の婚活では交際にすら発展せず10連敗以上。「断られるのも断ることにも疲れました。…婚活どう?と聞かれることが苦痛となり、職場でも『もうやばいよね?』と言われ、辛くなります。…またうつ状態再発しました。どうしたらいいのか分からないです。…食欲不振・不眠症な心身共にボロボロです。」と悲痛な声を上げています。(参考:Yahoo! 知恵袋

このケースでは、強い結婚願望があるのに思うように相手が見つからず、周りからのプレッシャーもあいまって、心も体も疲れ切ってしまっています。婚活疲れの深刻さが伝わってきますね。

婚活に疲れる原因

婚活疲れに陥る原因は様々ですが、次々に知らない異性と会って自己紹介を繰り返し、さらに、いい印象を持ってもらおうと気を使い続けるのは、誰でも疲れてしまいます。また、仕事の合間に婚活アプリでメッセージをやりとりしたり、週末に集中的にお見合いや婚活パーティー参加を繰り返したりするのは、気分的にも体力的にも大きな負担となります。特に、口下手な人や人見知りの人にとっては、これだけで相当なストレスになるでしょう。

しかし、これだけ努力してもなかなか希望に合う相手が見つからず、好みでない人からのアプローチを丁寧に断りながらも、反対にいいなと思った人には断られ続けることもあります。こうなれば、自分を否定されたように感じて自信を無くしてしまい、「もう婚活をやめたい!」という気分になってしまうのではないでしょうか。

DMM オンラインサロン #恋愛
DMM オンラインサロン #恋愛恋愛のオンラインサロン一覧です。DMM オンラインサロンは、「学べる・楽しめる」会員制コミュニティサービスです。憧れの著名人や共感しあえる仲間のいるサロンで、密なコミュニケーションをとることができます。
lounge.dmm.com

女性の婚活疲れの原因

見た目や年齢で判断される

結婚相談所サンマリエが2018年に行ったアンケート調査では、「結婚相手を選ぶなら最も重視するものは?」という質問への、男女別の回答を見ることができます。この調査では、男女とも「性格」と回答した人が圧倒的に多かった一方で、男性の回答の2位は「容姿」(15%)でした(「性格」は70%)。さらに、「結婚相手には何歳くらいの人を希望しますか?」という質問では、男性の43%が25歳くらいかそれ以下と回答。30歳くらいと回答した41%とあわせて、84%の男性が30歳程度までの女性を希望するという結果になりました。つまり、婚活市場では、女性に若さや美しさを求めている男性が圧倒的に多いのです。

(参考:「婚活の日」結婚と婚活に関するアンケート2018(結婚相談所サンマリエ調べ)

見た目で判断されることについては、「自分なりに身なりを整えて品よくしていても、美人の子がいればみんなそっちへ行ってしまう…。結局見た目で判断されるのかと思ったら、なにもかもバカらしくなった」という声も。また、年齢については、「20代~30代向けの婚活パーティーで年齢を伝えたところ、『えー!?本当に?見えないね!』と笑顔で褒めてくれた彼は、『飲み物とってくるね』と言ったきり戻ってきませんでした」という世知辛い体験談も聞こえてきました。(参考:DOKUJO)

容姿については、努力で補える範囲には限度がありますし、年齢についてはどうすることもできない問題です。そういった要素で結婚相手としての良し悪しを判断されてしまうとなれば、婚活自体を投げ出したくなってしまいますね。

周りからのプレッシャー

女性の場合、出産のことを考えれば、ある程度結婚にタイムリミットがありますので、アラサーになると親からのプレッシャーが増すこともあります。

30歳を過ぎた頃から母親の強い勧めで婚活を開始したというある女性は、結婚相談所に入会してお見合いを繰り返していました。毎週2度は、母からチェックのための電話があり、うまくいかなかったと言うと「男ひとりつかまえられない娘を育てたかと思うと情けない」と責められた上、次のお見合い相手についても聞かれ、年収や職業が気に入らないと文句を言われる始末。さらに、同い年のいとこが妊娠すると母からの圧力は更にエスカレートし、「今から結婚しても高齢出産だし、孫の顔も見られないかもしれない。親不孝にもほどがある」等と罵倒され続けました。そして、ついにこの女性は動悸や呼吸困難、パニック発作を伴う不安障害を発症してしまったのです。(参考: cakes 母親のプレッシャーで娘が婚活ノイローゼに)

親からのプレッシャーが強くなくても、女性はつい自分と周りを比べてしまいがちです。20代半ばごろからは、SNSを開けば友達の結婚式の写真や出産報告が相次ぐことも多く、なかなか結婚相手が見つからない自分に気が滅入ってしまうこともあります。

男性の婚活疲れの原因

年収や勤務先で判断される

先に紹介した結婚相談所サンマリエの調査では、「結婚相手を選ぶなら最も重視するものは?」という質問への女性の回答の第2位が、「経済力」(12%)でした(第1位の「性格」は80%)。さらに、「結婚相手に望む年収は?」という質問への女性の回答を見てみると、最多は「年収400万円」(23%)で、例年より希望年収が下がっている傾向が明らかになりましたが、全体の55%は年収500万円以上を希望し、そのうちの21%は700万円以上を希望していました。

(参考:「婚活の日」結婚と婚活に関するアンケート2018(結婚相談所サンマリエ調べ)

あるフリーのインテリアデザイナーの40歳男性は、見た目もそこそこで、決してモテない人生を送って来たわけではなかったそうですが、婚活パーティーでは厳しい現実を目の当たりにしたといいます。自己紹介タイムで職業を伝えた途端、急に女性の態度が素っ気なくなり、公務員などの安定職種や医者、会社経営者といった高収入な男性参加者に人気が集中。婚活市場では、わかりやすい安定を望む女性が多いようです。(参考:DOKUJO)

かといって、高収入であれば結婚できるという単純な話でもありません。某大手証券会社に勤める年収2,000万円の男性が結婚相談所に登録したところ、80人もの女性から猛アピールがあったそう。この男性はそのうちの20人と実際に会ったものの、2度目の連絡は誰からも来なかったという悲しい結末に。本人は「ハゲだから」と敗因を分析しているようですが、真相は20人の女性たちにしかわかりません。とはいえ、年収や勤務先を見て大勢の女性が殺到するところを見ると、男性の婚活を取り巻く独特の難しさを感じます。(参考:毛がない 毛がないサラリーマンの日常)

金銭的負担が大きい

婚活では、女性よりも男性の方が圧倒的に出費が多くなります。婚活パーティーも婚活サイトも、女性は無料や格安に設定されている反面、男性は女性よりも高額な利用料を払う場合がほとんど。

複数の婚活アプリを使っていたというあるアラサー男性は、「女性は無料だから、ダラダラと会話してこようとするんだけど、こっちは早く会う約束にこぎつけたくて。で、焦ってデートを迫ると、たいていがブロックされて終了とか。お金ばっかりかかって、全然実りがなかったので、いつしかアプリを立ち上げるのもおっくうになっちゃいました」と語ります。(参考:Menjoy! 「婚活…疲れた…」やめたいと思った男女の理由と体験談10連発)

また、結婚相談所でも、初回のお見合いにかかる費用は全て男性が負担すると決められている場合があります。そして、めでたくカップリングが成立した後のデート代も、男性がおごるか多めに出すのが当然と思われがち。お金をかけた挙句にお断りされることが続けば、財布の中身と共に心もすり減って、婚活が嫌になってしまいますね。

婚活に疲れたときの対処法

では、婚活に疲れた時にはどう対処するのがよいのでしょうか。婚活疲れの原因は人それぞれですので、まずは自分が婚活に疲れている具体的な原因を見きわめ、それを解消するために行動を変える必要があります。

そんなこと言われてもなんで疲れているのかわからない、とにかく全てに疲れた!というあなたのために、性別と年代別の対処方法を提案しますので、参考にしてみてください。

女性 アラサー:一息入れて自分磨き!

アラサー女性には、SNSに溢れる同年代の女性の幸せいっぱいの投稿にげんなりしている人も多いはず。婚活疲れが顔や態度に出ていたら、元々備わっている魅力も伝わらず、ますます縁が遠ざかってしまいます。1週間、あるいは数日間でもいいので、SNSを開かない、週末は携帯の電源を切る、などの手段で、雑音を遮って自分一人の時間を作りましょう。そして、新しい出会いを気軽に楽しめるようになるまで、婚活は思い切ってお休みに。

婚活はまだまだ序盤です。自分を誰かと比較することをやめ、好きなことに時間を使ってリフレッシュしたり、新しいことに挑戦したり、思い切って髪形を変えてみたり…じっくり自分と向き合って、新たな魅力を開花させましょう。

女性 アラフォー:相手の条件を再検討!

アラフォーになると、「この歳まで独身だったんだから…」と、結婚に妥協できなくなってしまう人が多いようです。特に、結婚を経験したことがない場合、結婚に対する非現実的な希望を抱きすぎている可能性もあります。婚活に疲れを感じたら、一旦婚活はストップして、結婚相手に望む条件をすべて書き出してみてください。そのうちのいくつかは、本当は自分の希望ではなく、無意識に世間体や周りへの見栄を気にして設定した条件かもしれません。そして、具体的な結婚生活をイメージしながら、結婚相手に本当に望むことは何か、立ち止まってもう一度考えてみましょう。そして、最終的に行き着いた条件に一つでも当てはまる人がいたら、とりあえず話してみることをおすすめします。結婚はゴールではなく、長い結婚生活のスタートでしかありません。条件にこだわりすぎず、長い人生を共にしたいと思えるような「相性のいい人」に巡り合うことを目標にすれば、肩の力も抜けるはずです。

男性 アラサー: 楽しめる婚活方法を吟味!

真剣に婚活をしているのに結果が出ない男性には、恋愛経験が少なく口下手な人が多い傾向があります。慣れてもいないのに会話を盛り上げ、デートではスマートにエスコートしなければいけないなんて、酷ですよね。また、慣れない環境で奮闘し続けていては、心がどんどん疲弊してしまいます。

そんな時は、共通の趣味を持つ人だけを対象にした街コン、または旅行を兼ねた婚活ツアーなど、自分が大きなストレスなく参加できそうな婚活方法に絞って実行してみましょう。色んな婚活アプリに会員料金を払い続けるよりも、これだと思う婚活イベントをピックアップし、それに合わせて事前に婚活カウンセラーに相談してアドバイスをもらったり、服装や身の回り品を新調したりすることにお金を使う方が、達成感を得やすいかもしれませんよ。

男性 アラフォー:自分の魅力を知りつつ、歩み寄りの姿勢を!

アラフォー男性は、アラフォー女性と同じように、まずは立ち止まって結婚生活に対して具体的なイメージを膨らませてみるのがいいでしょう。そして、イメージした幸せな結婚生活のために自分が提供できる魅力は何かを考えてみるのです。アラフォー男性にはそれなりの収入がある場合がほとんどなので、比較的女性からのアプローチも多いかもしれません。しかし、お金以外にも、若い男性にはない魅力があるはずです。もし、婚活疲れですっかり自信喪失してしまって、自分の魅力が見えなくなっているのなら、信頼できる友人と話すか、婚活カウンセラーに相談するなどして、自分の魅力を再認識してみましょう。そして、自分に自信を持ちながらも女性に歩み寄る姿勢を忘れず、長い結婚生活を共に歩める、相性の良い女性を探すことを意識してみてください。

 

婚活に疲れているのはあなただけではありません。多くの人が努力し、疲れを感じ、時に休みつつ、自分のペースで婚活を続けているのです。もちろん、結婚しない人生を選択する自由もありますし、その方が幸せになれる人もいるでしょう。それでも、疲れたからと婚活をやめてしまい、後になって「あの時婚活をやめなければ…」と後悔する自分は見たくないはず。自分にとっての幸せに結婚は必要なのか?どんな結婚生活なら幸せだと思えるのか?どんな人となら幸せな結婚生活を送れるのか?難しい問いばかりですが、結婚は人生の大きな決断です。悔いのない選択をできるよう、まずは婚活疲れから脱出して、冷静な頭でじっくり考えてみてくださいね。

DMM オンラインサロン #恋愛
DMM オンラインサロン #恋愛恋愛のオンラインサロン一覧です。DMM オンラインサロンは、「学べる・楽しめる」会員制コミュニティサービスです。憧れの著名人や共感しあえる仲間のいるサロンで、密なコミュニケーションをとることができます。
lounge.dmm.com
  • CANARY オンラインサロンから、アイデアとヒントを。
  • DMMオンラインサロン

RANKINGランキングもっと見る

  1. 1
  2. 2
    個性を伸ばして美しい体へ!パーソナルトレーナー門脇妃斗未さんのhiit me fit
  3. 3
  4. 4
  5. 5

KEYWORDキーワードもっと見る