ヘルプ

閉じる

Future of Sports~スポーツビジネスの未来を考える~

テキスト

Future of Sports~スポーツビジネスの未来を考える~
4月度より理事会がスポーツビジネスの未来を語る『Future of Sports』として生まれ変わります!
THE BASEの強みでもあるいろんな知見をお持ちの会員さんの知識×理事陣の知識で化学反応を起こし、集合知として「スポーツビジネスの未来」へのアイデアや意見を生み出していきたいと思います!
SBA「THE BASE」の新企画にぜひご期待ください!


▼イベントのざっくりな流れ
①テーマに対して理事がヒントを提示
スポーツビジネスについてTHE BASE内で議論したいテーマを一つ選定し、理事陣がそのテーマで議論するために必要な情報や背景など、思考するにあたっての”ヒント”を共有します!

②THE BASE内で会員さんがヒントを基にディスカッション
会員の皆さんでそのヒントを基にディスカッションをしたり各々のご意見をTHE BASE内にて共有したりし、テーマに対する集合知を大きくしていきます!

③会員さんのディスカッションを基に理事陣がさらに集合知を膨らませる
翌月のFuture of Sportsで会員の皆さんからの意見を基に理事陣がさらに膨らませ、THE BASEとしての意見をまとめます!


4月度のテーマは『未来起点でスポーツビジネスの本質的価値を考える』に決定しました!

イベント内では各理事の考える「10年後のスポーツ界の姿」の発表と、それらからバックキャティング的、社会起点的に考えた際にあぶりだされる課題や、それに紐づく未来でも揺るがないスポーツビジネスの本質的価値を議論します!
ぜひ各理事の意見に対して賛成/反対など、ご自身のご意見を考えながらご視聴ください!

※4月は30分ですが、5月以降は1時間のイベントとなります。

▼概要

日時:2021年4月14日(水)23:00~23:30
ツール:Zoom ウェビナー開催
※後日アーカイブ配信を予定しています。


▼SBA理事陣




≪荒木重雄≫
青山学院大学大学院国際マネジメント研究科修了
▽現職
(株)スポーツマーケティングラボラトリー 代表取締役 /(株)スポカレ 代表取締役
▽主な経歴
日本IBMをはじめ、外資系コンピューター・通信会社の要職を経て、2005年1月千葉ロッテ入り。執行役員・事業本部長として同球団の経営改革に着手。ファン、球団、地域との一体化を推進し、プロスポーツ界で初となる「指定管理者制度」を活用した球団・球場の一体経営にも着手。また、パシフィックリーグマーケティング社の取締役・執行役員として事業の立ち上げに貢献。その他、日本サッカー協会(JFA)の広報委員をはじめ、観光庁、文部科学省、総務省、スポーツ庁等のスポーツ関連プロジェクトなどにも多数参画。2009年7月に独立し、㈱スポーツマーケティングラボラトリー(SPOLABo)を設立。2013年からは、日本野球機構(NPB)の特別参与として、野球日本代表・侍ジャパンの事業戦略、デジタル戦略も担当。2015年9月に一般社団法人スポーツビジネスアカデミー(SBA)を設立。2017年全日本野球協会(BFJ)理事を歴任。2018年(株)スポカレを設立し代表取締役に就任。現在に至る。
================
≪鈴木友也(NY在住)≫
一橋大学法学部卒業 /マサチュセッツ大学アムハースト校大学院修了(スポーツ経営学)
▽現職
トランスインサイト株式会社(NY法人)代表
▽主な経歴
ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表 。一橋大学法学部卒業後、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)を経て、 米マサチューセッツ州立大学アムハースト校スポーツ経営大学院に留学(スポーツ経営学修士)。 日本のスポーツ関連組織、民間企業、メディア、教育機関などに対して コンサルティング活動を展開。日経へのコラム寄稿多数。高校まで野球、大学ではアメリカンフットボールをプレー。 2008年にNYで日本人によるフラッグフットボールチーム「侍ジャイアンツ」を設立し、現地リーグに参戦してアメリカ人相手に闘志を燃やす。
================
≪山崎卓也(LONDON在住)≫
早稲田大学法学部卒業
▽現職
Field-R法律事務所 弁護士 /スポーツ仲裁裁判所(CAS)仲裁人 /国際プロサッカー選手会(FIFPro)アジア支部代表 /世界選手会(World Players)理事
▽主な経歴
1997年弁護士登録後、スポーツ、エンターテインメント業界に関する法務を主な取扱分野として活動。選手、競技団体、クラブなどを代理したさまざまな国内外の契約交渉、ルール作りに従事。現在、スポーツ仲裁裁判所(CAS)仲裁人 、国際プロサッカー選手会(FIFPro)アジア支部代表、世界選手会(World Players)理事、日本スポーツ法学会理事、英国スポーツ法サイト "LawInSport" 編集委員、フランススポーツ法サイト "droitdusport.com" 発行 "Football Legal" 学術委員などを務める。
主な著書に、"Sports Law in Japan"(Kluwer Law International)、「エンターテインメント法」(学陽書房。「プロスポーツ」担当)、「スポーツガバナンス実践ガイドブック」(民事法研究会・共著)、「トップスポーツビジネスの最前線――スポーツライティングから放映権ビジネスまで」(共著、講談社)など。
================
≪杉原海太≫
東京大学工学部修士課程修了 /The FIFA Master (International Master in Management, Law and Humanities of Sport)修了
▽現職
スポーツコンサルタント
▽主な経歴
1996年に東京大学工学部修士課程修了後、デロイトトーマツコンサルティング等にて戦略、業務改革、ITコンサルティングに従事。 2005年にThe FIFA Master 第5期生として修了した後、2006年から8年間勤務したアジアサッカー連盟では、Head of Developmentとして各国リーグ・クラブ支援プログラム(AFC KICK OFF Programme)の立ち上げに尽力した。 2014年からは日本人初のFIFA Consultantとして、協会・リーグ・クラブのガバナンス(Professional Football Department, FIFA Club Licensing System)、戦略立案・業務改革 (FIFA PERFORMANCE Programme)、 及びITコンサルティング(FIFA Connect Programme)の分野において、アジアだけではなく世界の各地域で活動。 2020年からは日本の複数のスポーツ関連プロジェクトに従事。日経へのコラム寄稿多数。

オンラインサロン情報

スポーツビジネスアカデミー | THE BASE

1,000円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

スポーツビジネスの第一線で活躍しているスポーツビジネスアカデミー(SBA)の理事4人が集結。様々なフィールドのプロフェッショナル、スペシャリストとともにスポーツ産業の変革を本気で実現したい方のためのオンラインサロンです。

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る