JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

閉じる

新年度もよろしくお願いいたします

テキスト

新年度もよろしくお願いいたします

おはようございます。  新年度ですね。  桜が満開です。目が鼻がのどが痒いです。

しつけ

トレーニング

犬に優しいとは?


言葉が勝手に独り歩きして、それを見た飼い主さんが不安になる

良い情報がたくさんある現在でも、なかなかスパッと悩みなく犬と暮らすことが難しかったりしますね。

チャーリードッグスクールは、飼い主さんと一緒にプロの面々が一緒に「犬」について学ぶ珍しい学校

というよりコミュニティです。

4月1日のコンテンツを販売します。よかったらお読みください。


  「トレーニングとは練習すること。 

言葉をどうとらえるかでずいぶん印象が変わる、ドッグトレーニング。 

話し出すにはまずは言葉の定義。  かみ合わないよ、ね。

  身体を上手に使えるトレーニングをすることでエンリッチメントに役立てる、というように、ね。

  しつけはいらない、トレーニングという言い方は嫌い、とか、とかく言葉に過敏になる人が多いですね。

  それに動物愛護がくっつくと、飼い主にとっては息苦しかったりする。

  まあまあがいいな、って思います。」 


タイムラインに投稿しました。twitterから連携しました。 


言葉狩りはインパクトがあるので、失敗したくない系の飼い主さんは取り込まれやすくて、

結果遠回りしますね。

  しつけもトレーニングもその言葉に問題があるのではなく、中身。

  あなたはどう行いますか?ですね? 

そして、書かれているものではなく実際のトレーニング風景を見て

そのトレーニング法を行う人を判断する必要があります。 

お散歩トレーニングは犬なし参加もできます。

  犬を変えるべきと思っている方にはとても理解不能なようですが、

このスクールは一体どういう方法を行っているのかを見るためにはまずは犬なしで参加することをお勧めしたいです。

  本年度よりまずはリードワークにサロン入会者割引を適用していきます。

  お友だちで犬育てに悩んでいる方がいましたら、ぜひご紹介いただければ嬉しいです。

  過去記事を振り返りながらトレーニングの基本をお話しし始めていますので、入会にはよい時期だと思うんですよね。 

犬飼いベテランの方も、知ってびっくり(笑)チャーリードッグスクールの方法論。


  犬にはとてもうれしい方法論だと思うので、犬たちのために広げていきたいと思っています。

  共通の言葉でモチベーター  これは二次強化子。

http://charliemama3.hatenablog.jp/entry/2007/12/25/084409


後から好きになったもの。 

多くのドッグトレーニングは、まずはNOを教えるということで  共通の嫌な言葉を作ります。

信頼関係ができれば嫌な言葉があっても大丈夫と言われますが、

人間はついつい流れていきやすいので、

悪い言葉を使いだすと、いい言葉が口から出なくなっちゃうんですよね。

  強制はそういう副作用があります。


  楽しむために犬を迎えた皆さんは、さて、どちらを選択しますか? 

というところで道を間違えないようにしないと。 

では今月もどうぞよろしく願いいたします。



犬と歩くときも笑顔が絶えないチャーリードッグスクールのメソッドです。


オンラインサロン情報

ドッグカレッジ 犬の森「ドッカレ」

4,000円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

ドッグカレッジ(ドッカレ)では長い間犬の世界に当然とされたリーダー論によらず 科学的な方法に基づき犬との暮らしを考えます。 プロからセミプロ向けの「犬学」を学ぶカレッジです。

あなたにおすすめの他サロンすべて見る

ページトップに戻る