ヘルプ

閉じる

【イベント模様】ゼロからのデビュー活動

テキスト

【イベント模様】ゼロからのデビュー活動

「シナリオランド」ではオンライン上の交流に加え、毎回、アニメや特撮作品等の最前線で活躍しているゲストをお呼びし、ワークショップやトークショーなどを開催しております。


◆開催日:2018/7/15
◆イベントタイトル:ゼロからのデビュー活動 ~若手シナリオライターがチャンスを掴む方法~

今回は、『とある科学の超電磁砲T』『浦島坂田船の日常』『メルクストーリア -無気力少年と瓶の中の少女-』などのアニメ作品や『ウルトラマンオーブ』といった特撮作品の脚本を手掛ける内田裕基さんから、若手シナリオライターのデビュー戦略を伺いました。

内田さんは大学在籍中から、自主制作映画の監督をされたりもし、今現在も多岐に渡る作品に携わられております。
また、私の周りでも20代前半でデビューする人はたまにおりますが、大きな浮き沈みなく継続的に仕事を続けられるのは、万人に認められる創作技術に加え、創作にあたってのマインドがしっかりしているからだと思います。

今回のイベントでは、そうした内田さんのマインドセットを学びました。

20代前半でデビューする。

では、その戦略というものを自分なりにまとめると、5W1Hで整理されます。

・Who 誰が?
→自分が

・When いつ?
→20代前半

・Where どこで?
→脚本をどこで発表していくか。コンクール、自主制作映画、制作会社、ネット等々……

・What 何を?
→オリジナル創作の脚本

・Why 何故?
→(小説や映像そのもではなく)脚本を創作する理由

・How どのように?
→一過性の「運」に頼らず、自分の持っている資産(技術や経験、人脈)などを吟味した戦略

5W1Hはどれが欠けても成り立たないので、試行錯誤しながら練っていく必要がありますね。

また、「己を知り敵を知れば百戦危うからず」という孫子の言葉もある通り、「自己分析」が非常に重要です。
行動する前に、きちんと「自己分析」をして考えながら進めていくことが、チャンスを掴む第一歩ですね。



(内田裕基さん:プロフィール)
脚本家 ・ 東京工芸大学芸術学部映像学科卒。
1991年5月27日生まれ、東京育ち。
高校時代から自主映画を製作(映画甲子園出身)。ウルトラシリーズをきっかけに脚本家を志す。
代表作:TVアニメ『ゲーマーズ!』、TVドラマ『ウルトラマンオーブ』『ウルトラマンX』『御茶ノ水ロック(脚本協力)』、映画『三森迷子の逃亡』『炎~HOMURA』『オールドフレンド』、小説『ぼくの初恋は透明になって消えた。』……その他、コミカライズ漫画やドラマCD、朗読劇脚本など多数。

オンラインサロン情報

シナリオランド ~エンターテイメントを創造する~

1,900円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

「アニメ・特撮に強い」シナリオを中心としたオンラインサロンです。多彩な人気ゲスト講師に加え、ここでしか得られない会員限定特典などを提供中です。クリエイターの方はもちろん、アニメや特撮好きの方もぜひお気軽にご参加下さい!

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る