ヘルプ

閉じる

【イベント模様】「怖い物語!」の作り方

テキスト

【イベント模様】「怖い物語!」の作り方

「シナリオランド」ではオンライン上の交流に加え、毎回、アニメや特撮作品等の最前線で活躍しているゲストをお呼びし、ワークショップやトークショーなどを開催しております。


◆開催日:2018/9/24
◆イベントタイトル:「怖い物語!」の作り方

今回は、アニメ『殺戮の天使』や京極夏彦原作アニメ『魍魎の匣』『京極夏彦 巷説百物語』、映画『貞子3D』『富江』シリーズなどのホラー作品や、藤ダリオ名義で小説『絶体絶命ゲーム』シリーズ他、数々の作品を手掛ける脚本家・小説家の藤岡美暢さんをゲストにお迎えし、『「怖い物語!」の作り方』をテーマに、トークショーとワークショップを開催いたしました。

イベントの前半は、藤岡さんの代表作を紹介しながら、創作人生について伺います。
ホラーや怪談作家として様々な作品を生み出してきた藤岡さんですが、デビューはアニメ『魔法のプリンセス ミンキーモモ』。
意外過ぎる作品ですが、古田求さん、鈴木尚之さん、池端俊策さんといった名だたる脚本家に師事してきた藤岡さんは、そのときから脚本の「基礎力」といったものが万全だったのでしょう。
見事デビューを果たします。

下記の作品において著名な監督ともお仕事をされますが、「基礎力」があるからこそ、様々な現場で重宝されるのでしょうね。

<映画>
・中原俊さん『富江 最終章』
・清水崇さん『富江re-birth』
・熊澤尚人さん『亡霊の棲む家~犬木加奈子恐怖world』

<アニメ>
・湯山邦彦さん『魔法のプリンセス ミンキーモモ』
・荒木哲郎さん『黒塚』

また藤ダリオ名義で、角川書店から刊行された『出口なし』で小説家デビューもされ、その切っ掛けなども伺いました。

前半のラストには、
「どうして、ぼくだけプロで残っているのか?」
についてのお話しもありました。

脚本家としての修行時代、優れた同期や仲間も多かったそうですが、そのほとんどが現在はいなくなってしまったそうです。

・健康
・運

……ポイントはこの2つで、特に「健康」については、自分でも気をつけることが出来るので、大切ですね。

イベントの後半は、「怖い物語」を作るワークショップです。

落語「もう半分」を原案として、事前に参加者から新規のストーリーを募り、講評を行いました。
同じ原案で構成・視点・ジャンルの違うストーリーができる、創作の冥利が体験できました!



(藤岡美暢さん※作家名:藤ダリオさん:プロフィール)
脚本家・小説家
1962年、北海道札幌市生まれ。
第24回新人テレビシナリオコンクール受賞。第9回シナリオ作家協会大友昌司賞受賞。『リング2』脚本募集受賞。
TVアニメ『魔法のプリンセス ミンキーモモ』で脚本家デビュー。
<代表作>
▼テレビアニメ
『殺戮の天使』 『魍魎の匣』『京極夏彦 巷説百物語』『黒塚 -KUROZUKA―』『秘密 トップ・シークレット』、他多数
▼映画/TV
『貞子3D』『富江 最終章 禁断の果実』『富江re-birth』『美しい夜 残酷な朝(box)』『池波正太郎時代劇 光と影』『くノ一忍法帖 蛍火』『赤川次郎の毒(ポイズン)』、他多数
▼小説/ゲーム(作家名:藤ダリオ)
『絶体絶命ゲーム』シリーズ『あやかし探偵団』シリーズ『レディオ・コール』『演葬会』『貞子3D 復活』、ゲーム『√ルートレター』、他多数

オンラインサロン情報

シナリオランド ~エンターテイメントを創造する~

1,900円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

「アニメ・特撮に強い」シナリオを中心としたオンラインサロンです。多彩な人気ゲスト講師に加え、ここでしか得られない会員限定特典などを提供中です。クリエイターの方はもちろん、アニメや特撮好きの方もぜひお気軽にご参加下さい!

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る