ヘルプ

閉じる

【レポート No.111】EOSの概要と課題、今後の展望

テキスト

【レポート No.111】EOSの概要と課題、今後の展望
EOSに関して主な特徴と現状の課題、今後EOSはどうなっていき、スマートコントラクトプラットフォームのあり方がどうなっていくのか、という大まかな予想をしています。
EOSは国内ではまだあまり盛り上がっていないですが、海外では取引高や注目度もかなり上がっており、日本でもいずれ取引所の取り扱いなども出てくることが予想されます。また、Ethereumと比較した時の特徴やトレードオフなど、EOSの事例は示唆が多いと思われます。


目次
・EOSとは何か?
 - DPoS コンセンサスアルゴリズム
 - スケーラビリティーとスピード
 - 手数料なし
 - アップグレード可能なスマートコントラクト
 - 各種VM(EVMなど)との互換性
 - ガバナンスの仕組み
 - その他
 - EOSとは一言で言うと何なのか
・EOSの現状のエコシステム
・EOSの問題点
 - 中央集権化、Block Producersが持つ権限の強さ
 - 投票に依存した仕組みの実効性への疑問
 - 実質的に全く手数料がゼロではない問題
 - EOS上で必要になるリソース
・EOSの今後の展望
 - そもそもDappsに分散性は必要なのか?
 - Ethereum自体の問題
 - EOSの支持者とマーケティング戦略
 - Ethereumが当時したマーケティング戦略との比較
 - EOSが失敗するシナリオは?
 - EOSの今後のシナリオの個人的予想
・最後に ~EOSがしている問題提起とは?~

レポート投稿日:2018/8/9

続きを表示するには、入会が必要です

ビットコイン研究所

販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料

7,700円/1ヶ月

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

オンラインサロン情報

ビットコイン研究所

7,700円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

ビットコイン研究所は、ビットコインを中心に仮想通貨の情報を専門的に扱う会員制の研究所です。ビットコインに関する重要情報を広く網羅した日替わりコラム、特定トピックの深堀り研究レポート、Q&Aコーナーがメインコンテンツ。

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る