ヘルプ

閉じる

【イベント模様】ロボット&バトルアニメの書き方

テキスト

【イベント模様】ロボット&バトルアニメの書き方

「シナリオランド」ではオンライン上の交流に加え、毎回、アニメや特撮作品等の最前線で活躍しているゲストをお呼びし、ワークショップやトークショーなどを開催しております。


◆開催日:2018/12/21
◆イベントタイトル:ロボット&バトルアニメの書き方

今回は、アニメ『マクロスΔ(デルタ)』『重神機パンドーラ』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』や、特撮『ウルトラマンR/B(ルーブ)』『ウルトラマンジード』などの作品を手掛ける脚本家・根元歳三さんから、ロボットやバトルアニメについての創作術を学びました。


ロボットやバトルアニメといえども、無感情ではドラマにはなりません。

感情ドラマは、他のジャンル同様必要です。


例えば、「ただ銃を撃つ」という描写があります。

ここにはドラマの要素が感じられません。


しかし、「娘の敵ー!と銃を撃つ」という描写にすると、途端にドラマが盛り上がるようになります。


シナリオの基本は人間を書くこと。

ここがとても重要なポイントです。

ロボットやバトルアニメでも、変わりはありません。

永遠不滅の鉄則ですね。


更に、

・打ち合わせを上手く進めるコツ

・シリーズ構成の時と、各話ライターの時の意識の違い

・多ジャンルの作品をこなすコツ

・オリジナルと原作物の違い


……といったことも伺い、充実のイベントとなりました!


(根元歳三さん:プロフィール)

脚本家

<代表作>

◆TV

・アニメ:『重神機パンドーラ』『マクロスΔ(デルタ)』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』『銀河英雄伝説 die neue these』『ROBOTICS;NOTES ロボティクス・ノーツ』『STEINS;GATE』『シャングリ・ラ』『ログ・ホライズン』シリーズ『デュエルマスターズ』シリーズ『黒子のバスケ』シリーズ『デュラララ!!』シリーズ『ファイ・ブレイン』シリーズ

・特撮:『ウルトラマンR/B(ルーブ)』『ウルトラマンジード』

◆映画

・アニメ:『劇場版 マクロスΔ 激情のワルキューレ』『トワノクオン』シリーズ

・特撮:『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』

オンラインサロン情報

シナリオランド ~エンターテイメントを創造する~

1,900円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

「アニメ・特撮に強い」シナリオを中心としたオンラインサロンです。多彩な人気ゲスト講師に加え、ここでしか得られない会員限定特典などを提供中です。クリエイターの方はもちろん、アニメや特撮好きの方もぜひお気軽にご参加下さい!

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る