JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

閉じる

第3回墨汁会議 ~仮想通貨デリバティブとインサイダー規制の考察と討論~

動画

第3回墨汁会議 ~仮想通貨デリバティブとインサイダー規制の考察と討論~

詳細

内容:仮想通貨は、資金決済法と仮想通貨交換業への登録により規制されており、現物ではないデリバティブはその対象外となっています。このデリバティブは国内での仮想通貨取引の8割を占めており、今後の規制によって仮想通貨に大きな影響を与えるであろうことが予測できます。

今回の放送では、30年にわたった霞が関生活で、役所の行動様式に精通しており、記者発表という表の顔のほか、エンバーゴやリークを駆使する霞が関の広報戦略の一端を担ってきた税金と規制レポートの著者である山路 幹夫氏をゲストに迎えて放送。

ネット上の記事では見られないような内容の濃い討論と、金融庁の傾向や考察、さらにはイーサリアムのコントラクトと金融について幅広い内容となっています。


これまでの放送にない、非常に興味深い内容のため必聴です。


時間:約1時間37分


ゲスト:山路幹夫氏(税金と規制レポート著者


タイムライン

11:15~ BTCFXなどの仮想通貨デリバティブに関する規制

13:56~デリバティブ提供取引所の問題

15:11~仮想通貨規制を行う場合の重要な点

15:40~金融機能を有するのか?

21:40~そもそもデリバティブはどのような存在意義があるか? 

25:50~デリバティブの存在意義を考慮できるか

29:30~流動性の低下

33:30~CoincheckやZaifのハッキングは規制に影響するのか

37:07~規制の具体例

37:26~全体的な規制

41:15~レバレッジ(証拠金)取引

46:13~デリバティブが過度な投機を招くこと

50:40~取引を行わない規定があり 

52:20~金融商品取引法と仮想通貨投資信託

58:40~仮想通貨のインサイダー取引規制

59:50~インサイダーの定義という問題

60:04~仮想通貨独特のインサイダー

65:00~考えられる例

69:50~ICOプロジェクトなどはインサイダーの定義をできるのか

71:30~FXは7年だが、税制は別 

74:00~嵌め込みや仕手などの不公正な行為

77:45~今後必ず露見する問題

78:40~レンディングとシステミックリスク

84:00~イーサリアムのコントラクトとDeFi

86:00~DeFiを金融庁が規制するならば?

90:00~質問


会員限定放送資料


*サロン会員専用

https://bokujyuumai-salon.ethereum-japan.net/movie/3393

続きを表示するには、入会が必要です

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界 ~情報当千! 投資・税金・仕組み~

販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料

8,980円/1ヶ月

入会する

サロンに入会せず続きを見る

販売価格 入会/詳細
7,560円

購入する

オンラインサロン情報

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界 ~情報当千! 投資・税金・仕組み~

8,980円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

墨汁うまいによる仮想通貨投資、Web上では見られない税金や規制、開発を幅広くカバーするサロンです。墨汁うまいとリアルタイムで情報共有でき、テクニカル分析とファンダメンタルを活用し、投資、資産運用のスキルを上げていく場です

あなたにおすすめの他サロンすべて見る

ページトップに戻る