ヘルプ

閉じる

『小さな町の大きな挑戦』

テキスト

『小さな町の大きな挑戦』

■ごみ問題の背景

今から20年前、ぼくは地域でリサイクル運動を始めた。

もともと原発間題をやっていたが、運動は先細りし始め、何がいけなかったのか考え始めたのがきっかけだった。

もちろん原発問題はとても大きな問題で、それを解決したい気持ちに変わりはないが、とにかく人が聞く耳を持ってくれなくなった。
ぼくらは仲間で話し合って、リサイクル運動をすることにした。


ぼくらは自分たちの運動に二つ欠点を見つけたからだ。

一つは、「危機感に頼りすぎていた」こと。
確かに原発は危険だが、人々は長く緊張感を維持することはできない。「すぐ事故を起こすかもしれない」というアブローチは、一瞬の力を結束させることはできるが、長続きしないものだ。


もう一つの反省点は、「生活に密着した問題にできなかったこと」だ。
だからぼくらは環境問題を、毎日の日常生活と結びつけられる運動にすることにした。それがリサイクル運動だった。

続きを表示するには、入会が必要です

田中優ラボ - 七世代先の未来に責任を持とう -

販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料

2,200円/1ヶ月

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

オンラインサロン情報

田中優ラボ - 七世代先の未来に責任を持とう -

2,200円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

田中優による”次世代社会”をテーマにした会員制コミュニティ。次世代社会をよりよいものにするための最新の考察を配信し、新たな気付きの提供はもちろん、田中優が実践している実生活で役に立つノウハウも!

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る