ヘルプ

閉じる

【コラム】第1回サロンイベント議事録①

テキスト

【コラム】第1回サロンイベント議事録①

動き始めた「サラリーマンが会社を買う」市場 

▽資本家は儲かる
 私はオフィスビルに入ると、ロビーにあるテナント一覧を眺めるのが趣味だが、日本一家賃の高い、新丸の内ビルディングに入っているのは、最上階のフロアに入っているバイアウトファンドのカーライルを筆頭に、ほとんどが金融業だ。
 ソフトバンクの孫正義が大金持ちなのは社長だからではなく、彼が資本家だからだ。保有する株の価値は2兆円で、そこからは毎年100億円の配当が産まれている。
 私のファンドも儲かっている。これまでの投資も軒並み、利回りは7、80%を超える。
 これらの事実は、資本主義社会ではお金の流れや動かし方を知っているものが勝ちやすいということを示している。金融や資本主義のルール、具体的には商法や簿記会計や税制の仕組みなどを理解してビジネスをするのと、知らないでするのでは大きな差が出てくる。ファンドはその究極の存在だ。 
▽資本家的発想①お金と人に働いてもらう
 資本家が儲けるべく儲けるのは、資本主義や金融のルールを熟知して、資本家的発想をすることができるからだ。
 たとえば

続きを表示するには、入会が必要です

サラリーマンが300万円で小さな会社を買うサロン

販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧可 詳細はこちら

11,000円/1ヶ月

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

サロンに入会せず続きを見る

販売価格 入会/詳細
100円

購入する

オンラインサロン情報

サラリーマンが300万円で小さな会社を買うサロン

11,000円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

総額67億円の投資実績を持つ「投資ファンド」代表の三戸政和と、700名の「個人M&A」実践者の投資ノウハウを共有し、サラリーマンが小さな会社を買ってオーナー社長になるサロン

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る