ヘルプ

閉じる

【コラム】ど素人M&A分科会~会計編~議事録

テキスト

【コラム】ど素人M&A分科会~会計編~議事録
◯決算書は経営の鏡
・会社経営には、商品やサービスを作って販売する経費、人件費、電気代、水道代、家賃、交通費などさまざまな経費が掛かり、その結果、売上や利益などが生まれる。こうした企業活動を数値として表すのが会計だ。然るに決算書は「経営の鏡」といわれる。
・小さな会社を買って経営していくためにも、「賃借対照表=BS」と「損益計算書=PL」のふたつを読めるようになろう。
・上場会社ならホームページにIRや株主投資家情報を載せている。気になる会社やニュースに接したら、検索して決算書に目を通す癖をつけよう。
 
◯決算書を見るときの方法
①ふたつの視点を持つ
・垂直の視点(時系列に見る)
・水平の視点(競合他社と比較する)
②3つの目を持つ

続きを表示するには、入会が必要です

サラリーマンが300万円で小さな会社を買うサロン

販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧可 詳細はこちら

11,000円/1ヶ月

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

サロンに入会せず続きを見る

販売価格 入会/詳細
100円

購入する

オンラインサロン情報

サラリーマンが300万円で小さな会社を買うサロン

11,000円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

総額67億円の投資実績を持つ「投資ファンド」代表の三戸政和と、700名の「個人M&A」実践者の投資ノウハウを共有し、サラリーマンが小さな会社を買ってオーナー社長になるサロン

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る