ヘルプ

閉じる

チン相学『極小チン』

テキスト

チン相学『極小チン』





《 極小 》
親指ほどの小さな王子さま。
小さなころから 大切に育てられた系が多い。


りんごはうさぎさんに、
ウインナーはタコさんに
ミートボールは ちゃんと串に刺してあったに違いない。
ミックスベジタブルは苦手。
だってグリーンピースが入っているから。 
にんじんとコーンだけでいいのに、グリーンピースを入れる意味が 大人になった今でもわからずにいる。


お花屋さんの前を通るのが好き。お花が好き。
特にデイジーが好き。


小学生の夏休みの宿題、朝顔の観察で、朝顔 めっちゃ育って、
なんやったら近くの物干しぐらいまで”じゅりーん”て巻き付いて、
その観察日記が後ろの黒板に貼り出されて「おまえすげーな!」って みんなから言われる。
その日から 植物のことは元より、
何故かクラスで飼ってるメダカや金魚のことまで みんなに聞かれる。  

朝顔だって、大きく育てようと思って育てた訳でもなく 育ってしまっただけで、
なのにクラス中で
”生き物博士”みたいな扱いをされて、少し迷惑だけど 満更でもなく、
みんなの期待を裏切らないためにもと、
親に生き物図鑑をおねだりし、
「まぁーなんてお勉強熱心なんざましょ!」
なーんて狙わずして褒められ、
みんなからは、生き物のことを聞かれる日々。
だか、全ての答えの語尾は「....だと思うよ。」と
自信のなさが露見してしまう。





大きな音が苦手で、テレビのボリュームも7〜13ぐらい。
でも友だちが遊びに来た時、勝手にボリュームを23まであげられる。

早く帰って欲しいと思ってしまう自分に罪悪感を覚えるので、友だちは滅多に呼ばない。

常に何かに怯えながら生きている。
産まれたての子馬かチワワさながら、小刻みに震え日々を過ごしている。

常にお茶などの飲み物をマイボトルで持ち歩き、そのボトルを洗うのが好き。
お母さんが洗ってくれようとするが、
それだけは 自分で洗いたいと主張。
「はいはい♡わかりました。」お母さんは、大人になった我が子を誇らしくもあり、
でも少し寂しくもある自慢の息子。

おやすみの日は お母さんの買い物に付き合うこともあるが、友だちのお母さんに会いそうな ご近所の高級スーパーは苦手。
だが、また その友だちも お母さんの買い物に付き合って スーパーに来ていて 鉢合わせ。
お互い 気まずそうに、でも 同じカテゴリーの人間だと言う少しの仲間意識も芽生えつつ、二人で目を合わせて苦笑いする。


そんな、極小王子。

大切に育てましょうね。

なんたって王子さまだから。




さてさて、お次は

” 小チン ”

意外なタイプに多いこの小チン。

どんな本質があるのか、

その生態に迫りまするー!


オンラインサロン情報

7日間無料

大人相談室 ~大人のための性教育~

970円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

『Love&Sexのお悩みをオープンに語り合う』恋愛.セックスのお悩みは、だいたい解決!幸せなラブ.ライフはあなたの世界を豊にします。ニックネームでの登録でも大丈夫なので、恥ずかしがり屋さんもバレずにご参加できます。

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る