ヘルプ

閉じる

「お金がない」人は、「お金が好きじゃない」人

テキスト

「お金がない」人は、「お金が好きじゃない」人

「好きなことを仕事にして、お金に困らない暮らしをする」。

理想的な暮らしですよね。

 

私はお金が大好きです。

だから大切にするし、きちんと管理しています。

 

お金は寂しがり屋だから、お金がないところは居心地が悪くて長くいてくれないんです。

だからたくさんの仲間といられるように、本当に必要なもの以外は買いません。

でも、本当に本当に必要なものと出会ったら、高いものでもドーンと買います。

使うかどうか怪しいようなものをちょこちょこ衝動買いするより、本当に大切にできるものを買った方がお金も喜ぶと思いませんか?

 

資産運用も積極的に行います。

お金にも働いてもらうというわけですね。

「頑張って働いて、仲間をたくさん連れて帰ってきてね!」って送り出すんです。


ビジネスに関するお金もそう。

事業をより良くし、利益を生み出すために必要なお金は惜しみません。

たとえ100万円払ったとしても、何十倍、何百倍もの仲間をつれて、売上として戻ってきてくれるからです。 


「お金がない」っていう言葉、本当によく聞きます。

 

これはセールスを断るときの決まり文句でもあるし、本当に本当にお金がないのだということもあります。

 

 

「お金に困らない暮らし」を手に入れたかったら、まずはお金のことを大好きになってください。

 

「お金の管理が出来ていない、どこにいくらあるのかも分からない」

 

こんな風に迷子になっていたら可哀想です。

大切に思っていたら、きちんと管理してあげたくなります。

 

「お財布の中がパンパン(でもお金は入っていない)」

 

ぐっちゃぐちゃな部屋の中に押し込められて、息苦しくて可哀想です。

 

働いてお金をいただくこと、お金のことが大好きなことは何も悪いことではありません。

 

私のスクールの生徒さんでも、「私はまだまだなので…」

と、自分の商品の価値をかなり低く見積もってしまう方がいらっしゃいます。

 

お客様に自分の商品の価値が伝わり、欲しいと言ってくれるのならば、

 

それが何十万という金額でも罪悪感を感じる必要は全くないのです。

 

お金が来てくれたらありがとうと受け取って、誠心誠意お仕事をする。

 

そして、本当に必要なもののためにお金を支払う。

 

こんなサイクルが出来れば、お金は自然と集まってくるようになります。

 

ついつい「お金がない」という言葉を口にしてしまう人は、

 

まずお金のことを好きになってあげてください。

 

大切にしてあげてください。

 

そうすることで、少しずつお金に対する考え方や行動が変わっていきます。

 

そのうち、たくさん仲間のお金をつれてまた戻ってきてくれるようになりますよ。

オンラインサロン情報

女性個人事業主の暮らし方ラボ totokura

1,400円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

「好きなことを仕事にして、お金に困らず暮らしたい!」 そんな女性個人事業主さんのためのコミュニティ。 「ビジネス」も「暮らし」もどちらも順調に進んでいく、そんなノウハウを共有していきます。

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る