ヘルプ

閉じる

『パーキンソン病は意識が大事!?』

テキスト

『パーキンソン病は意識が大事!?』
今日のテーマは
『パーキンソン病は意識が大事!?』
についてお話しします。

写真の通りですが、パーキンソン病は病気からの症状はもちろんありますが、廃用症候群という使わないことによる筋力低下や関節可動域の低下が背景にはあります。

みなさんは
・歩いているときに腕の振りに左右差がありますか?
・姿勢が左右に傾いていませんか?
・腰が曲がっていませんか?
・歩幅が小さくなっていませんか?

自分自身の体の変化はなかなか気づきにくいのもこの病気の特徴ではあります。

気づかないとどうなるのか?

本当は動かせる動くのに動かしてないと使えなくなってしまいます。それを気づけない、そうすると筋力低下や関節の可動域の制限が出て来てしまいます。



ストレッチ、や筋力トレーニングはとっても大事です。しかし、まずは自分自身の体に
“意識を向ける”ことがとても大事です。

医療機関や介護保険でリハビリを通して理学療法士などにかかっている場合は定期的に教えてもらえるかもしれません。

そうじゃない人は自分自身で気づくことがとっても大事です。
教えてもらっている人も、人から教わるのもとっても大事ですが、
“自分自身で気づく”
ということがとっても大事です。

では、どうやって気づいていくか

続きはオンラインサロンで!
オンラインサロン会員は続きが見られます!

続きを表示するには、入会が必要です

PD Cafe Online

プラン名 販売価格 入会料金 入会/詳細
PD Cafeを一緒に盛り上げたいプラン 入会後無料
※退会後閲覧可 詳細はこちら

7日間無料

3,300円/1ヶ月

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

サロンに入会せず続きを見る

販売価格 入会/詳細
550円

購入する

オンラインサロン情報

7日間無料

PD Cafe Online

3,300円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

理学療法士の小川順也によるパーキンソン病の方が運動継続するためのサロンです。運動を通じて繋がりを作りましょう。運動以外にも心理や発声など様々な情報発信をします。

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る