ヘルプ

閉じる

木材の「ウイルス不活化」①

テキスト

木材の「ウイルス不活化」①
相変わらずテレビでは「新型コロナウイルス」感染の話ばかりしている。
 「三密」を避けるだとかで「自粛」「社会的距離」の話ばかりしている。
でもこんな身動きできない息苦しい社会をみんな望んでいるんだろうか。


 調べてみると死亡者の中央値は八十歳代で、既往症のない人の被害はー%もない。しかも対策としての薬理もいくつか見つかっている。なのに若い人たちをステイホームに閉じ込めていていいんだろうか。隔離すべきなのは大多数ではなく、少数者の方で良いのではないか。

 それともう一つ、個人の免疫力の向上と共に、ウイルスを不活化させる方法はないのだろうか。相手が雑菌なら「殺菌」だが、相手がウイルスだと生命体かどうか怪しいので「不活化」という。
 それが住んでいるだけで自動的にウイルスを不活化できたらすばらしい。できるのか。
 不思議なことにそれができるのだ。以下のグラフを見て欲しい。

このグラフは大きいほど「抗ウイルス活性値」が高い、要は菌で言えば「殺菌力」が高いのだ。

スギよりヒノキの方が高いようだが、スギで十分だ。ヒノキの成分だと目が覚める効果があって寝室には向かないかもしれないので。 

 
 これは木材の中の精油分の効果だろうから、高温乾燥した木材にそれだけの効果があるかどうかわからない。要は天然住宅で使っているような「低温乾燥材」であれば文句なしに抗ウイルス作用があるのだ。

 
 ただ何年続くのかはわからない。我が家は土台にヒバを使って建てているが、「蚊殺しの木」と呼ばれる通り室内に蚊が入ってこない。「蚊取り線香いらず」なのだ。蚊取り線香を使うと喉が痛くなるので使いたくない。いつまで「蚊殺し効果」が続くのかはとても気になるのだ。今のところ五年になるが、大丈夫だ。「ヒバオイル」も売っているので、効果が落ちてきたら壁に塗ろうと思っている。
 

 それで蚊だけでなくて、 ウイルスから守られるなんて、とてもいい話だと思わないか。

オンラインサロン情報

田中優ラボ - 七世代先の未来に責任を持とう -

2,200円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

田中優による”次世代社会”をテーマにした会員制コミュニティ。次世代社会をよりよいものにするための最新の考察を配信し、新たな気付きの提供はもちろん、田中優が実践している実生活で役に立つノウハウも!

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る