ヘルプ

閉じる

Mana様 x 小笠原健一(前編)

テキスト

Mana様 x 小笠原健一(前編)

MALICE MIZER / Moi dix MoisのギタリストManaにより1999年に設立されたブランドMoi-même-Moitiéの20周年を記念して開設するオンラインサロンのスペシャルコンテンツ『Mana様×著名ゲストによる緊急対談』。久々の対談相手は、Mana様とお話するのは数十年ぶりだという、Knueklid Romanceの小笠原健一さん。MALICE MIZER結成以前、Mana&Köziとともに摩天楼というバンドを組んでいたメンバー同士ということもあり、思い出話から近況報告まで約2時間におよぶ特大トークが実現。貴重なエピソード続出のディープな対談を、前編・後編の2回特集でお届けします。(文・構成/本田水奈子)


――お二人は長いお付き合いだそうですが。今日はどれくらいぶりの再会なんですか?

小笠原:本当に久しぶりですよね。たまたまKamiのお墓参りで偶然ばったり会ったのも、あれももうだいぶ前ですし。
 Mana :まともにこうして会うのは20年~30年ぶりだと思うよ?
小笠原:たぶん、そうですね。ちゃんと会った最後ってお互いのバンドがメジャーに行くちょい前くらいのタイミングで、Knueklid RomanceとMALICE MIZERがイベントで一緒になったみたいな。
 Mana :そうだったっけ?
小笠原:地方のイベントで。
 Mana :あ、ひょっとして新潟?
小笠原:そう! KAMIJOがまだMALICE MIZERのローディーやってた頃!
 Mana :あぁ~。そっちのバンドにJUNAっていう子がいなかった?
小笠原:JUNA君がいた時代ッスね。
 Mana :だよね。「何!? あの美形のギタリストは!」って思ったのを覚えてるよ。
小笠原:カッコイイッスね。男前の。
 Mana :そう。すごいイケメンだったのを覚えてる。
小笠原:JUNA君は僕の地元の高校の同級生で、だからKamiとも同級生なんです。

あの時がバンドとして会った最後っていう感じですね。
 Mana :ずいぶんご無沙汰だね。
小笠原:Manaちゃんとは一緒にバンドをやってた時もありますよね。