TOP
検索

第6期 サロンメンバー募集中!

4,980円 /1ヶ月

入会する

利用規約に同意の上、入会する

オーナープロフィール

梅木雄平

株式会社The Startup代表取締役

1984年生まれ北海道出身。2009年慶應義塾大学商学部卒業後、複数のベンチャー企業を経て、2013年2月から現職。

2011年1月〜スタートアップに関するオピニオンメディア「TheStartup」編集長

2012年4月〜日本初の有料オンラインサロンで500名前後の会員を有する「Umeki Salon」を開始

2016年2月〜noteにてスタートアップ資金調達情報やIPO分析記事を届ける有料マガジン「ウメキワークス」を開始

主なクライアントワークとしては2015年1月から2017年7月まで東京カレンダーWEBプロデューサー、スタートアップの資金調達やM&A仲介も手がける。

M&A仲介ではフューチャーによるCodeCamp買収(2015年8月)、同マッチアラーム買収(2017年3月)を実行など。

オーナーからのお知らせ

  • 2018年05月14日 第6期の募集を開始しました。
  • 2018年05月07日 第5期の募集を開始しました。
  • 2018年05月06日 第4期の募集を開始しました。

脱栽培マンサロン

梅木雄平

オンラインサロン詳細

ー眩い輝きを放つあの人も、かつては栽培マンだったー


栽培マン。

それは、漫画「ドラゴンボールZ」に登場する、雑魚キャラである。

土に埋めれば育つ、栽培マン。

所詮は雑魚キャラであり、一気に6匹など全く同じ絵面で登場し、呆気なく消えてしまう。

それは毎年自動的に新卒採用され、機械的に扱われていく若き社会人と何ら違いはない。

替えがいくらでも効く、名もなき存在。

サラリーマンとして働く99%の人間は、この栽培マンのように、変えが効く存在である。

労働者の世界しか知らぬ、井の中の蛙の代名詞とすらいえる栽培マンは、外の世界を知らなければ、一生栽培マンのままである確率が極めて高い。

ー「年収を上げたい」ー

これが栽培マンに共通する、労働市場での切なる願いである。

栽培マン論」を提唱してきた私は、自営業者としては2018年で7年目になる。

自分がサイヤ人であるとは思わないが、本業であるスタートアップ業界に軸をおいた「Umeki Salon」などで、多くのサイヤ人と交流させていただいてきた。

ここでいうサイヤ人とは、IPOやM&Aで多額のキャッシュ(3〜5億以上)を手にし、お金のための労働が必要なくなった人のことを指し、界隈ではこの手の人たちを「EXIT組」と呼ぶこともある。

私は、EXIT組ではない。私もまだ、働く必要はあるのだ。

しかし私は、一介のサラリーマンではない。EXIT組と栽培マンの間のような存在、いわばクリリンのようなものである。

EXIT組の人たちの多くは、生まれながらにEXITが約束されていたわけではない。学生起業した者を除くと、彼らにも新卒時代は一介の会社員という栽培マン時代があった。

そのまま栽培マンとして企業に培養されなかった彼らは、いかにして浮上のきっかけを掴み、サイヤ人へと進化していったのか。

栽培マンから抜け出す方法とは、何なのか。

サイヤ人ではない、クリリンである私であるからこそ、栽培マンの視点に立った、脱栽培マンの思考をインストールする手助けができるのではないかと思っている。

この「脱栽培マンサロン」を通して、一人でも多くの栽培マンを、クリリンの世界や、願わくばサイヤ人の世界へと、誘うことができれば嬉しく思う。

いや、AI時代が本格化する現代において、栽培マンで居続けることはリスクが高すぎる。機械に仕事を奪われることは自明ではなかろうか。

「脱栽培マン」はまさにあなた自身の存在意義を賭けた、生存戦略となる。

栽培マンの定義


基本的には会社員など雇われ人全般を指す。

経済社会には「投資家(自己勘定と他者からの委任に分かれる)」「経営者(創業者と雇われ経営者に分かれる)」「労働者(雇われ人)」の主に3種類の属性が存在する。

労働者=雇われ人=栽培マンとするが、中でもその存在の代替性が高く、AIやロボットに置き換えられそうな職業の人たちを示す。

中には、会社員の中でもどこに転職してもやっていけそうなスーパー会社員がいるが、構造的にはあくまで栽培マンであり、「上級栽培マン」の域を出ない。

提供内容


・イメージ的にはグループカウンセリング+思考変化のためのスパルタ特訓

・脱栽培マンを目指し、栽培マン的な思考とそうじゃない思考を定期的に紹介する

・参加者の悩みや課題をケーススタディとし、どうすれば栽培マンを抜け出せるか、そのきっかけとなるソリューションを提供する。個別課題をサロン内でメンバー同士で共有する

・入会時に自己紹介スレを立てていただき、そこに悩みなどを書いていただければ、梅木から返信コメントしていく

・人数は限定し、大型サロンでは難しい「インタラクティブ性」を追求する

・梅木が面白そうと思った人には、個別でのランチや仕事をおお誘いしたりすることもある。逆に、サロンメンバーからの面談のリクエストは滅多に応じない

・オフラインイベントは主軸とはせず、あくまでFBグループで従来の栽培マン思考からの脱出を目指すことを主な目的とする


価格:月額4,980円


20代の飲み会1回分より少しやすい設定にしています。会社の同僚や学生時代の友人と1度飲みにいくよりも、有意義であると感じていただける価値提供を心がけていきます。

こんな方におすすめ


・栽培マンのまま、一生を終えたくない人

・栽培マンを抜け出すための方法や思考を知りたい人

・向上心溢れる人

・経営者ではあるものの、まだまだ栽培マン思考が抜けないと感じている人


オブザーバー


こんな方々があなたに突っ込んでくれるかもしれません!


キープレイヤーズ高野氏

「栽培マンにはなりたくないんです!と言って、転職希望面談に来る方が急増中です。栽培マンというワードは、梅木さん以外に提唱者がいないものですから、このワードの普及力に戸惑っておりますが、ポテンシャルの高い第二新卒あたりの方にお勧めできると思います」


注意事項


・時には手厳しいコメントをすることもあるため、豆腐メンタルの方はご遠慮いただきたい

・あまりにも振る舞いが栽培マンすぎたり、他メンバーに迷惑と感じた場合は、こちらから退会をお願いする場合がございます

・面識がない状態での、サロン主催者梅木へのFacebookフレンド申請はご遠慮ください

・本サロンは他の参加者とオンラインでコミュニケーションを取っていく場です。ゆえに、Facebookプロフィール画像の設定がなかったり、風景写真になっているなどは、ご遠慮ください。他のメンバーからすると怪しい存在になってしまいます。匿名の場ではございませんので、ご理解いただけますと幸いです。

入会条件・注意事項


・サロン入会申込完了後、Facebookグループへの申請を行ってください。
なお、当該Facebookグループの承認には2~3営業日ほどお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。

・Facebookアカウントについて、「明らかに実名でない」「友達がいない」
「プロフィールが全く明記されていない」など、アクティブなアカウントでない
と判断した場合、入会をお断りさせていただくことがあります。

・サロン内の内容や、オーナーが発信する内容について、サロン外(口外、SNS等を含む全てのメディア・媒体)へ転記することを禁止致します。 ・他の利用者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為を禁止致します。
※上記禁止事項が認められた際は、強制退会扱いとさせて頂く場合がございますのでご了承ください。

・オンラインサロンに関してのヘルプページはこちらです。
ご不明点などありましたらこちらをご覧ください。

http://help.dmm.com/-/list/=/mid=539/

オンラインサロンの中がちょビット見れちゃう! DMM オンラインサロン Blog ちょビット覗いてみる
人気講師が多数在籍中 DMM.com 本気で講師を派遣します! DMM講演依頼 詳しくはこちら
totop