TOP
検索

第1期 サロンメンバー募集中!

8,800円 /1ヶ月

入会する

利用規約に同意の上、入会する

オーナープロフィール

梅木雄平

株式会社The Startup代表取締役

1984年生まれ北海道出身。2009年慶應義塾大学商学部卒業後、複数のベンチャー企業を経て、2013年2月から現職。

2011年1月〜スタートアップに関するオピニオンメディア「TheStartup」編集長

2012年4月〜日本初の有料オンラインサロンで500名前後の会員を有する「Umeki Salon」を開始

2016年2月〜noteにてスタートアップ資金調達情報やIPO分析記事を届ける有料マガジン「ウメキワークス」を開始

2018年5月〜コモディティ人材からの脱皮を手助けする「脱栽培マンサロン」を開始

2018年6月〜マーケターや経営者に対象を特化した「マーケサロン」を開始

他、スタートアップ企業のマーケティングコンサルティング実績多数。


The Startup
ウメキワークス
twitter
Facebook

オーナーからのお知らせ

  • 2018年07月01日 第1期の募集を開始しました。

ネット企業分析サロン

梅木雄平

オンラインサロン詳細

実名版ヤフーファイナンス掲示板的な「参加型」サロン


このサロンをわかりやすく説明するときに、理解されやすいと考えたのは「実名版ヤフーファイナンス掲示板」です。

参加人数や、運営年数の長さによって変動するかとは思いますが、このサロンでは上場企業ごとのスレッドを立てることを想定しています。

サイバーエージェントスレッドや、DeNAスレッド、Facebookスレッドや、Netflixスレッドなどを立てていきます。

長い期間運営していくと、個別企業スレッドはその企業に対してサロンメンバーがどういった見解を持っていたかが時系列でわかり、個別企業に対してどういった認知が形成されていくかという歴史を学べるコンテンツにもなるかと思います。

サロン開設当初は、実名版ヤフーファイナンス掲示板を志向しますが、発展系としてはネット企業分析に特化したブティックファームのような形態を目指します。

特に、小型株に関してはアナリストのカバーも及ばないため、彼らのカバーが始まるより前に、本サロンの調査や分析を世に出すと、独自の価値を生み出すと考えています。

最大で300銘柄ほどのスレッドが立つ可能性がございますが、当初は数十銘柄からの開始を想定しています。

サロンの内容の一部は公開しても差し支えない形に加工して、TheStartupなどの無料メディアで定期的に公開する予定です。


ご挨拶


こんにちは。TheStartupの梅木です。

通常、「ご挨拶」から始めるのが筋ですが、コンセプトを先にご説明させていただきました。

私は2011年から日本国内のスタートアップの話を中心としたメディア「TheStartup」を運営し、そこから資金調達情報とそのデータベース、およびIPO分析のみを切り出して、「ウメキワークス」という月額マガジンを2016年から提供しています。

しかしながら、上場企業分析に関しては、TheStartupで時折触れてきたものの、コンテンツの主軸としては扱ってきませんでした。

インターネット企業は、日本でもマザーズを中心にIPOが増えていますが、米国でもナスダックを中心に今後増加が見込まれています。

世界の時価総額の上位を、GAFA(グーグル・アップル・フェイスブック・アマゾン)などが占める中で、日本のみならず米国のインターネット企業について、もっと積極的に学ぶ必要が高まっていくと想定しております


本サロンでは「日米中のインターネット銘柄の上場企業」に特化した議論を展開していきたいと思います。


私から一方的にスレッドで論点を示すのではなく、私の分析手法も紹介しつつ、サロンメンバーの皆さんにも分析手法を身に付けていただきたいと考えています。

実際に、希望する方には個別企業の分析をお願いし、それに対して他メンバーや私からフィードバックがある場を目指しています。

私自身、金融機関の出身でもないため、企業分析手法は完全なる独学です。ゆえに、多少の粗もあるかとは思います。私から一方的に分析手法を教える場を想定しておりませんので、その点もご了承いただき、「勉強会」のような場だとご理解いただけますと幸いです。

私も不完全ですので、皆さまからの教えもいただきつつ、個別企業について議論をしやすい場の提供に務めていきます。


こんな人におすすめ



ネット企業の分析に関心のある方。その中でも2種類の方の参加を想定しています。


1:自らも分析力を身に付けたい方


サロン内で担当銘柄を持っていただき、担当銘柄に関するスレッドを立てていただきます。


サロンメンバーの分析に対し、私や他サロンメンバーからのコメント欄でのフィードバックを経て、分析能力を上げたり、銘柄に対する認識を深めていただけますと幸いです。


2:他のメンバーの分析を見ているだけの方


本サロンでは、いわゆる「ROM(リードオンリーメンバー)」も歓迎としますが、自分で担当銘柄を持ち、スレッドを立てないまでも、コメントなどでサロンに価値を提供することを推奨します。 




提供内容


1:個別企業ごとのスレッドを元に、意見交換をしていく


2:個別企業は関係なく、セクターごとの見通しなど個別企業論からやや抽象化したスレッドでの議論


3:サロン内で人気がある個別銘柄について、語り合うイベントの実施


4:サロンオーナーの主催以外にも、メンバー同士でのイベントを実施は歓迎




入会後は、必ず「自己紹介」をお願いします



少人数サロンのため「自己紹介」を必須とさせていただきます。審査も兼ねており、議論し合う仲間をお互いに認知できればと思います。


注意事項にも記載がございますが、Facebookのプロフィール写真の設定が必須(動物や風景はNG)、勤務先もできればプロフフィールに記載ください。


事情があって設定できない方は、サロンの中での自己紹介時には勤務先を明示ください。下記が想定フォーマットです。



【自己紹介名・勤務先・年齢】


1:ネット企業分析サロンに入った理由

2:希望担当銘柄(ROM専希望の場合は、ROMと記載)

3:意気込みなど


希望担当銘柄は、その銘柄について、可能な範囲で継続的にウォッチいただき、議論をリードする役割を期待したいと考えています。

 


☆例 【梅木雄平・TheStartup・33歳】


1:一人で分析しているより、他の人にツッコミを入れてもらいながら議論した方が、学びが深まると思ったため。


2:スタートトゥデイ、Match.com、Spotify


3:皆さんとの議論を通して、分析力をあげたいです!宜しくお願い致します!



目指すカルチャー


多くのサロンメンバーが、スレを立てたりコメントし合うことで、企業分析に対する知見を高め、結果的に株式投資の参考になる考え方を養える場を育むことを考えています。


よって、個別企業に対して積極的に自らの考えを開示していくメンバーが讃えられる場を目指します。



目安サロン会員数


50名前後。


比較較的高単価、ディープな内容が含まれるため、数百人規模での運用は想定しておりません。



神枠の参加者の方々



上原仁氏(マイネットCEO)
有安伸宏氏(Tokyo founders fund)
大冨智弘氏(馬主)


特典


サロンメンバーはご希望があれば、主に日本のネット株の月次時価総額推移のデータをgoogle docsで共有します。


2017年後半からは米国株式のカバーも増やしています。ウメキワークスに入っているデータですが、それをこちら向けに切り出します。


希望者は「時価総額データ希望」という旨で、梅木宛にFacebookメッセージをお送りください。


領収書の発行も可能です!


企業勤めの方や、経営者の方!スキルアップのために、このサロンをご利用いただき、「領収書」で経費計上も可能です。


お客様情報ページ内の「購入履歴」から印刷が可能です。


参考URLはこちら



注意事項



☆1:実名制を売りにするサロンのため、Facebookで勤務先やプロフィールに顔写真の設定がない方は、入会審査でお断りさせていただく場合がございます。


様々な事情があるかとは思いますが、「勤務先」か「プロフィール写真」いずれかはマストとさせていただきますが、サロン内では「自己紹介」を必ずお願いするため、自己紹介で勤務先の明示はお願いいたします。


☆2:上場企業経営者や上場企業社員のご参加も歓迎いたしますが、自身が所属する企業に関してのコメントなどは、インサイダー取引を疑われかねないため、細心の注意をお願いいたします。


もし、私やサロンメンバーから質問があった場合は、公開情報の範囲内でご回答いただけますと幸いです。


☆3:サロン内の内容をコピペなので流用することは厳禁ですが、サロンオーナーはコメント者が誰かわからないようにしたり、スレッドとコメントの内容を抽象化して無料記事で紹介する場合があります。


サロン内でどんな議論をしているのか、入会希望者の参考にしてもらうためという意図があります。サンプルのようなものです。


☆4:本サロンはあくまで個別企業についての意見交換をする勉強会的な場であり、サロンオーナーからの個別銘柄に対する投資勧誘や推奨はございません。


サンプル)スレッド例:サイバーエージェント


【個別企業:サイバーエージェント】

時価総額:8,382億円(2018.6.16時点)
 
☆実績値(2017/9月期)
売上:3,713億円
営業利益:307億円
当期利益:40億円


☆来期予想
売上:4,200億円
営業利益:300億円
当期利益:50億円
PER:166倍

https://www.cyberagent.co.jp/ir/strategy/plan/

☆セグメント別営業利益予想()内は2Q進捗率
広告:210億円(57%)
ゲーム:260億円(55%)
メディア:30億円(48%)
先行投資:200億円(45%)



☆梅木の見解

PER:実効税率がやけに高いので、PERでの判断は妥当ではない。

仮に先行投資の200億円がゼロだと営業利益は500億円となり、実効税率40%と仮定すると当期利益300億円。

そうなるとPERは27.6倍で「メディア企業カウント」すると株価は特段割高ではない。

重要な論点は二つで


1:サイバーエージェントをメディア企業と見るのか

全社の営業利益に対するセグメント別比率を見ると
広告:42%
ゲーム:52%
メディア:6%

となり、メディアはAmebaTVを仕込み中とはいえ、利益を出しているのは広告とゲームであり、全社営業利益に対して6%しか貢献のないメディア事業を持ってして「メディアセクター」と言い張るのは、やや厳しい印象がある。

しかし、それをAmebaTVへのコミットなど、上手いIRで株式市場からは「メディア企業」的な認知を形成することに成功しており、株式市場ではメディア企業と認知されている。と考える。

なお、ゲーム銘柄、広告代理店銘柄と見られた場合は、上述の「先行投資ゼロの場合のPER27.6倍」だと割高となる。

ゲームセクターは10倍前後、広告代理店は10-20倍程度に収まることが多い。

現時点の企業価値は、AmebaTVへの期待によるプレミアムが半分くらい乗っていると想定でき、AbemaTV抜きでの企業価値は5,000億円前後が妥当と考える。


2:AmebaTVはどうなるのか

株式市場とのコミュニケーションから「メディア企業」と認知されることに成功しているが、AmebaTVが広告やゲームを超えるドル箱に成長するかが、今後数年の鍵となる。

動画サービスはサブスクでNetflixが業績も株価も絶好調だが、課金モデルで成功している。AbemaTVはどちらかというと課金より広告にマネタイズの軸があるように思える。

一部有識者の間では、コンテンツ制作費がNetflixやAmazonほど確保できず、課金ユーザー数を伸ばしたい場合は、コンテンツの質で勝てないので、難しいのではないかと思われる。

また、サイバーエージェントの企業文化および事業内容的に、売れる自社メディアを持って、自社の広告代理店部門が拡販(もしくは独占販売)するモデルに適している。

日本国内のTV広告費の何割をリプレイスできるかにかかってくるといえる。

日本のTVCM市場は2兆円規模であり、テレビ東京の直近売上で約1,500億円。シェアは7.5%。

この数字から見ると、AbemaTVだけで将来的に売上500-1,000億円を作ることは、市場規模から逆算すると、可能なのかもしれない。

その際の、メディア事業の営業利益率は40%程度になれば、メディア事業のみで営業利益400億円などを生み出すことも、アップサイドとしては可能。

AbemaTV成功時のアップサイドを見越して、機関投資家が長期で入ってきやすいのかもしれない。


☆結論

現在のサイバーエージェントは株式市場では、AbemaTVへの期待感で株価が上昇しており、出来高も増えているので「グロース株」に分類できそうである。

皆さんは、AbemaTVの成功確度や成功の定義、今後株価がどう変動するかなどどう思われますか?コメントいただけますと幸いです。

入会条件・注意事項

 
                                           
・サロン入会申込完了後、Facebookグループへの申請を行ってください。
なお、当該Facebookグループの承認には2~3営業日ほどお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。

・Facebookアカウントについて、「明らかに実名でない」「友達がいない」
「プロフィールが全く明記されていない」など、アクティブなアカウントでない
と判断した場合、入会をお断りさせていただくことがあります。

・サロン内の内容や、オーナーが発信する内容について、サロン外(口外、SNS等を含む全てのメディア・媒体)へ転記することを禁止致します。 ・他の利用者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為を禁止致します。
※上記禁止事項が認められた際は、強制退会扱いとさせて頂く場合がございますのでご了承ください。

・オンラインサロンに関してのヘルプページはこちらです。
ご不明点などありましたらこちらをご覧ください。
http://help.dmm.com/-/list/=/mid=539/

オンラインサロンの中がちょビット見れちゃう! DMM オンラインサロン Blog ちょビット覗いてみる
人気講師が多数在籍中 DMM.com 本気で講師を派遣します! DMM講演依頼 詳しくはこちら
totop