TOP
検索

第1期 サロンメンバー募集中!

39募集:50人

1,918円 /1ヶ月

入会する

利用規約に同意の上、入会する

オーナープロフィール

中嶋 雄士(Yushi Nakashima)

大学卒業後インターナショナルニートに。その後世界一過酷と言われるサハラマラソン250kmを走破し、その経験をきっかけに就職を決意。

TIS株式会社で銀行系のシステム保守に3年間従事する。

会社員時代もサハラマラソンで出会った言葉「ノータイムポチ」(直感をもとに即決すること)を信念に

UC少額奨学金制度の設立や、世界初の例のプールパーリーを主催、会社員の可能性に挑み続けた。

現在はエストニアでTORIAEZU OÜを創業。"Empower your TORIAEZU mind"を理念とし、世界の「とりあえず」の声を形にする支援をしている。


活動内容はFacebookで発信しています。

お気軽にフォローお願いします。


ライフストーリはこちら

https://toriaezu.ee/home/introduction

オーナーからのお知らせ

  • 2018年07月19日 第1期の募集を開始しました。

電子国家 エストニア研究会

中嶋 雄士(Yushi Nakashima)

コンテンツ一覧はこちら

オンラインサロン詳細

概要

電子国家として注目されているエストニアをテーマに、情報提供・交換を目的とした視聴者参加型のコミュニティです。

主に起業家、スタートアップやIT関連に興味がある方が対象です。

移住や多拠点生活に興味がある方も大歓迎です。


ご挨拶と自己紹介

はじめまして。 中嶋雄士と申します。名前が雄士なのでよく、UCと呼ばれます。

取り柄はとりあえずなんでもやってみること。 自分の直感を信じ、即決即行動を信念に生きています。

私は今年の2月にこのエストニアに「TORIAEZU OÜ」と言う株式会社を設立し、3月から住居をこちらに移し生活しています。


エストニアについて

人口130万人というこの小さい国。なぜ今注目されているのか。

それはこの国の「スタートアップマインド」にあります。

1991年にソ連から再独立して以来、エストニアは特にICTに力を入れてきました。

世界の他で例を見ない挑戦を続けた結果、現在は政府系の手続きの99%が電子化されています。

起業も17分でできるほどです。


この挑戦を続ける国は、実際に「ヨーロッパ1の起業大国」となりました。


どんなサロンなのか、なぜ作るのか

私がエストニアに魅力を感じたように、今エストニアは多くの人に注目されています。

しかしながら、「日本では実際どのようなエストニア情報が求められていて、現地でしか感じられない事は何なのか」

既に現地の生活に溶け込んでしまった私には、日本に住んでいる皆様に「なにを提供することを求められているか。」を再度理解し直す必要があると思いました。

そこでこのサロンの設立に至りました。


このサロンでは、2週間に一度のペースで1回30分のオンラインでにエストニアに関する情報提供・交換をします。

テーマは参加者から募集し、その中から投票や私の主観により決定、

次のweb配信までに私が現地調査+そのテーマに沿ったゲストをお呼びすることを継続して行います。


会員になって頂くと、「電子国家エストニア研究会」のFacebookページに招待します。

このページは、実際にエストニアで活躍する起業家や、世界で活躍するサポートメンバーとして入って頂き、実際に交流が取れる場になっています。

※配信動画等は私が通訳しますが、エストニア人メンバーとの交流は基本英語です

現在のサポートメンバーを紹介いたします。

 【サポートメンバー】
No.1:Alvar
エストニアの連続起業家。好奇心の幅が広すぎる彼は、ヨーロッパのビジネス/技術ニュース配信を担当。 

No.2:Marko
日本人妻を持つ心は日本人のエストニア人。エストニア文化発信担当。

No.3:クーちゃん
日本語ペラペラエストニア人。エストニア語、日本語教室担当。 

No.4:伊藤さん
日本初のコワーキングスペースを作った好奇心がとまらない最年長サポーター。移動と働き方をテーマに自由な配信担当。

No.5:和田さん
LINE Fukuokaの開発センター 副センター長。エストニアに興味津々。日本のITやスタートアップ事情を配信担当。

No.6:佐谷さん
パクチーを日本に広めたブランディングの天才。世界にTORIAEZUと言う言葉が理解してもらえるような配信をとりあえず担当。

No.7:リッキー
写真家、ゲストハウス運営、旅人など複数の顔を持つグルメな人。一目で分かる日本文化コラムを発信担当。

No.8:Virgo
エストニアのスタートアップ「Thorgate」のCTO。エストニアのIT/スタートアップ事情を配信担当。

彼らも週に一度のペースで自らのコラムを投稿してくれることになっています。

また、他にも面白いな〜と思う人には声をかけて、ゲリラゲストになって記事を書いてもらったりもしています。

エストニア情報以上のことを得られる、またとない機会です!


そして私UCは、毎日スタートアップ企業の紹介を行なっています。

また、サロンの月額は1,918円。
これはエストニアの独立年で、私は今年で100周年となるエストニアを一緒に祝いたく思い、この価格設定にしました。
沢山の人に、私が住んでいる大好きな国、エストニアのことを知って欲しいと思っていますので、
サロン内で公開した内容も、出典明記であれば転載して良いように各サポートメンバーにも了承頂いています。


このサロンで得られること

このコミュニティはエストニアを中心とした海外でのビジネス展開に興味がある方、 また、海外に住む・働くことに興味がある方の交流の場です。

エストニアに特化すると、以下のような情報を提供することができます。 (※ただし、紹介する対象者は厳選させて頂きます)

・政府の取組の説明

・起業に際した注意点の共有

・現地のスタートアップ企業情報

・日本企業への買収を希望している企業の紹介

・日本進出を目論見ているスタートアップ企業の紹介

・現地開催のカンファレンスや勉強会内容の共有

・移住の注意点 ・現地で求められている人材


『UCがエストニアにいるならオフ会がなくて残念ではないか!』と言われてしまいそうですが、あるのです。

しかも、少なくとも月一のペースであります。

詳しくはサロン会員にお知らせしますが、私が開催している「全世界多拠点オンオフ飲み会」に招待します。


また、半年に一度の帰国の際には、「エストニア砂漠」と称したクローズドなオフ会にご参加いただけます。

3の倍数月には、希望者にエストニアポストカードに手書きメッセージを添えてお送りします。


サロン利用にあたってのお願い

このコミュニティは参加者全員の参加する意思行動によって面白さを加速させていこうとしています。

□自分の意見を積極的に発言できる

□他者の意見を受け入れ、リアクションをすることができる

上記のことを実行できる方のみ、入会をお願いいたします。


また、サロン入会後には、参加目的やサロンルールの確認を行うために、個別で15分ほどのweb電話をさせていただきます。

お手数おかけしますが、宜しくお願いいたします。


最後に

「未来を予測する最良の方法は、それを発明してしまうことだ」

かつてアラン・ケイが言った言葉です。


私も、この世界がどうなっていくかをただ単に予測する側ではなく、創り上げていく側でいたいです。
それを可能にするためにも、自国を知り、そして外国に目を向け学んでいく必要があると思います。
当サロンがその学びのきっかけになれば嬉しく思います。
ご参加、心よりお待ちしております。



コンテンツ一覧

入会条件・注意事項

<会員登録募集期間中に登録の方への注意事項>

会員登録募集期間中は、いつお申し込みいただいても、2018年8月1日が決済日となります。

8月1日までは無料でサロンを楽しみいただけます

ご登録が確認でき次第、専用のFacebookグループの参加承認をさせていただきます。(参加承認までに、2-3営業日お時間をいただく場合もございます)

※なお、決済登録情報不備などにより、決済に失敗された場合は、8月1日以降、Facebookグループから退会となりますので、ご了承ください。


<注意事項>

・サロン入会申込完了後、Facebookグループへの申請を行ってください。
なお、当該Facebookグループの承認には2~3営業日ほどお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。

・Facebookアカウントについて、「明らかに実名でない」「友達がいない」
「プロフィールが全く明記されていない」など、アクティブなアカウントでない
と判断した場合、入会をお断りさせていただくことがあります。

・他の利用者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為を禁止致します。

※上記禁止事項が認められた際は、強制退会扱いとさせて頂く場合がございますのでご了承ください。

・オンラインサロンに関してのヘルプページはこちらです。
ご不明点などありましたらこちらをご覧ください。
http://help.dmm.com/-/list/=/mid=539/

オンラインサロンの中がちょビット見れちゃう! DMM オンラインサロン Blog ちょビット覗いてみる
人気講師が多数在籍中 DMM.com 本気で講師を派遣します! DMM講演依頼 詳しくはこちら
totop