JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

閉じる

閉じる

このオンラインサロンを利用するには、Facebookアカウントが必要です。

初めてDMMをご利用の方

※DMMの会員登録も同時に行います。

DMMで新規登録する

※後でFacebookで連携が必要となります。

既にDMMアカウントをお持ちの方

現代アート 徹底研究

タグボートによる会員制コミュニケーションサロン。現代アートのマーケットやコレクションについて学ぶことができる。コレクターやアーティストなど現代アートについて関心のある人が集まり、交流し、新しい価値を生み出す場である。
徳光 健治
現代アート 徹底研究

概要

株式会社タグボートによる会員制コミュニケーションサロンです。

主にFacebookグループの中でメンバーは現代アートのマーケットやコレクションについてなどアートに関する様々な情報を学ぶことができます。

アートについてよく分からないけど、コレクションを始めたい人、すでにコレクションを始めているが具体的にどのような作品を買えばよいか知りたい人、アーティストとして活動しているがコレクターの生の声を聴きたい人、アートをビジネスとして始めたい人たちが集い、交流し、日本に新しいアートのマーケットを生み出していく場です。




タグボート代表 徳光健治からのメッセージ


タグボートのオンラインサロンが目指す姿とは



「一人でも多くのアーティストが食べていける未来を作る」

 

創造することは、管理したり、整理したりすることよりもずっと重要で、合理的なビジネスライクな考え方を抜きに新しい世界を開いてくれます。

それは、現在の閉そく感をわかりやすく解き明かし伝える手段かもしれないし、まだ見たこともないものを現実に目の当たりにできることかもしれません。 


これまで見たこともないクリエイティブは我々をワクワクさせるし、創造する人間の能力をとどめることなく引き伸ばすことができるのです。 

本来人間はこのような「創造」をする生き物として生まれたにも関わらず、そのような活動を職業として従事している人は少ないのが事実です。 


アーティストを支援することは創造する人を増やすことなのです。 


自ら作るか、または作る人を応援するか。

そのどちらかにいる人がこのサロンに入ってもらいたいと思っています。 


支援とはいっても、気持ちのエールを送るだけではアーティストは食べていくことはできません。 

創造の世界を作るということは、そこに金銭を介した市場が作られ、それによって人が生活をするということです。 

もちろん、そこにはお金を支払った人にも最終的な利益が出ることが前提とされており、すべてのプレイヤーがWIN-WINになることが望まれます。 


この理想郷を作り上げることは簡単なことではありません。 

すでにある程度の市場を作っている米国の事例や、成長著しい中国の事例を見ていくとともに、それが日本の市場でどのように適用できるかを考えていきます。 

最終的には、日本のアーティストが食べていけるため、欧米を超えるアート市場大国とするための処方箋を書くと同時にそれを実践的に行動していくのです。

言うは易しですが、行動し続けることは難しく、さらにはそれを成功へと結びつけるのは至難の業です。 


しかしながら、難易度が高いからこそ遣り甲斐があるのです。 

我々だけの力だけではどうにもならないことも分かっていますので、このサロンに集まる人の英知を借りながら進んでいけば、アーティストが食べていける未来が作れると強く信じています。


このサロンでは、我々が進む未来に対しアドバイスを頂いたり、一緒にプロジェクトを進めたり、または少し遠くから見届けてもらえればありがたいと思います。


 現代アート 徹底研究はこんなところ

現代アート 徹底研究は株式会社タグボートのスタッフが運営しますが、実際に我々スタッフが国内外のアートフェアやギャラリーに足を運んで知ることのできる情報を提供する学びの場です。

受動的に情報を得るだけではなく会員メンバーからの能動的なコミュニケーションを重視しております。

中身は毎週のレポートでの情報で会員限定的なものとなっておりますが、株式会社タグボートという会社オンラインギャラリーならではのメリットとして割引販売、限定作品の販売、事前購入予約、必要な方には個別のコレクション指南(別途有料)など、さまざまなお得なサービスが満載しております。



コンテンツ

<オンライン>

・株式会社タグボートによる投稿、依頼、直接の交流

・アート業界のゲストのトークショーの動画、インタビューコンテンツ

・アーティストファンページ参加

・タグボートでの購入作品の10%キャッシュバック(2018年10月8日 - 12月31日まで限定)

・限定作品の販売、事前購入予約


<オフライン>

・1、2か月に1回の定例イベント(トーク+懇親会)

・不定期交流会(オフ会)

・不定期ミニ勉強会

・各種イベント無料招待参加

・必要な方には個別のコレクション指南(別途有料)

・その他会員優待多数 





レポートの例

・美術史から読み解くアートの基礎知識

・世界(米国、台湾、シンガポール、中国)などの地域別アート市場の現在

・アートのコレクション指南

・アートをビジネスにする

・現代アートのトレンドを海外の事例から読み取っていく

・アートの価値とは何かを解き明かす


こんな方におすすめ

・アートのコレクションを始めたい

・アーティストとして外の活動を知りたい

・最新の現代アートの情報収集にはげみたい

・現代アートの新しい経験、体験をしてみたい

・アート関連の仲間を増やしたい

・アートマーケットに興味がある

・とにかくいろんなアートを多く見てみたい

・アートの価値観の合った仲間と楽しみたい