JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

閉じる

閉じる

初めてDMMをご利用の方

DMMで新規登録する

既にDMMアカウントをお持ちの方

プロチャリ 〜新しいチャリティーの形をみんなで創る〜

このサロンでは、 少数のチャリティー意識から多くのチャリティー意識を広める仕組み(文化)を創っていきます。 しかも楽しみながら。 1人が1億円寄付するよりも、100万人で1億円寄付する世の中の方がなんかよくないですか?
大嵜祥平
プロチャリ 〜新しいチャリティーの形をみんなで創る〜

現在、会員登録募集期間中!

いつお申し込みいただいても、2018年12月3日が課金日となり、決済完了後サロン内に入会可能となります。
ただし、定員になり次第、募集は終了いたします。


※なお、登録情報不備などにより、決済が失敗された場合は、コンテンツ配信スタート日より入会が遅れてしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。


共有したい「想い」

この「プロチャリ」オンラインサロンでは、
社会問題解決のプラットフォームを目指します。


また、ここでの「チャリティー」の定義は、
「善い想いが基となった善い活動」です。


簡単に言うと、
この「みんなで楽しみながら善い事をしようぜ!」です。


・少数の力では変えられない現状でも、
 もっともっと多くの人が助け合えば大きな力となって世界も変えられる。


・大きな力を生むには、人だけじゃなく、お金も必要なので、
 動く方はお金も稼ぐ仕組みを作っていきます。
 ※だって、世のため・人のために動いてお金をもらうって
  1番自然なことですよね?


・善いことするならまず自分が楽しもう!
 動いてる人が楽しんでなければ、他の人は「自分もやりたい!」
 なんて思えないですよね。
 楽しめないなら楽しめるように変えてしまいましょう!


・誰と動くかを考え、平等で何一つ隠す必要のない人間関係を築く

これからの時代は「共感」で動く時代になると考えています。

向かっていく方向が違う人と一緒に動いても、おそらくうまくいかないことの方が多いと思います。

逆に、共感できる方と一緒に動くことは、お互いの考えも批判することなく理解でき、

平等で何一つ隠す必要のない人間関係を築くことができます。

※おそらくこのサロンに興味を持つ方は、大きな方向性は同じ方だと思います。



という想いでオンラインサロンを立ち上げます。


そして、

自ら何かを変えたいという強い想いがある方は、

ここをキッカケにして各メンバーが自分の活動に特化したオンラインサロンを立ち上げて

いただきたいと思っています。



プロジェクト

・リモートワーク2.0

・やさしいことば協会

・プロチャリイベント

・劇団恩読部

・ピンクリボン啓蒙活動

・被災地支援

など、
社会を善くしたいという想いからの活動や、
楽しいことをしたいという想いからの活動+チャリティー要素

をサロン内でどんどん生み出していきます。



(オンライン)
・各現場で動かれている方の生の声を発信
・ある特定の問題に対して無料のチャリティーイベント企画
・     〃     プロジェクト企画、立ち上げ
・協賛金、スポンサー集め(クラウドファンディングも活用)
・集まったお金の使い道を企画
・活動報告
・オンラインサロンの立上げサポート
・クラウドファンディングの立上げサポート
(今後)
・有償でのプロボランティア仕事発注

を基本サイクルとして、

少数のチャリティー意識から多くの方のチャリティー意識へ繋げる
活動を日本の文化にします。

(オフライン)
・イベント開催
・各種活動
・現場を実際に体感する機会の提供
・オフ会、交流会
・勉強会


壊したい既成概念

(否定ではなく、これからの時代の選択肢を1つ増やします)

・ボランティア=無償、奉仕  
→ボランティア=無償(ボランティアという名を用いた善意の搾取はしない)or有償
 ※プロボランティアを職業にすることを目指します。

・支援活動=楽しんだり、何かのついでにやるということは不謹慎
→支援活動=まず自分が楽しむ、他の目的のついでに活動もOK
 ※役割を明確にし、想いを持った方が自分にできることを無理なくできる環境を整える

・チャリティーイベント=イベント収益(経費を差し引いた)をどこかの団体に寄付
→チャリティーイベント=支援目的を定めた上で無料イベントを開催。
楽しんだ分の寄付、売り上げた分から一部寄付をお願いし、集まった全額をイベント目的に決めた支援活動費として使用します。
具体的な活動内容は実際に現場で活動している方と打合せを行い決定します。


イベント運営費用はスポンサー協賛費等(こちらも新しいお金の生み出し方を作ります)から全て捻出しそこから利益も出します。

・集まったお金使い道の報告=支援団体に寄付しましたで終了(その先はブラックボックス)
 →何にいくら使ったかを活動報告

・チャリティー事業=非営利、主にNPO法人が行う
→チャリティー事業=営利事業、株式会社が営利目的で行う

などなど、
一緒に新しい考え方、選択肢を増やしていきましょう。


プロチャリイベント

・第1回 8月26日(土) 「地球を救うBBQ」    (発案から1ヶ月で開催)



・第2回 11月10日(土)「チャリティーフードシネマ」 (企画から2ヶ月で開催)