ヘルプ

「アフターコロナ」のファンエンゲージメントを考える

テキスト

「アフターコロナ」のファンエンゲージメントを考える
◆サロン紹介
新型コロナウイルスの感染拡大でスポーツ界がシーズン中断を余儀なくされてから早いもので約1年が経過した。ワクチンが開発されたとはいえ、一般人が接種できるまでには数か月を要することから、満員の観客を迎えるにはまだ時間がかかることが予想される。熱狂を生む舞台装置としてのスタジアム・アリーナが機能しなくなったこの12か月、来場消費の消失はファンの全般的な消費意欲にも少なくない影響を与えている。米国では、多くのスポーツでテレビ視聴者数が大幅に減少しており、ファンエンゲージメントの再構築が求められている。
今回のサロンでは、2012年の球界参入以降、新たなファンエンゲージメントの構築により観客動員数を大幅に伸ばすことに成功した横浜DeNAベイスターズから木村洋太取締役副社長をゲストにお迎えし、来るべき「アフターコロナ」フェーズにおける顧客育成の在り方を考えてみたい。ベイスターズは昨年、コロナ禍にあっても「バーチャルハマスタ」や「BALLPARK FANTASIA」の実施など新たな顧客接点を模索したり、神奈川県や複数テック企業らと人数制限緩和に向けた技術実証を進めるなど、スポーツ通常開催に向けたペースセッターとしてリーダーシップを発揮している。コロナが過ぎ去った近未来のスポーツ組織に求められる顧客創造の在り方について、変えるべき考え方や守るべき本質について、日米の事例を交えながら木村副社長と議論してみたい。

◆サロン概要
日程:2021年3月19日(金) 20:00~22:00
ツール:Zoom ウェビナー
※後日THE BASE会員様にアーカイブ配信を予定しております。



◆登壇者プロフィール
ゲスト:木村洋太 (きむらようた)氏
横浜DeNAベイスターズ副社長
2007年東京大学工学系研究科航空宇宙工学専攻修士課程修了。米系経営戦略コンサルティングファームBain and Company東京支社に入社。2012年 株式会社横浜DeNAベイスターズに入社。事業本部チケット営業部部長、経営戦略・IT戦略部部長、執行役員事業本部本部長等を歴任。2019年3月より取締役副社長。
SBA理事:鈴木友也(すずきともや)氏
トランスインサイト株式会社(NY法人)代表
一橋大学法学部卒業 /マサチュセッツ大学アムハースト校大学院修了(スポーツ経営学)
▽主な経歴
ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表 。一橋大学法学部卒業後、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)を経て、 米マサチューセッツ州立大学アムハースト校スポーツ経営大学院に留学(スポーツ経営学修士)。 日本のスポーツ関連組織、民間企業、メディア、教育機関などに対して コンサルティング活動を展開。日経へのコラム寄稿多数。高校まで野球、大学ではアメリカンフットボールをプレー。 2008年にNYで日本人によるフラッグフットボールチーム「侍ジャイアンツ」を設立し、現地リーグに参戦してアメリカ人相手に闘志を燃やす。

続きを表示するには、入会が必要です

スポーツビジネスアカデミー | THE BASE

販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧可 詳細はこちら

1,000円/1ヶ月

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

オンラインサロン情報

スポーツビジネスアカデミー | THE BASE

1,000円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

スポーツビジネスの第一線で活躍しているスポーツビジネスアカデミー(SBA)の理事4人が集結。様々なフィールドのプロフェッショナル、スペシャリストとともにスポーツ産業の変革を本気で実現したい方のためのオンラインサロンです。

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る