ヘルプ

東京2020のあとに何を残すか〜ホッケーの現状から学ぶ~

テキスト

東京2020のあとに何を残すか〜ホッケーの現状から学ぶ~

東京2020のあとに何を残すか〜ホッケーの現状から学ぶ~

【会員限定サロン】2019年10月3日(木)19:00〜

Guest: 坂本幼樹 氏 /日本ホッケー協会 事務局長


五輪後のレガシーという言葉が軽く使われがちな中、五輪をレバレッジとして何を実現し、何を残すかについて真摯に向き合い、結果を出しつつある日本ホッケー協会。


日本ではまだマイナースポーツの部類でありながら、8月の五輪テストイベント、そして同時に開催したHockey Familyの集いに多くの人を集め、五輪に向けて勢いを増しつつある。

内紛その他ガバナンス上の問題を抱えていた時代を経て、日本トップリーグ連携機構の川淵三郎会長を中心としたサポートをもとに、改革を進めつつある日本ホッケー協会の姿は、東京2020のあとに何を残すかを考えるにあたって、学ぶべき多くの好材料を提供してくれるといえる。

今回は、そんな日本ホッケー協会の坂本幼樹事務局長をお招きし、日本ホッケーの現在地とポスト2020に向けての取り組み、そして五輪が果たすべき役割とは何かについての議論を行うこととしたい。

■開催概要
日程: 2019年10月3日(木) 19:00-22:00
会場: Library THE BASE(大門)
住所: 東京都港区 芝公園2-3-3 寺田ビル6F
※参加費無料(THE BASE会員のみ)

お申込にはTHE BASE会員登録(初月無料)が必要です。
会員登録はこちら

オンラインサロン情報

スポーツビジネスアカデミー | THE BASE

スポーツビジネスアカデミー | THE BASE

1,000円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

スポーツビジネスの第一線で活躍しているスポーツビジネスアカデミー(SBA)の理事4人が集結。様々なフィールドのプロフェッショナル、スペシャリストとともにスポーツ産業の変革を本気で実現したい方のためのオンラインサロンです。
運営ツール
Facebook

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る