ヘルプ

日米の球団買収劇から見る球団評価やオーナーシップの違い

テキスト

日米の球団買収劇から見る球団評価やオーナーシップの違い

日米の球団買収劇から見る球団評価やオーナーシップの違い


【会員限定サロン】2019年10月18日(金)19:00〜
鈴木友也 氏 / トランスインサイト株式会社 代表・SBA理事

2019年7月、メルカリが日本製鉄などが所有する鹿島アントラーズの株式(61.6%相当分)を約16億円で取得して経営権を手にしたことが話題になりました。楽天やDeNAなどに続いてネット企業がプロスポーツ球団を買収したこともさることながら、買収額が破格に安いことも大きな話題になりました。

一方、つい先日、アリババの創業者の蔡崇信(ジョゼフ・ツァイ)副会長がNBAブルックリン・ネッツの完全買収を完了させました。球団買収に投じた金額はアリーナも含めて34億ドル超、球団買収額だけでも23億ドルを超える金額になりました。2012年のブルックリン移転の際に球団を買収したミハイル・プロホロフ氏が投じたのは2億ドルとされており、たった8年の球団保有で事業価値が17倍になった計算です。

観客席で閑古鳥が鳴いていたニュージャージー・ネッツ時代を知っている一人として、この買収額には驚きを禁じ得ません。なぜ米国の球団買収では金額がこのような巨額なディールになるんでしょうか?なぜ、日本はそうならないのでしょうか?日米の球団オーナーシップや経営手法の違い、事業評価の視点の違いなど、多様な観点から球団買収についてサロンメンバーを意見交換してみたいと思います。興味がある方は是非ご参加下さい。


■開催概要
日程: 2019年10月18日(木) 19:00-22:00
会場: @都内港区付近
*参加費無料(THE BASE会員のみ)

※ライブ配信あり(Facebook live)
会員の方は配信動画をご視聴いただけます。

お申込にはTHE BASE会員登録(初月無料)が必要です。
会員登録はこちら

オンラインサロン情報

スポーツビジネスアカデミー | THE BASE

スポーツビジネスアカデミー | THE BASE

1,000円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

スポーツビジネスの第一線で活躍しているスポーツビジネスアカデミー(SBA)の理事4人が集結。様々なフィールドのプロフェッショナル、スペシャリストとともにスポーツ産業の変革を本気で実現したい方のためのオンラインサロンです。
運営ツール
Facebook

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る