ヘルプ

デジタル遺品の現実と対策

動画

デジタル遺品の現実と対策

講義内容

デジタル遺品とは、故人が生前に利用していたパソコンや

スマートフォンなどデジタル機器の中に残したデータのことです。
財産や個人情報がデジタルで残ることが当たり前になっている現在は、
遺品としてのデジタル資産にも対応しなければなりません。
今後もデジタル遺品にまつわる相談やトラブルは増加していくことが予想されます。
デジタル遺品の現状と対策を知ることで、相続のプロが何をすべきかクリアにします。

講師紹介

古田 雄介 教授

1977年、愛知県生まれ。

フリーのジャーナリストで、デジタル遺品を考える会代表。

2010年から故人のサイトやデジタル遺品に関する調査を始める。

主な著書に

『スマホの中身も「遺品」です』(中公新書ラクレ/2020年)

『ここが知りたい! デジタル遺品』(技術評論社/2017年)

『故人サイト』(社会評論社/2015年)など。

https://www.ysk-furuta.com/

続きを表示するには、入会が必要です

笑顔相続アカデミー

プラン名 販売価格 入会料金 入会/詳細
月会費プラン 入会後無料
※退会後閲覧可 詳細はこちら

5,500円/1ヶ月

入会する
年会費プラン 入会後無料
※退会後閲覧可 詳細はこちら

55,000円/1年

サロン詳細へ

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

サロンに入会せず続きを見る

販売価格 入会/詳細
2,200円

購入する

オンラインサロン情報

笑顔相続アカデミー

笑顔相続アカデミー

5,500円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

笑顔相続アカデミーは、最高・最上・最良の情報と共に学ぶ場を提供し、争族を無くし笑顔相続の実現に寄与することを目的とします。

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る