TOP
検索

第3期 サロンメンバー募集中!

37募集:60人

5,400円 /1ヶ月

入会する

利用規約に同意の上、入会する

オーナープロフィール

日本ドローンレース協会(JDRA)石神・横田

一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)

設立:2014年8月(2015年2月社団法人化)

代表:石神嘉兼 

21世紀初となる新スポーツ「ドローンレース」をプロ化することを目指し、スポーツ・エンターテイメントの最高峰としてドローンレースを創っております。そしてプロ化のために必須となる、ドローンレースファンの創出やアマチュア人口の拡大をするために、日々新しいドローンエンターテイメントを開発し、世界に発信しております。


〜2016年〜

3月日中韓でアジアドローンレース協会(ADRO)を共同設立

6月日本最大規模のドローンレース"Japan Drone Nationals"主催。世界大会へ日本代表選手派遣。TBS-BS.CSで放送、GyaOで動画配信。

8月韓国釜山大会に日本代表派遣

8月中国深セン大会に日本代表選手を派遣。

11月関西・東北・四国・関東に支部レース協会を設置

12月各国のドローンレース協会とIDCを設立

12月全国ドローンレース選手権主催。日本最多エントリー

〜2017年〜

1月 千葉県君津市にてアマチュアドローンレースを開催

2月 イルミネーションをコースとした超豪華ドローンレースの開催

3月 海外レース団体を国内招致しカンファレンス開催

4月 ドローンエンタメ総合パッケージ展開開始

7月 日本初となる本格的国際ドローンレースを開催

8月 愛知県共催する「ドローン親子教室」を開催し延べ250名の親子が参加

9月 JDRA TinyWhoop Japan Cupシリーズ開始

10月 ドローンエンタメパッケージをサービス開始

11月 世界初となる障害物ドローンレース「NINJA DRONE 忍」をリリース


オーナーからのお知らせ

  • 2018年03月29日 サロン名が「ドローンエンタメ大学校(JDRA日本ドローンレース協会オンライン会員)」に変わりました。
  • 2018年01月08日 サロン名が「ドローンエンタメ大学校」に変わりました。
  • 2017年08月04日 第3期の募集を開始しました。

ドローンエンタメ大学校(JDRA日本ドローンレース協会オンライン会員)

日本ドローンレース協会(JDRA)石神・横田

オンラインサロン詳細

ドローンエンタメ大学校とは?

ドローンエンタメ大学校(旧 ドローンを楽しもうサロン)はJDRA(一般社団法人日本ドローンレース協会)による、ドローンにおけるエンタテイメント分野や教育分野を中心にその開拓や企画、運営、プロモーションなど、それぞれの分野におけるプロフェッショナル達がそのノウハウを提供する、ホビーからビジネスまで国内事情から海外事情まで幅広く学べるプレイヤーまたは運営マネージャー育成スクールです。

今はテレビでも多く見る機会の増えたドローンですが、FPVドローンレースという新スポーツが現在世界中で流行中で、近未来モータースポーツです。こちらはJDRAがハウステンボスのイルミネーションで行ったドローンレースと空撮コンテストの動画です。



JDRAは、時速150kmの近未来スポーツ「FPVドローンレース」を筆頭に、わずか25gの超軽量マイクロドローンレース「TinyWhoop」や、ドローンを使ってお菓子を釣る「ドローン縁日」、そして免許不要でだれでもチャレンジ可能な障害物ドローンレース 「NINJA DRONE 忍」など、日々ドローンを利用した新しいエンターテイメントを創っています。




毎月開催されるドローンエンタメ講座[オフライン]

毎月1回以上、東京を中心にライブ配信付きでドローンのエンタメ講座を行います。これらはドローンエンタメ企画を実施できる「講師や指導者を増やす」ことを想定したプログラムであり、これから自分でドローンの体験会やマイクロドローンレースを開催したい、そんな方に最適な講座です。

・ドローンレースの運営機材はどのような物が必要で、どのような運用方法か?
・ドローンの体験会はどのような予算取りや見積もりとなるか?
・イベント運営する上での安全対策や注意事項は?
・企画段階における提案資料の作り方や企業のこれまでの課題は何か?

など、現在抱えている課題解決はもちろん、これからドローンビジネスをやる上で重要な運用方法をしっかりと学ぶことができます。




□2月2日(金)19:00〜22:00 テーマ:「ドローン体験イベントの企画と実施」@東京会場


JDRAではドローンレースで培った安全対策や操縦技術の教習などに加えて、ドローンレース協会だからこそできるマイクロドローンでのFPV体験であったり、目視ドローンを利用したエンタメ性のある即興ドローンレースを体験者に行ってもらうなど行います。また、ドローンをゼロから組み上げたり、設定するからこそわかるエンジニアリングを活かし、「ただ飛ばして終わり」ではなく、ドローンの仕組みを理解する学習機会を設けています。

そうした企業や自治体の課題、イベントの企画や実際の運営、予算や見積り例を実際の例をもとに紹介し、ディスカッションする場を設けます。

詳細はこちらから


□3月26日(月)19:00〜22:00 テーマ:「マイクロドローンレースの開催」@東京会場