TOP
検索

第5期 サロンメンバー募集中!

67募集:100人

4,980円 /1ヶ月

入会する

利用規約に同意の上、入会する

オーナープロフィール

芳野真弥(よしのしんや)


セカンドインタラクション株式会社 代表取締役、日経CollegeCafeアカデミー講師、電気通信大学非常勤講師、企業向け採用コンサル、学生向けキャリア支援、組織教育、インタビュー&ライティング、大学や企業のプロジェクト企画


●略歴

・2006年 名古屋大学大学院 修士課程を修了(素粒子物理)

・語学留学(オーストラリア)

・リクルートで働きながら就活

・2008年 人材系コンサル会社に新卒入社(採用コンサル、研修サービスの企画や営業、営業コンサル、新規事業開発、採用担当者など)

・2012年 「キャリア」や「育成」に関するサービスを大学生向けに提供したいと考え独立


●現在の事業内容等

講座系(大学生向け)

・プレゼン講座

・ライティング(文章作成)講座

・キャリア講座

・就活セミナー

・日経CollegeCafeアカデミー

など


インタビュー&ライティング系

・大学が運営するWebサイトの企画、文章作成

・ドラえもん科学ワールド構成

・著名人や起業家のインタビュー記事作成

など


コンサル、企画支援系

・就活生のキャリア支援

・企業側の採用支援(新卒&中途)

・大学本部のプロジェクトコンサル

・キャリア支援会社のブレーン

・企業ブランディング

など

オーナーからのお知らせ

  • 2017年06月07日 第5期の募集を開始しました。
  • 2017年04月12日 第4期の募集を開始しました。
  • 2017年03月10日 第3期の募集を開始しました。

大学生オンラインサロン

芳野真弥(よしのしんや)

オンラインサロン詳細

【追記】正解がないことを自分で考え、自分で決める

このサロンを始めて半年が経過し、改めて目指すことが明確になってきました。それは、「正解がないことを自分で考え、自分で決めることができる人」を、ひとりでも多く増やすということです。

よく「学校を出たら正解はない」と言われますが、一方で、仕事をしていると上司から「違う、そうじゃない」「もっとちゃんと考えろ」といった指摘を受けることがあります。また、「相手の立場になって考えろ」と言われることもあれば、「お前の意思はないのか」と詰められることもある。こういった一見矛盾するようなことを可能な限り具体的な言葉で解説し、そしてメンバーが自分で決めて行動していくためのサロンであり続けたいと思います。
(サロンオーナー:芳野)

大学生のみなさんへ

・学生のうちにやっておいた方がいいことって何?
・研究や仕事に役立つスキルを身につけたい
・就活で苦労したくない、自分のキャリアについて考えたい
・学生生活の不安を解消したい
・何か始めたいと思っているが、何をしたらいいのかわからない
・「その他大勢の人」や「使われる人間」で終わりたくない
・なんとなく今のままでいいのか不安
・きれいごとではなく、現実的にうまく生きていく方法を知りたい
・匿名で参加したい

大学生って「やりたいこと」も「やらなければならないこと」もたくさんありますよね。勉強や研究、バイト、サークル、学生団体、就活……。将来のためにビジネススキルを身につけておきたいという人もいるでしょう。

なのに、大学生の成長を支援するサービスって、なぜか世の中にほとんどないんです。小中高生向けの塾や、社会人向けの社外研修はあるのに…。それどころか、大学生になると誰もダメなところを指摘してくれません。例えば、レポートはとりあえず「それっぽいこと」を書いて出せば、単位は取れてしまいますよね。これってすごく危険なことで、無意識のうちに自分の中で「低い基準」ができあがってしまうんです。そして就職活動や仕事で困ることに…。

これはなんとかしないと!と思い、5年前に大学生向けの教育サービスを行う会社を設立しました。現在も、大学や日経新聞主催の学外セミナーなどで講座を実施しています(2016年は合計94回登壇しました)。でも、まだまだ足りません。たまたま受講する機会に巡り会える大学生もいますが、そうでない学生もいます。そこで、誰でも自分の意思で必要なことを学べる「大学生のための匿名オンラインサロン」を始めることにしました。

このサロンでは、「イキイキと自分らしく生きる」みたいな胡散臭いことはやりません。全員に起業を推奨するわけでもありません。社会に出ると必要なのに、なぜか誰もちゃんと教えてくれない大事ことを早めに身につけていきましょう!というのがメインテーマです。

就活で苦労しないためには、そして仕事で活躍するためには「学校フレームからの脱却」が必要です。数年後、職場の愚痴ばかり言うダサい大人にならないために、今からできることを始めましょう。

学校では教えてくれない大切なこと

例えば、以下のテーマをわかりやすくお伝えします。

・プレゼン、コミュニケーション
・就職活動、キャリア
・論理的思考、分析方法
・文章作成
・情報収集
・マーケティング
・企画
・営業
・統計と確率に基づく考え方
・プロジェクトマネジメント
・お金、ビジネス関係

「こういう大事なことはもっと早く教えてくれよ!」「なんで大学でこういうの教えないの?」と思っている社会人は結構いるのですが、仕事をしていると目の前のことに追われて、なかなか落ち着いて勉強する時間は取れません。それに、就職したら仕事そのものを頑張るべきで、こういうお勉強に時間を使っている場合ではありません。今のうちに一通り押さえておきましょう。

例えば、コミュニケーションについては、「相手の立場になって考えましょう」「わかりやすく説明しましょう」といったことがよく言われていますが、具体的にどういうことかわかりませんよね。プレゼンや文章作成って設計方法があるんですけど、そういうことは学校では教えてくれないんです。国語の授業でやった「作文」と、研究・就活・仕事で使う「文章作成」は全く違いますが、これも学校では扱いません。本当に謎すぎます。また、思考やコミュニケーション、マーケティングに関する書籍はたくさん出ていますが、テクニックやノウハウのような表面的なものが多く、根本的な原理原則を知る機会は実はほとんどありません。こういった大事なことを教えるのが、このサロンの目的の一つです。

ただし、これらを知ったからといって、それだけでガンガン活躍できるわけではありません。むしろ「頭でっかち」になってしまわないよう注意が必要です。早めに基礎基本は通過して、例えば「マーケティングのフレームワークなんか知ってても意味ないわ!実務がすべてだ!」と言える段階へ行きましょう。

アウトプット重視


このサロンは「お勉強すること」が目的ではありません。ちゃんと学んだことを使う、自分から発信する、新しい取り組みを始める、何か一つ得意分野を突き詰める…といったアウトプットが何よりも大切です。

上に書いた「学校では教えてくれない大切なこと」は、そのためのベースでしかありません。基本のお勉強をマスターしても、それだけでは何もできない評論家タイプの人間になってしまいます。必ずアウトプットしていきましょう。

例えば、
・自分の得意分野を活かして何かしたい
・新しいWebサービスを作りたい
・イベントを企画したい
・学生団体を発足したい
・他の分野の人とコラボして何か生み出したい
・研究内容を相互発表したい

…といった方は、ぜひご参加ください。ここなら失敗も許されますし、あなたが日々考えたこと、やったこと、これからやろうとしていることについて、すべて高い基準でのフィードバックが受けられます(ダメなものは本気でダメだと言います)。成長のために、ぜひこのサロンを「利用」してください。もちろんアウトプットの場は運営側でも提供していきますが、自分でもアクションをしていきましょう。

活動内容


・「学校では教えてくれない大切なこと」の講座
・就活講座、ES添削、模擬面接
・ツイキャス相談会、対談
・先輩就活生のインタビュー
・大学生にオススメの書籍や飲食店の共有
・プレゼン大会、研究発表会
・交流会、合宿
・ミニワーク(毎週、思考やコミュニケーションのトレーニングをするためのワークを出題しています)
・各種プロジェクト(新しいサービスを作るプロジェクトが既に3つ立ち上がっています)
など

※随時、増やしていきます。(基本的に大学生にとって有益な内容なら何でも扱います)


【9月の重点コンテンツ】就活準備&コミュニケーション

19卒就活生は夏のインターンシップが終わり、なんとなく「これはアリかも」「これはナシかも」というのが見え始めてきたと思います。しかし、その延長線上で判断するだけでは、最終的に意思を持って自分のキャリアを構築していくことは難しいでしょう。また、説明の上手い企業に振り回される可能性もあります。今一度、しっかりと地に足を着けて、自分のことを考え、企業と対峙していくための土台を作りましょう。

また、コミュニケーションについては常にサロンで扱っていますが、9月は特に「他人と自分の繋げ方」について注力していきたいと思います。ふわっと「協調性が大事」といった捉え方をしているだけでは何も変わりません。人と人とがどう関わっているのかを、客観的に理解できるようになりましょう。

Q&A


Q1、大学生以外は入れないのでしょうか?
入れます。大学生と大学院生をメインの会員として考えており、そのためのコンテンツを充実させていきます。とは言え、高校生や若手社会人にとっても有益なはずです。もちろん専門学校生も大歓迎です。既に、高校生や社会人のメンバーも複数います。

Q2、私は人見知りですが大丈夫ですか?
このサロンでは「ウェーーーイ!!!」みたいなことをやりたいわけではありません。むしろ意味なく群れることは反対です。一人でも何か得意なことを突き詰め、発信していくことの方がよっぽど大切です。匿名ですので気にせずご参加ください。基本的にオンラインなので、顔バレ・本名バレも心配ありません(オフラインのイベント参加はご自身の判断でお願いします)。

Q3、サロンオーナーのことをよく知らないのですが…。
このサロンは、有名人のファンクラブのようなものではありません。オーナー(芳野)個人のやり方を押しつけるわけではなく、普遍的な「大切なこと」をわかりやすくお伝えすることに重きを置いています。

Q4、地方在住ですが、参加できますか?
はい、もちろんです。場所によらず参加できるのが「オンラインサロン」の特徴です。リアルな場での(オフラインの)イベントも開催しますが、できるだけツイキャスなどを使って全国から参加してもらえるようにしています。地方の学生も海外の学生も、既に複数参加しています。

Q5、ついていけるか心配です。
早めに押さえておいた方がいい分野を、わかりやすくお伝えするのがこのサロンの一つの価値です。インテリ集団を目指したいわけでは全くないので、ご安心ください。既に参加しているメンバーもいろいろな人がいますので、心配しなくて大丈夫です。

(おまけ)サロン参加者の声

※実際に大学生オンラインサロンに参加しているメンバーの声です。

・それまでは知らなかった、サロンに参加しなければ知らないまま終わっていた知識を得ることができ、さらにその活用までできている。
・就活を切り口に、「コミュニケーション」や「物事に対するスタンス、考え方」を学べる。
・思考方法を学ぶことができる。他の大学生の意見を聞くことができる。
・就活に対する基本姿勢について学ぶことが多かった。
・人と違う視点で就活や今後の生き方を見る事ができた。
・ミニワークで思考方法を鍛えられている実感がある。
・ミニワークでは、同じお題に対して他の学生の発言が聞けるので、自分と相手のレベル感が分かる。
・就活の全体像を掴めたおかげで、就活に対する漠然とした不安がなくなった。
・相手が何を伝えようとしているのか、などを考えながら生活するようになった。
・アウトプットをするようになりました。
・就活ESスレッドで他人の文章が読める、自分との差がわかる。
・自分が入ってるどのオンラインサロンよりも芳野さんの大学生オンラインサロンは内容が濃い。参加してる学生もみんな積極的に投稿してて面白い。
・マーケティングや営業の概念を使って、就活について解説しています。就活のメカニズムを理解することで、戦いやすくなります。
・大学生オンラインサロンは本当に入って良かった。具体化すること、何が伝わればOKなのか、相手は何を伝えようとしてるのか、相手が何に不を感じているか、役に立てることは何かは、常に考えて行動するようになった。
・「福利厚生を教えて下さい!」「営業の外回りって汗かくと思うんですけどどうしてますか?」こんな質問しかできない側からいち早く抜け出せた。
・明確に思考や価値観が変わっている。大学4回生の内に変えられて良かったと心底思う。滑り込みでスタートを切れた。
・質・量ともに中身濃すぎて目を通すだけでも精一杯です。

入会条件・注意事項

・情報商材や宗教の勧誘などはお断りします。

・サロン内でのプロジェクトメンバーを募集するのは歓迎ですが、既にある学生団体やサークルへの勧誘はお断りします。

・サロン内の情報は、外部に漏らさないようお願いします。

・迷惑行為や他の利用者へのいやがらせなどが発覚した場合は、退会処分とさせていただくことがあります。

・サロン入会申込完了後、Google+コミュニティへの申請を行ってください。

・当サロンは、実名でも匿名でもご参加いただけます。

・オフラインのイベントは、無料のものと有料のものがあります。

・オンラインサロンに関してのヘルプページはこちらです。

ご不明点などありましたらこちらをご覧ください。▶ http://help.dmm.com/-/list/=/mid=539/


※「稼ぐスキル」について

当サロンで「簡単に稼ぐ方法教えます」みたいな怪しいことは一切やりません。ただし、「自分の得意分野を使って事業を始めたい」「学生団体の活動で収益を出したい」といった相談は歓迎です。実際にバイト以外で稼ぐ学生が増えています。


オンラインサロンの中がちょビット見れちゃう! DMM オンラインサロン Blog ちょビット覗いてみる
人気講師が多数在籍中 DMM.com 本気で講師を派遣します! DMM講演依頼 詳しくはこちら
totop