ヘルプ

ヘルプシーキングをどう定着させていくか

動画

ヘルプシーキングをどう定着させていくか

沢渡あまねのダムで答えて

質問

ヘルプシーキングをどう定着させていくか


質問内容

「ヘルプ」や「悩みを抱え込む」という状態の定義を言語化できるようになりたいです。

一人で悩みを抱えて周囲に助けを求められる環境や組織にはしたいのですが、とは言え、自ら考え行動もせず1から10まで周りに助けを求めてくる思考停止の社員が出てくるのも困るなと思っております。個の強さを育てつつ周りとのサポート関係で難局を乗り切る強い組織にしたいので、助けを求める際の条件、状態を定義できたらと思いました。

どうかアドバイスのほど宜しくお願い致します。

続きを表示するには、入会が必要です

沢渡あまねマネジメントクラブ

ご入会手続き中に完売することもございます。


販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧可 詳細はこちら

1,000円/1ヶ月ごと

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

オンラインサロン情報

沢渡あまねマネジメントクラブ

沢渡あまねマネジメントクラブ

1,000円/1ヶ月ごと
サロンページを見る

サロン紹介

「バリューサイクル・マネジメント」「問題地図シリーズ」などの著書、働き方改革、組織変革、DX推進、業務改善、組織開発、人材開発、キャリアなどをテーマにディスカッションしています。「ここだけの話」も満載。
運営ツール
DMMオンラインサロン専用コミュニティ

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る