ヘルプ

甘いものは、どの臓器に良い??

テキスト

甘いものは、どの臓器に良い??

今日は、

東洋医学では


『甘いものはどの臓器に良いか?』

になります。


甘いものは、あまり身体に良くないイメージを持たれている方が

多く見られると思いますが


『適度な甘さ』は身体の働きを良くしてくれます。


『甘さ』

っといっても色々な甘みがありますね。


できれば人工甘味料、白砂糖などでは摂らない方がいいですね。

ジュースや外食、ケーキなどには含まれていますが、


気にし過ぎると

何も食べれなくなります、そして罪悪感を持ってしまうので


そういうところも程々がいいですね。

添加物、酸化したものを身体に入れることは


必ずといっていいほど毎日あると思います。


大切なのは

しっかりとそれを『代謝』(外に出せる力)を身につけることです。


いわゆる身体の巡りを良くすることです。

それにより

『免疫力』も上がります!!


今日の『〇〇』は身体の巡りに関係してくる臓器です。 

続きを表示するには、入会が必要です

こさかりょうたの自宅で学べる美容健康サロン 誰でも今日からセラピストに

ご入会手続き中に完売することもございます。


プラン名 販売価格 入会料金 入会/詳細
月額費ブラン 入会後無料
※退会後閲覧不可 詳細はこちら

1,100円/1ヶ月

サロン詳細へ
年会費プラン 入会後無料
※退会後閲覧不可 詳細はこちら

12,100円/12ヶ月

サロン詳細へ

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

オンラインサロン情報

こさかりょうたの自宅で学べる美容健康サロン 誰でも今日からセラピストに

こさかりょうたの自宅で学べる美容健康サロン 誰でも今日からセラピストに

1,100円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

色々な情報が渦巻く昨今、 健康分野に対してしっかりと物事の本質を理解して選択できる人になるサポートをします。 本では学べない臨床、本場で学んだ東洋医学を鍼灸・マッサージの国家資格保有者が共有します。
運営ツール
DMM オンラインサロン専用コミュニティ

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る