クーポン ヘルプ

はじめに「言葉」あり

テキスト

はじめに「言葉」あり

万物の始源としての「言葉」

① 古代の形而上学的概念と新約聖書

  En(エン) arkhēi(アルケー) ēn(エーン) ho(ホ) logos(ロゴス)
「アルケー」とはギリシャ語で「はじめ・始源・原初・根源・原理・根拠」などをあらわし、自然哲学の用語として「万物の始源」「宇宙の根源的原理」を指す言葉です。
「ロゴス」とは「言葉・言語・理論・真理」をあらわし、「論理的に語られたもの」「語りうるもの」という意味で用いられます。
哲学用語として「ロゴス」が注目されるのは、紀元前3世紀ごろのストア哲学からとされています。
ストア派においてロゴスは根幹となる概念であり、世界を定める理を意味するところから、神とも同一視されました。
また人間は世界の一部であり「人間の自然本性」としてロゴスを持って生まれているとし、こうした「人間の自然」としてのロゴスに従った生き方が賢者の生き方であると説いています。
ロゴスは5世紀頃からの中世哲学において、「話し言葉」と「理性・理念・観念」の二つに分かれ、音声言語である「外なるロゴス」はそれを発する者の精神の「内なるロゴス」を明らかにするとされました。
キリスト教の成立にあたり、このようなロゴス観は大きな影響を与え、新約聖書「ヨハネによる福音書」の冒頭にある、あの有名な聖句へと繋がってゆくのです。

続きを表示するには、入会が必要です

CoralSkyワンネスルーム

ご入会手続き中に完売することもございます。


販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧不可 詳細はこちら

880円/1ヶ月ごと

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

オンラインサロン情報

CoralSkyワンネスルーム

CoralSkyワンネスルーム

880円/1ヶ月ごと
サロンページを見る

サロン紹介

精神世界をもっと身近に。新しい時代のエネルギーを身につけよう!
運営ツール
DMMオンラインサロン専用コミュニティ

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る