お知らせ クーポン ヘルプ

vol.70_井川意高の熔ける日々

テキスト

vol.70_井川意高の熔ける日々
「井川意高の熔ける日々」は、木曜と日曜の、週2回の配信を予定しています。
木曜日は「ここだけの話/おすすめ書籍/おすすめグルメなど」と「Q&A」を、日曜日は「港区、そしてオトコとオンナ/おすすすめ温泉、ホテル/好きな車シリーズなど」と「Q&A」をお届けします。

内容は、みなさんからの意見を参考にしながらアップデートしていくので、ぜひコメント欄にて感想をお寄せください。井川への質問もお待ちしています!
※見落としを防ぐために、コメントはぜひ最新の投稿への書き込みをよろしくお願いいたします!

【注意事項】
本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載することを禁止します。
DMMオンラインサロン利用規約も併せてご確認ください。
https://terms.dmm.com/lounge/

----------------------------------
ここだけの話
----------------------------------

私は沖縄が好きで1年に4、5回は行ってますが、太平洋戦争時、日本本土で唯一地上戦があった沖縄の悲劇の歴史についても思うところはたくさんあります。

大田実海軍中将の最後の電文についてはほぼ誦じることもできるし、その内容を思い出すだけで目が潤んでくるということはツイートしたこともあります。

そんな私から言わせると、現在の基地問題をはじめ、基地容認派(保守派)も基地反対派(左派)のどちらも沖縄人の経験した悲劇について理解とリスペクトが欠けていると思っています。

沖縄では6月23日が慰霊の日として休日となっていますが、沖縄の地上戦で民間人含め3人に1人が亡くなったということを想うと、右派も左派も基地問題を政争の具にするのではなく、もっと静かに真剣に議論すべきです。


先日耳にした話です。
まだ裏をとってないので事実かどうかは責任を持てませんが。

とある人物と私が上記のような内容の話をした後、

続きを表示するには、入会が必要です

井川意高の熔ける日々

ご入会手続き中に完売することもございます。


販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧可 詳細はこちら

550円/1ヶ月ごと

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

サロンに入会せず続きを見る

販売価格 入会/詳細
110円

購入する


オンラインサロン情報

井川意高の熔ける日々

井川意高の熔ける日々

550円/1ヶ月ごと
サロンページを見る

サロン紹介

『熔ける 再び そして会社も失った』の著者であり、大王製紙の元会長の井川意高のメルマガです。 井川意高が様々なテーマについて週1回メルマガをお届けします。
運営ツール
DMMオンラインサロン専用コミュニティ

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る