JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

閉じる

閉じる

このオンラインサロンを利用するには、Facebookアカウントが必要です。

初めてDMMをご利用の方

※DMMの会員登録も同時に行います。

DMMで新規登録する

※後でFacebookで連携が必要となります。

既にDMMアカウントをお持ちの方

閉じる

入会するには利用規約への同意が必要です。

入会ボタン下に表示されている利用規約をご確認の上、
「□ 利用規約に同意する」にチェックをいれてご入会ください。

『防衛サロン』 あなたの思いが防衛に届く

「防衛サロン」は防衛に興味のある方を幅広く集めて活動しております。 防衛関連のニュースや、イベント情報、防衛省からの募集案件など様々な情報を発信しております。 ビジネス領域を広げたい方も是非、ご参加ください。
株式会社HORIZONディフェンス
『防衛サロン』 あなたの思いが防衛に届く

■新着お知らせ■

7/15(月祝)に第4回「防衛サロン」オフ会を
開催しました。

当日のメインイベントは、
護衛艦「ひゅうが」の初代艦長、山田勝規氏よる
特別講演でした。

新型護衛艦の建造の裏側で何が行われているのか、
艦長が就役に向けてどのようにチームマネジメントに
取り組んだか、非常に内容の濃い講演でした。

             

詳細は、後日ご報告します。



「防衛サロン」設立の背景





「防衛サロン」の目的




もう、始まっています


防衛省は、平成27年度より安全保障技術研究推進制度を創設し、

自衛隊の 防衛装備品にも応用可能な先進技術研究を公募による

研究開発費の助成を開始しています。  


今年度の予算は110億円と昨年度の6憶円より大幅に増額され、

応募総数も 年々増加しています。 


今年度は14件が採択され、企業や研究機関が研究開発費の

助成を受けています。

また、今後の日本国内の動向を見る上で欠かせないアメリカ情勢ですが、

そのアメリカでは業界再編が進み軍需企業の廃業・撤退・合併・買収が

行われ、今までは受注できなかったような企業がプライマリー企業として

受注するケースも発生しています。


そして、ベンチャー企業の活躍も目覚ましいものがあり、

アメリカ市場ではすでにゲームチェンジが起こっています。


日本でも同じような変化が起こることが業界全体として期待されています。



ビジネス視点でみる防衛産業


新しいビジネスドメインにチャレンジしたい、会社の売上をUPしたい、

その上Social valueのある仕事がしたい、

そんな思いを持っている人はぜひこの先をお読みください。



「防衛サロン」の特徴


防衛産業に参入するための新しいかたち、それが「防衛サロン」です。


(1)一貫したビジネスサポート

ビジネス戦略の立案、官庁との連携、交渉・契約、オペレーションに至るまで

必要なサポートを提供します。

そのため、防衛関連のビジネスがはじめてでも心配ありません!


(2) 専門家によるアドバイス

「防衛サロン」は、防衛省・自衛隊OBをはじめ防衛の専門家が

アドバイザーとして参加しています。


(3)豊富な情報

「防衛サロン」では、防衛省主催のシンポジウムや、公示されている情報から

防衛省・自衛隊のニーズをいち早く、そしてわかりやすく皆様にお伝え

しています。

さらに、長年にわたり防衛産業に従事している私たちだからこそ

入手できる一般には知りえないような情報も提供しています。


ビジネスドメインとして防衛産業を検討される方に

最適なサロンです!



なぜ今、防衛産業なのか


理由1 防衛予算が増えている!

2018年度予算の概算要求は過去最大の5兆2551億円。

今年度予算より2.5%増えています。


理由2 防衛省による公募入札案件が増えている!

防衛産業は一部の企業による寡占状態にあり、防衛省はこれまでに

取引がない企業の参入を求めています。


理由3 一般商用品の防衛装備品への転用促進!

防衛省は民間の優れた製品・技術を求めています。


理由4 防衛に対する世間の認識の変化!

平成27年度の内閣府による世論調査の結果では、

自衛隊に対して92%以上の人が良い印象を持っています。

また、自衛隊の防衛力を増強した方がよいと考える人の割合も

年々増加しています。


理由5 防衛産業の規模は1.8兆円!

これは、家電市場とほぼ同じ規模です。 (平成28年防衛装備庁調べ)



活動内容のご紹介

第3回「防衛サロン」オフ会

第3回「防衛サロン」オフ会を開催しました

毎回好評をいただいております、防衛サロンオフ会。

今回は、元航空自衛隊第2代T-4ブルーインパルス隊長の

阿部英彦氏による特別講演を実施しました。


ブルーインパルスのファンの方々、一般ビジネスパーソン、

学生と多くの方にご来場いただくことができました。

当日の様子を少しだけご紹介します。