TOP
検索

第3期 サロンメンバー募集中!

15募集:20人

あと5

5,400円 /1ヶ月

入会する

利用規約に同意の上、入会する

オーナープロフィール

荒木 賢二郎

1980年長崎県生まれ。東京農工大学で化学を専攻後起業、その後同社を譲渡し早稲田大学ビジネススクールで経営管理修士(MBA)取得。LifeSupportLab株式会社Co-founder/COO。現在はiPhone出張修理「あいりぺ」を中心に、「かき氷Lounge」「TeNKYU」「forky」「LoungeS3」など多数のプロジェクトに関わる。長年の不摂生により体重が110kgを突破した事を契機に2017年7月より12月まで「40kg痩せたら100万円」プロジェクトを開始。半年間で40kg体重を落としその過程を公開する事で、(成功時に)支援者から100万円を受け取る。


減量体験を元に低炭水化物飲食店Map「痩せナビ」開発中、自らの身体を実験台に様々な減量方法を試すバイオハッカーとして、オンラインサロンを開設。
・脳内脂肪を落とす
・可愛い女性管理栄養士からの食事指導
・我慢禁止
など、独自理論を構築しながら減量実践中

オーナーからのお知らせ

  • 2017年09月08日 第3期の募集を開始しました。
  • 2017年09月08日 第2期の募集を開始しました。
  • 2017年09月07日 第1期、満員になりました。

脳内脂肪を減らす、低炭水化物大学校

荒木 賢二郎

オンラインサロン詳細

概要

低炭水化物減量ライフについて議論するコミュニケーションサロンです。メインのFacebookグループに加え、1人に1スレッドを用意して食事記録を行うPrivateグループを用意、週に1度を目安に女性管理栄養士からの食事指導が受けられます。

低炭水化物ライフ、サプリメント、ジム、低炭水化物飲食店、など情報交換を行うと共に、「身体減量」前に何故痩せたいのか目的を明確にする「脳内減量」を行います。

サロン主催は30代男性体重110kgから70kgまでの減量をチャレンジ中のため、男性でいわゆるメタボ改善などの減量に興味がある方のご参加や、また運営サポートの管理栄養士は20代女性ですので、あと3kg痩せたいという様なボディーメイク目的の若い女性の参加も歓迎いたします。

痩せたいという方以外では、ヘルスケア分野やダイエット分野に関わるビジネスをされている方、これから行おうかとご検討の方や、管理栄養士等、この分野にご興味のある方のご参加も歓迎しております。

共に、情報の氾濫する低炭水化物減量について議論し、自身の身体を実験台としてバイオハックしていきましょう!


主宰者からメッセージ

低炭水化物減量によって半年で40kg減量するというチャレンジを行っております荒木です。

1ヶ月半で10kg落とし現在減量チャレンジ中なのですが、自身が低炭水化物減量を行う上で、自分自身の体で実験(バイオハック)して様々な施策を試しました。

バイオハッカーとして様々な実験を行ってたどり着いた結論は、減量には以下3つが必要だという事。


1、なぜ痩せたいのか明確な目的を常に持つ

2、(女性)管理栄養士の正しい知識に裏付けされた、正しい食事指導

3、我慢しない行動管理方法


そして、この3点は私が専門とする経営学(MBA)と完全に一致する内容でした。

このオンラインサロンでは、これまで減量の常識とされてきた我慢や運動や精神論ではなく、上記3点に重きを置いて減量を行っていきます。

まず行う事は、脳の脂肪を減らすこと。


1.デブは脳に脂肪が付いている

《なぜ痩せたいのか明確な目的を常に振り返る》
例えば毎日帰宅前にコンビニで食べ物を買うとか、急いでもないのにタクシーに乗るとか、飲んだ後にラーメン食べるとか。
太っている方は、その行動習慣が太る原因を作っています。
つまりデブは、身体の脂肪を落とす前にまず最初に脳の脂肪を落とす必要があるんですね。
脳の脂肪を落とさずに減量すると、例えばラーメンを食べたいのに我慢して、反動で食べちゃったり。

脳の脂肪を落とすという事は、我慢するのではなくそもそもラーメンを食べたくならないという事です。

人は、楽な方の選択肢を選ぶように設計されています。
ラーメンを食べるよりラーメンを食べない方が楽、という状況を作り出すと言う事です。

そして、その一歩目は明確な目的意識から始まります。
10kg痩せるという目標より、痩せてどうしたいのか目的の方が重要と言う事です。
具体的な方法はサロン内にて。

2.管理栄養士によるソーシャルフードトレーニング

《(女性)管理栄養士による正しい知識に裏付けされた、正しい食事指導》
正しくない知識は、正しくない行動を生みます。
例えば、ネット上には「炭水化物以外どれだけ食べてもOK」という記述を見かけますが、これは大間違いです。
私は低炭水化物減量を始めた直後、深夜に唐揚げとハイボールを楽しみ翌朝体重が増えているという様な事が多々ありました。
また、夜ご飯を抜いてしまって、寝る前に食欲が止まらずどか食いしてしまう事もありました。
そもそも、知識が間違っていたんですね。

減量の9割は食事です。運動ではありません。
その食事について、栄養学的見地からアドバイスする専門家は管理栄養士という事になります。
管理栄養士が毎食の食事をチェックしてアドバイスするサービスがありますが、月間数万円と高い事や、厳しくてその反動で期間終了後にリバウンドしてしまうという問題点がありました。

本サロンでは、管理栄養士からの食事指導を「パーソナル」ではなく、「ソーシャル」トレーニングとして取り入れています。
自分の食事記録を専用のfacebookグループへ投稿し、週に1回を目安に食事に対するアドバイスを受けると共に、自分以外の人に対するアドバイスを見る事で、正しい知識を身につけるというものです。

また、管理栄養士は所謂可愛い系の美意識高い女性管理栄養士さんに入っていただきました。これは、私の様な30代男性でも、ボディメイクを行いたい20代女性でも好意を持って接する事ができるから、という仮説に基づいています。
おそらく、50代のおばちゃん管理栄養士や、40代のおっさん管理栄養士からアドバイスされるよりも、素直に好意的にアドバイスを受け入れる事ができるはずです。

3、気合いに依存しない仕組みづくり

《我慢しない行動管理方法》
減量というと、始めた当初はモチベーションが高いものの、2週間もすればやる気が低下してついつい食べてしまったりするものです。
これは、意思が弱いのではなく、そもそも意思に頼っている減量法が間違っているという事になります。
何しろ、意思が弱いから太っている人に、意思を強く持って減量させるなんて、めちゃくちゃです。
デブは、意思が弱く、楽な方法をこれまで選んできたからデブなのです。

じゃあどうしたらいいか?

楽な方を選ぶと痩せる様に仕組みを作ればいいのです。
モチベーション持続には様々な仕組みがあります。
例えば、レコーディングダイエットに代表される「見える化」という方法などは有名です。
様々な仕組みを事前に用意しておく事で、寝る前に菓子パンを食べたくなるという事はなくなります。
食べるより、食べない方が楽という仕組みを作っておけばいいだけです。
具体的な方法はサロン内にて公開します。

4.情報交換

サプリメント、アクティビティー、外食店舗情報、アプリ等ツール、自炊レシピなど、共に低炭水化物減量を行う仲間たちと情報交換ができる仕組みを取り入れています。
特に、私が「低炭水化物おじさん」と呼んでいる、自身が低炭水化物減量で大幅に痩せたために、他人にアドバイスしたくてたまらないおせっかいな方達がこの世には存在します。
彼らの(ちょっとうざい)アドバイスを話半分で聞き流しながら、個人の目的にあった方法を探していく事も減量の手助けになります。



それでは、続きはオンラインサロンにて。
一過性の短期集中ダイエットではなく、最低でも半年間続ける事で正しい知識や、今後数十年続けられる健康な生活習慣を身につけましょう。
私も、2017年12月まで40kg減量にチャレンジ中です!

※本サロンは低炭水化物(低糖質)減量を基本としており、いわゆるカロリーをコントロールする「低脂質減量」には対応しておりません。ご了承ください。
※管理栄養士、医者、低炭水化物減量で20%以上痩せた経験者など、有益な情報を提供いただける方はゲスト参加も可能です。まずはご参加、ご発言の上で、運営者までご連絡ください。

サロン内容プレビュー

入会条件・注意事項

・「脳内脂肪を減らす、低炭水化物大学校」は秘密のグループです。内部の情報を漏らさず秘密を厳守できる方のみ入会できます。

・特定の会員への誹謗中傷、荒らし行為などコミュニティの秩序を大きく乱す行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。

・その他DMMオンラインサロン規約に準じます。


入会制限

以下に該当する方は、入会後に必ずPrivateサロン内ご自身のスレッドにてその旨をご申告ください。

・18歳未満の男女(食事指導対象外)

・妊娠中の女性(食事指導対象外)

・腎臓疾患のある方(食事指導対象外)
・尿酸値の高い方(指導内容が変わってきますので自己申告を)

・中性脂肪値の高い方(指導内容が変わってきますので自己申告を)

・高血圧症(指導内容が変わってきますので自己申告を)

オンラインサロンの中がちょビット見れちゃう! DMM オンラインサロン Blog ちょビット覗いてみる
人気講師が多数在籍中 DMM.com 本気で講師を派遣します! DMM講演依頼 詳しくはこちら
totop