TOP
検索

第1期 サロンメンバー募集中!

入会後1週間無料

4,500円 /1ヶ月

入会する

利用規約に同意の上、入会する

オーナープロフィール

新田哲史

アゴラ編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/NPO法人ICPF 情報通信政策フォーラム理事


1975年生まれ。読売新聞記者(運動部、社会部等)、PR会社を経て2013年独立。大手から中小企業、政党、政治家の広報PRプロジェクトに参画。執筆活動も行い、東洋経済オンライン、現代ビジネス、アゴラ等のネットメディアに寄稿。


2015年秋、「アゴラ」編集長に就任。数々のリニューアルを仕掛け、月間アクセス数も3倍増となる1,000万PVを1年で達成した。 著書に『朝日新聞がなくなる日〜“反権力ごっこ”とフェイクニュース』(宇佐美典也さんとの共著、ワニブックス)、『蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた?』(ワニブックス)、『ネットで人生棒に振りかけた!』(アスペクト)。TOKYO MX「モーニングクロス」コメンテーター。


アゴラ連載


個人ブログ「新田哲史のWrite Like Talking」


株式会社ソーシャルラボ


Twitter


Facebook


【著書】


ネットで人生棒に振りかけた!: 先の読めない時代の情報版「引き寄せの法則」


蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた? - 初の女性首相候補、ネット世論で分かれた明暗 -


朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ"とフェイクニュース - (新刊)



オーナーからのお知らせ

  • 2017年08月16日 第1期の募集を開始しました。

新田哲史のニュース裏読みラボ

新田哲史

オンラインサロン詳細

みなさん、こんにちは。新田哲史です。

かつては読売新聞で10年記者を務め、いまは言論サイト「アゴラ」で編集長をやっていますが、加計学園問題や「小池劇場」、蓮舫氏の二重国籍問題など、最近の報道をみていると、本質的な問題が後回しになり、読者や視聴者が置き去りにされていることに不信感が急速に高まっているのを痛感します。


「フェイクニュース」という言葉まで生まれるほど情報が氾濫し、メディアの新旧プレイヤーが交代する過度期にあって、もはやニュースの裏を読む眼力を身につけることが、お仕事に生かす上でも、日々の生活をしていく上でも必要な時代になっています。このサロンでは、政治やビジネスのニュースの読み解き方、世論がどうやって作られていくのかを学んだ上で、何が本当に大事なことなのか、本質的な議論を行います。


サロンでの活動を通じて、みなさんの日常生活、仕事に役立つ視点を得ていただき、アゴラなど各メディアでの企画もご一緒に仕掛けていけたらと思います。日々のニュースを「生きた教材」として、活用します!


何をやるの?


① 週1回オンラインで、問題のニュースについて新田と1時間、討議・質疑応答


② 1〜2ヶ月に1度、オフラインで新田と時局懇談会 。企画によっては、現役の政治家、メディア関係者など注目のインフルエンサーをゲストに招いて勉強会を開催します。


③ 新田が気になるニュースを「ここだけ」の話をつけて投稿(随時、週2想定)


④ 情報発信のメカニズムを読むコツを逆手に、仕掛ける側の視点も学ぶ


⑤ アゴラ編集長、出版道場の運営経験から、面白い記事を書くテクニックを伝授 (新しい論客を探してます!)


参加特典:新刊プレゼント!


無料期間(1週間)後も登録いただいた方には、サロンのテーマである「ニュースの読み解き」の教材として、8月28日発売の新田の新刊『朝日新聞がなくなる日〜“反権力ごっこ”とフェイクニュース』(宇佐美典也さんとの共著、ワニブックス)をプレゼント


こんな方におすすめ


○ニュースの読み解きができるようになりたい方、政治ニュースが好きな方


○ニュースや世論がどのように作られるのか、興味がある、または仕事上知っておきたい方


○企業で広報やPR業務についていて、情報発信の仕掛け方を学びたい方


○加計学園問題や蓮舫氏の二重国籍問題の報道などで違和感があって物申したい方


○ジャーナリスト志望者、マスコミの報道記者を目指している方


○現役のマスコミ関係者でいまの現状を変えたいと密かに志している方


○新田の各メディアでの発信内容に以前から注目いただいている方


入会条件・注意事項

○サロン入会申込完了後、Facebookグループへの加入申請を行ってください。

○サロン内の内容について、外部へ情報を漏らすことは絶対にお控えください。

○情報商材、またはそれに相当すると判断されるビジネスに関わる方の入会はお断りします。

○他の会員への誹謗中傷や嫌がらせ行為なども禁止とさせていただきます。

○Facebookアカウントが明らかに実名ではない、プロフィールが明記されていない、友達がいないなど、アカウントがアクティブなものでないと判断した場合、入会をお断りする場合があります。

○メディア関係者のご参加は先述のように歓迎しておりますが、新田の業務内容と競業することで問題が生じそうな場合にはお断りさせていただくこともあります。

○上記ルールに違反されることが判明した場合、強制退会となります。(その際に会費の返金はいたしません)

○オンラインサロンに関してのヘルプページはこちらです。

ご不明点などありましたらこちらをご覧ください。▶ http://help.dmm.com/-/list/=/mid=539/

オンラインサロンの中がちょビット見れちゃう! DMM オンラインサロン Blog ちょビット覗いてみる
人気講師が多数在籍中 DMM.com 本気で講師を派遣します! DMM講演依頼 詳しくはこちら
totop