JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

閉じる

閉じる

このオンラインサロンを利用するには、Facebookアカウントが必要です。

初めてDMMをご利用の方

※DMMの会員登録も同時に行います。

DMMで新規登録する

※後でFacebookで連携が必要となります。

既にDMMアカウントをお持ちの方

閉じる

入会するには利用規約への同意が必要です。

入会ボタン下に表示されている利用規約をご確認の上、
「□ 利用規約に同意する」にチェックをいれてご入会ください。

小寺メディア戦略室

「無邪気なアイデアをカタチにする」をテーマに、きずな出版の編集長である小寺裕樹と共に、クリエイティブなコンテンツや作品を量産するアウトプット型コミュニティです
小寺裕樹
小寺メディア戦略室

概要

小寺メディア戦略室(以下、KMS)は、きずな出版の編集長である小寺裕樹と共に、クリエイティブなコンテンツや作品を量産するアウトプット型サロンです(=単なる情報提供のサロンではなく、小寺裕樹が投じるプロジェクトを一緒にやりながら、一流のスキルを獲得して頂きます)。

メンバーは、これからの時代の必須スキルである「編集力」「ライティング」「デザイン」「メディア」の4つのスキルを磨き、一流のクリエイターを目指していただきます。


※2019年1月の定例会の様子。小橋賢児さんをお招きしました!!

小寺裕樹からのメッセージ


「編集力は、これからの時代の必須スキルである」

はじめまして、小寺裕樹です。

ここ数年で時代は劇的に変わりました。
SNSや、メルマガ、YouTube、電子書籍などで、
個人が好きなだけコンテンツを創って、発信できるようになりました。

こうなったのは非常に喜ばしいことです。
すべての人にチャンスがある時代になった、ということですから。

しかし、それと同時にあまりに多くの情報やコンテンツが乱立してしまったという側面もあります。
その中で価値ある情報を発信し、勝ち抜いていくのは、以前よりもさらに難しくなりました。

実際に、(厳しい方になりますが)たとえば電子書籍などで個人で発信をされている方を見ると、
「それでは、売れないよな……」と感じることが多々あります。

だからこそ、冒頭で私が伝えた言葉、
「編集力は、これからの時代の必須スキルである」
は、真実だと思っています。

この情報があふれる時代において、すべてのヒト・モノ・コンテンツの強みや価値を、
届けるべき人に届けることができる「編集」というスキルこそが、最強の武器なのです。



ご存じのように、出版不況が叫ばれて久しいです。

毎日200冊以上の新刊が発売され、重版(増刷)がかかる本は2割程度だと言われています。
私が得意とするビジネス書の世界は、もはや1~2万部で「売れている」と言われるような基準になっています。

そんな中、私が2017〜2018年に手掛けた書籍は、
・トータル110刷
・累計部数53万6千部
というように、実績を残すことができています。
(ちなみにこれまで数多くの本をつくっていますが、すべてを合わせた重版率も7割近い数字です)