お知らせ クーポン ヘルプ

週刊誌記者㊙サロン 〜ここだけの話教えます〜

元文春記者の赤石晋一郎と甚野博則がスキャンダルの裏側を考察する「元文春記者チャンネル」のオンライサロンです。YouTubeでは聞けない際どい話も…

元文春記者サロン

週刊誌記者㊙サロン 〜ここだけの話教えます〜
運営ツール
DMMオンラインサロン専用コミュニティ

サロン概要

YouTube番組『元文春記者チャンネル』を発展させ、新しいオンラインサロン「週刊誌記者㊙サロン」を立ち上げます。このサロンでは、メディア業界の現状と未来を深堀りし、新たな視点を提供します。週刊誌、新聞、テレビの経験を活かし、サロンでの活動を幅広く展開。メンバーと共に、ジャーナリズムの新しい形を探求します。

雑談から始まる企画会議のように、参加者は自由にアイデアを出し合い、新しいニュースや話題を生み出すことができます。興味深い話題を追求したり、日々のストレスを解消する場としても最適です。参加者一人ひとりが、ジャーナリズムを体験できるようなサロンを目指しています。

提供コンテンツ


オンライン


①YouTubeでは言えない『トークショー 週刊誌じゃ読めないここだけの話』(週1回)
②週刊誌型オンライン企画会議(月1回/オフラインのある月はお休み)
③YouTube赤石の原稿テキスト
④『記者志望者や書きたい人向けのガイダンス講座、サロンメンバーと考える『新メディア準備室』
など

オフライン

①オフラインイベント(3ヵ月に1回程度、別途参加費)
②記者志望者講座(申込制・別料金)
③『スキャンダルコンサルを行う TOKYO CRISE』サービス(申込制・別料金)
④共同取材によるコンテンツ制作
など



こんな方におすすめ

YouTube番組元文春記者チャンネルをもっと深く楽しみたい、マスコミ志望者、企業や芸能事務所PR担当者および危機管理担当者、世の中の裏側を覗き見たい人 など




フォロー特典

このサロンのキーワード

入会条件・注意事項

・iPhoneからDMMオンラインサロン専用コミュニティのサロンをご利用の場合、専用アプリのダウンロードが必要となります。
推奨環境はこちらをご覧ください。
https://support.dmm.com/lounge/article/44579

・サロン内の内容や、オーナーが発信する内容について、サロン外(口外、SNS等を含む全てのメディア・媒体)へ転記することを禁止致します。
・他の利用者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為を禁止致します。
※上記禁止事項が認められた際は、強制退会扱いとさせて頂く場合がございますのでご了承ください。

・オンラインサロンに関してのヘルプページはこちらです。
ご不明点などありましたらこちらをご覧ください。
https://support.dmm.com/lounge

・無料期間が付いている場合、無料期間は「初回入会かつクレジットカード決済」の方のみが対象です。(再入会の方、DMMポイント決済の方は無料期間は適用されません)


入会ガイド

1. DMMアカウントを取得

2. 「入会する」ボタンを押し、入会手続きを行う

3. コミュニティにアクセスする

詳しくは、ヘルプページ:オンラインサロンの入会方法を教えてくださいを参照してください。


手続き方法/コミュニティへのログイン方法/決済関連のお問い合わせ

・入会方法がわからない

・支払い方法を変更したい

・コミュニティにログインできない

などの手続き、決済関連のご質問は、DMMサポート窓口までお問い合わせください。

24時間365日電話、フォームで受け付けています。



オンラインサロンで使える支払い方法

・Webブラウザ上で支払い手続きをする場合クレジットカードおよびDMMポイントが利用できます。 DMMポイントは電子マネー、コンビニ店頭支払いなど、いろいろな方法でチャージできます。
詳しくはこちらをご確認ください。
https://guidance.payment.dmm.com/common/beginner/index.html

・ iOSアプリ上で支払い手続きをする場合サロネンのみ利用できます。 サロネンについては、こちらをご確認ください。
https://support.dmm.com/payment/article/47137

※ DMMポイント支払い、サロネン(iOSアプリ内課金)の場合は無料期間が適用されません。




フォロー特典

元文春記者サロン

元文春記者サロン 元文春記者サロン 元文春記者サロン

赤石晋一郎

南アフリカ・ヨハネスブルグ育ち。講談社「FRIDAY」、文藝春秋「週刊文春」記者を経て、ジャーナリストとして独立。

日韓関係、人物ルポ、政治・事件など幅広い分野の記事執筆を行う。著書に『韓国人、韓国を叱る 日韓歴史問題の新証言たち』(小学館新書)、『完落ち 警視庁捜査一課「取調室」秘録』(文藝春秋)など。

甚野博則

大手電機メーカーや出版社などを経て2006年から「週刊文春」記者に。2017年の「『甘利明大臣事務所に賄賂1200万円を渡した』実名告発」などの記事で、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」のスクープ賞を2度受賞。2022年1月から独立し、現在は週刊誌や月刊誌などで、社会ニュースやルポルタージュなどの記事を執筆。




フォロー特典

メンバー募集中

プレミア会員

5,000円 /1ヶ月ごと

入会する

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る