ヘルプ

新型コロナで株式市場と実体経済が乖離した2020年日本 今後の動向は?

動画

新型コロナで株式市場と実体経済が乖離した2020年日本 今後の動向は?
2020年、新型コロナウイルスの感染拡大は日本に大きな影響を与えた。 消費の低下、企業の売上の減少、投資家も市場からお金を引き上げ、実体経済も、株式市場も大きなダメージを受けた。 
そうした中、実体経済を支えるために、企業が倒産しないようにするために、そして失業者が増大しないようにするために政府も様々な手を打ってきた。 それに伴い6月以降、新型コロナの落ち着きも相まって株価は戻ってきたが、実体経済については、依然として厳しい状況が続く。 
このように実体経済と株式市場の乖離が見られる日本経済だが、今後どのような動きが予想されるのか。真田先生にうかがった(※前半は2020年9月に収録) 。
後半は、アメリカの大統領選挙の本当の結果は、まだ待たなければならないが、アメリカでバイデン政権が成立した場合、日本にはどのような影響が考えられるかについて予測した(※後半部分は2020年12月上旬に収録)。(動画:13分2秒)

続きを表示するには、入会が必要です

経済新聞が伝えない世界情勢の深相~真田が現代の戦国絵図を読む~

販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧可 詳細はこちら

5,500円/1ヶ月

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

サロンに入会せず続きを見る

販売価格 入会/詳細
440円

購入する

オンラインサロン情報

経済新聞が伝えない世界情勢の深相~真田が現代の戦国絵図を読む~

経済新聞が伝えない世界情勢の深相~真田が現代の戦国絵図を読む~

5,500円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

真田幸光(愛知淑徳大学教授)とPHP研究所による共同運営のサロン。世界中に独自の情報ネットワークを持つ真田教授が、国際政治経済、国際金融を中心に、コモディティ化する前の話題を取り上げ、 情報を提供するコミュニティ。

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る