ヘルプ

閉じる

閉じる

初めてDMMをご利用の方

DMMで新規登録する

既にDMMアカウントをお持ちの方

閉じる

入会するには利用規約への同意が必要です。

入会ボタン下に表示されている利用規約をご確認の上、
「□ 利用規約に同意する」にチェックをいれてご入会ください。

アイラッシュサロンワーク型オンラインサロン

徹底的にサロンワーク即実践に特化した内容です。年間4万4千人の来客データを元に戦略し、小規模から大規模のまつエクサロンに対応できます。技術だけでは再来しない時代、現場に本当に必要なものは何かを答えます。
Sugar
アイラッシュサロンワーク型オンラインサロン

~DMMへの入会方法~





売れるアイリストを作るサロンワーク型オンラインサロンは「お客様に支持されるアイリスト」を目指し、全店舗でアイラッシュサロンに足を運んでくださるお客様約45000人(2019年度)の情報を元にアイリストに本当に必要な技術をお伝えしていきます。何を大事にして、プロ活動をされているのか。現在のありのままの自分を評価し、更にスキルアップできる環境をご用意します。確実に現在より成長するお約束をいたします。


やるだけのことをやっているのに何故かうまくいかない。という個人・法人問わず個別対応し数字から見える対策法も細かく分析お教えいたします。

会員の方は数字分析を対応させていただきます。分かる範囲の数字で良いのでヒヤリングし、対策方法をお伝えいたします。 守秘義務を持って対応いたします。


講師は5名おり、アイリスト協会認定講師・アンガーマネージメントインストラクター、アイサロンファシリテーター、接客専門講師・弊社No1アイリスト・現役美容師・コーチング認定講師・クレーム対応専門講師を中心に資料を作成しております。

以下自己紹介いたします。



 

全店統括ゼネラルマネージャー JECA一般社団法人日本まつ毛エクステンション認定機構  小山 結


本人コメント「神奈川県出身 2歳の息子がいます!言語能力低めですが指名を伸ばす能力ありです。マイホームに床暖入れずに後悔中・・・です。」


1店舗目から技術教育、店舗運営、システムにおいて実力を発揮し、現在PANTOGRAPHでは7店舗目まで店舗展開に携わっています。

現行、プレイングマネージャーでありながら全スタッフの技術教育、サロン内経営コンサル、全店舗の売り上げを前年比更新させ続けて活躍しております。

「一般社団法人日本まつ毛エクステンション認定機構は、広く国民に対して、資格認定を行うことで真のまつ毛エクステンションの普及と業界の健全な発展に寄付することを目的とし、 アイデザイナーの知識及び技術の向上を図り、一般消費者に安全・安心な技術を受けていただける環境構築に寄与して参ります。 

また、安全・安心・環境保全に配慮した教育の充実を図り、未来性のある安全な技術を常に追求、提案し、アイデザイナーの育成輩出と成長、繁栄に努めます。私は認定機構の一員としてまつ毛エクステンション事業が発展するように自分の役割を理解し行動します。 私は正しい知識と技術のクオリティーを高め何より安全に留意します。 私は認定機構の活動に参画し協力します。 私はプロフェッショナルな身だしなみ、言葉遣い、振る舞いに誇りを持ち行動します。私は認定機構の機密情報およびメンバーのプライバシーとセキュリティーを守ります。」


アイサロンファシリテーター コスメ研究家 松波 綾


本人コメント「埼玉県出身 4歳の息子がいます!肌や体にいいということはすべてやっています!」


アイサロンファシリテーターとは、アイリストの主体性を促し、多様なサービスや剤など、専門分野を尊重しながら、意見やアイデア、動機などを最大限に引き出し、サロン側、お客様側、アイリスト側を有効・有益にするための中立的存在です。

現代のアイラッシュ業界の動向をいち早くキャッチし、ファシリテーターとして有効な判断を致します。

クレーム対応はインタラクティブな対応が必要とされる中、各視点に立ちお答えいたします。

また、様々な技術者は意外と接客が苦手。という人も多いはず。コミュニケーション能力を理論的に養うことにより克服できるという観点から、接客や、コミュニケーション、カウンセリング、クレーム対応を

アイリストを専門に寄り添う講師としても活躍しています。

マツエクと肌に関係するコスメを研究し、グルーと楠目の関係性、マツエクへの持続性や肌の相性などを細かく分析し、多くのアイリストから支持されています。



アンガーマネージメントキッズインストラクター  クレーム対応 木村 有砂


本人コメント「山梨県出身 10歳に育児に奮闘中!夜中の尿意が止まらない!」


働く女性が増え、働くお母さんが増えている中、家庭とサロンの両立どう取っていますか?プライベートと仕事は重ね合うものがあるはず。

世帯就業率や全体の就業率が6年連続上昇している現代で、仕事をしながら子供と上手に関わる方法をお教えいたします。子供と過ごす時間の中で少しでも理解したい、成長させたい。そんな悩みを抱える方は多いはずです。子どもがキレている、友達と喧嘩してくる、などぜひ悩みを共有して、サロンワークが少しでも気持ちを楽にできるようお伝えしていきます。

5~12歳あたりの子どもが怒りを通して伝えたいことを理論化して解決方法を見出していきます。