ヘルプ

閉じる

子どもに、「やらせてみる」が「やってみよう!」に変わるとき

テキスト

子どもに、「やらせてみる」が「やってみよう!」に変わるとき

子育てや教育において昔に比べ様々なことが変わってきています。

少子化に伴って変わってきたこともたくさんあります。


昔と比べ、「ほめて伸ばす」という教育が注目されてきており、怒るよりもほめて伸ばしていこう、という方針が世間に広まりつつあります。

しかしその方法を取り違えてしまうと、「過保護」「過干渉」にもなりかねません。


わが子がかわいいからこそ、なんでもやってあげるのではなく、まず「やらせてみる」そしてそれが自主的に「やってみよう!」に変わることが「自立心」を育てることかと考えます。


めまぐるしく変わる世の中で必要な力、「生きる力」には「自立心」もなくてはならないものです。

子どもに「やらせてみる」から「やってみよう!」に変わるとき。その「とき」について考えていきます。


続きを表示するには、入会が必要です

Vitamin 働く女性たちへ

販売価格 入会料金 入会/詳細
入会後無料
※退会後閲覧可 詳細はこちら

1,100円/1ヶ月

入会する

サロンに入会中または購入済みの方はこちら

続きを閲覧するには、DMMアカウントへのログインが必要です。

サロンに入会せず続きを見る

販売価格 入会/詳細
300円

購入する

オンラインサロン情報

Vitamin 働く女性たちへ

1,100円/1ヶ月
サロンページを見る

サロン紹介

働く女性、ママの仕事と家庭の両立に必ずお役に立てる、コーチング型マネージメントや感情コントロール法をふんだんに盛り込み、子供とのかかわり方、仕事での人間関係などのコミュニケーションスキルを学ぶためのオンラインサロン

あなたにおすすめの他サロン

おすすめサロンをすべて見る
ページトップに戻る