JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

閉じる

閉じる

このオンラインサロンを利用するには、Facebookアカウントが必要です。

初めてDMMをご利用の方

※DMMの会員登録も同時に行います。

DMMで新規登録する

※後でFacebookで連携が必要となります。

既にDMMアカウントをお持ちの方

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界 ~情報当千! 投資・税金・仕組み~

墨汁うまいによる仮想通貨投資、Web上では見られない税金や規制、開発を幅広くカバーするサロンです。墨汁うまいとリアルタイムで情報共有でき、テクニカル分析とファンダメンタルを活用し、投資、資産運用のスキルを上げていく場です
墨汁うまい
現在入会中の人数/51人
墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界 ~情報当千! 投資・税金・仕組み~

サロン概要

墨汁うまいと特別ライター陣によるビットコイン、アルトコインの投資とトレード、インターネット上では見られないような税金や規制の話、開発やマイニングまで幅広くカバーするコミュニケーションサロンです。従来のFacebookベースのコミュニティではなく、墨汁うまいとリアルタイムで情報共有できるクローズドコミュニティやサロン会員限定のコンテンツが閲覧できる専用サイトなどサロンならではの内容となっています。

テクニカル分析だけでなく、開発を含むファンダメンタルを活用し、更に税金や規制などの仕組みを知ることで投資、資産運用のスキルを上げていく場です。

*2月現在の総配信レポート数は170を越えており、入会後すべてを閲覧することができます。

配信コンテンツ

本サロンでは、6つの幅広いコンテンツを配信しています。日々サロン会員限定プラットフォームの開発を行っており、新しいサービスやユーザビリティ向上に努めています。(*2019年1月に新規サービスをローンチしました)

◆相場分析及びテクニカルの考え方講座

墨汁うまいによるテクニカル分析とファンダメンタル分析を日々チャートに詳しい説明を加えお届け。ビットコインや仮想通貨でよく見るチャートパターンや、その時のトレーダー心理など、ネット上では見られないような内容を詳しく解説。ミラートレードではなく、自身のスキル向上に役立ちます。
また、新規プロジェクトや実装、ブロックチェーンの基礎用語や仕組みなども初心者が理解できるように図解を含めて詳しく解説しています。配信数は2018年2月現在Vol.150を超えており、会員専用プラットフォームなので関連タグから検索やキーワード検索など簡単に目的記事を探すことができます。



→詳しくはこちら

◆リサーチレポート

墨汁うまいと特別ライターによる詳しいリサーチレポート(平均1万文字~)を配信。
・秘密結社ふがふが氏:2017年に世界のビットコイン5%の取引高をしめていたBOTトレーダー
・山路幹夫氏:30年にわたって霞が関に務め、エンバーゴやリークに詳しい
・ハチワレ猫氏:現役ブロックチェーンデベロッパー、本サロンの技術担当

詳しくはこちら

◆各種専用講座

テクニカル分析の基礎から、アドバンス編まで書籍などでは知ることのできない内容を講座形式で配信。墨汁うまいが今までトレードをしてきた中で得た独自の理論や知識を詳しく解説しています。また、税金対策講座では、税金対策や税金の取扱いなどの裏話について会社経営の経験から得られた知識を詳しく解説。他のトレーダーサロンでは見られない独自の内容を配信。

→詳しくはこちら

◆ライブ配信

月1回~ファンダメンタルやテクニカル分析、イーサリアムのコントラクトを動かしたりなどの解説をリアルタイム放送。録画された過去の放送はサロン会員であれば、誰でも再確認できます。
リアルタイム放送なので、コメントで気軽に質問なども行えるという利点があり、またスペシャルゲストを招待しての対談なども行っています。

・過去の放送

◆Slackによるリアルタイム情報共有と質問

本サロンはFacebookは普段使用せず、Slackで双方向にコミュニケーションが取れるサロンです。そのため、好きな時に質問ができ、ニックネームで本名を公開する必要がないというメリットがあります。レポートは本サロン専用プラットフォームを開発しているため、スマホで簡単に視聴が可能です。

*詳細は下記に記載

◆トレード支援ツールと分析

1月に新規ローンチしたα版のサロン会員専用サービスです。仮想通貨を取引する際に役立つトレード支援ツールを提供、そのツールを使用した月間のマーケット分析レポートを配信します。
現在はα版なので、今後も様々な機能を追加していきます。
→詳細はこちら

リサーチレポート




忙しい人のための墨汁マガジン

日々Slack上でリアルタイムに解説しており、やり取りは膨大であるため記事形式で簡単に確認ができる墨汁マガジンを配信。配信総数はVol.110を超えています!過去の分析やテクニカル分析手法などもタグから簡単に探してスマホで気軽に読むことができ、3000文字を超えるレポート形式の分析も日々配信。ビットコインとイーサリアムを中心に、Zcashやリップル、ビットコインキャッシュなどのアルトコインも詳しく分析しています。


人気ランキング

1位:Vol.42 仮想通貨価格の底を読む手法

2位:Vol.01 トレードにおけるポジションの蓄積が示す意味

3位:Vol.19 ロングとショート比率からビットコインの底と天井を読む

4位:Vol.14 ビットコインの板読みで利益を出す

5位:Vol.09 利大損小を目指すエントリー


最新の墨汁マガジンはこちら

Vol.121 テクニカル分析まとめとビットコイン年末の動き

Vol.120 EOSはETHより将来的な価値は高いのか? 前編

Vol.119 ビットコインが年末年始に下落する理由

Vol.118 年末に向けてのビットコイン相場分析

Vol.117 墨汁がFactomに投資しない理由と今回の高騰原因

Vol.116 トレーダー心理を利用した価格操作を見破る手法

Vol.115 イーサリアムに上昇の兆し 底打ちの読み方

Vol.114 日本の証券業界が仮想通貨を取り扱うには?

Vol.113 ダブルボトムの変形チャートパターン

Vol.112 イーサリアム先物をローンチする条件とは?

Vol.111 ERC-1630とHTLCの仕組み

Vol.110 ビットコイン価格が回復する際の条件

Vol.109 イーサリアム大口動向とコントラクト

Vol.108 コンスタンティノープルとEthereum 1.xの関係

Vol.107 ファンダメンタルとテクニカルを合わせた分析の考え方

Vol.106 イーサリアムクラシックのETCDEV閉鎖を考察

Vol.105 Augurから見るICOプロジェクトの今後


→過去のリストはこちらから

忙しい人のための墨汁マガジン


◆上記コンテンツなどを含む会員の疑問への回答

配信コンテンツに対する疑問、サロン会員から頂いた質問に対して回答や解説などお答えします。



リアルタイムで情報共有ができるコミュニティ

本サロンではコミュニケーションツール”Slack”を使用した双方向のコミュニティとなっています。ニュース速報やそのニュースが価格やプロジェクトにどう関係するかの詳しい説明などを確認でき、質問も気軽に行うことができます。


◆トレードチャンネル

チャートのテクニカル分析と詳しい根拠、考え方など日々配信。テクニカルの基礎から応用、手法の考え方など幅広く配信


◆アルトコイン総合チャンネル


(*ビットコインとイーサリアムは高頻度で更新するため専用チャンネルがあります)


◆ニュース速報チャンネル

事件やニュースをどこよりも最速に全体通知を行うチャンネル。Slackアプリをスマホまたはパソコンに入れると、情報をすばやくキャッチアップでき、逃しません。リアルタイムで質問ができます


◆税金と規制チャンネル

経費の計上の考え方や、税金対策など幅広く配信。相談なども気軽に行なえます。







*上記コンテンツ以外にも配信を行います。



墨汁うまいからのメッセージ

2018年に入り、今では多くの仮想通貨情報を入手することができるようになりました。一方でその情報の審議を確かめることが必須となり、更に良い影響を与えるのか、はたまた悪い方向に影響するのかを判断することは情報過多により難しくなる一方です。

また仮想通貨において中心となる”ビットコインは他の金融商品とは違う性質を持ち”、株や外貨為替と同様に考えることはできず、開発を含む多くの要員を取引時に考慮する必要があるため”ファンダメンタル、テクニカル両方が鍵”となってきます。

本サロンでは私が今ままで表立って書くことができなかった考え方や情報を共有し、日々テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を行います。書籍やWeb上では知ることができない特別ライターの記事などを通じ、初心者から上級者を含めお互いに議論し高めあっていく場を提供したいと考えています。また特別ライターコンテンツの強化、イベントなども計画しています。

*ビットコインとイーサリアム中心ですが、その他アルトコインも分析しています。



こんな方におすすめ

・デイトレードに興味がある方

・テクニカル分析に興味がある方

・ファンダメンタルや情報などを活かしたい方

・国内の規制や税金事情を詳しく知りたい方

・墨汁うまいと議論したい方

・イーサリアムやDappsに興味がある方

・仮想通貨初心者、中級者

・税金で悩んでいる方

・マイニングに興味がある方

・BOTトレードに興味がある方



Q&A

Q.初心者ですが大丈夫でしょうか?

A.本サロンでは初心者から上級者までが学べる講座を行い、Slackで気軽に質問ができるようになっています。


Q.月末から入会したら損をしますか?

A.入会日から1ヶ月ごとの課金となりますのでご安心ください。また入会後は今までに配信したすべてのコンテンツを閲覧できます


Q.コンテンツの閲覧にFacebookが必要ですか?

本サロンの会員専用プラットフォームを開発しており、スマホで気軽に確認ができるため必要ありません。またSlackではアプリをスマホにダウンロードすることで、最新のレポート更新のお知らせや速報ニュースなどを知ることができます

(*DMMの登録にはFacebookが必要です。)



当オンラインサロンの入会までのフロー

:DMM.comのアカウントの取得および決済情報の登録

:①の登録が完了されると、DMM.comより、タイトル:【DMMオンラインサロン】「オンラインサロンの申し込みが完了しました」というメールが登録アドレス宛てに送信されます。

:②に記載されている、あるいは①登録画面中にあるgoogleフォーム(必要事項入力フォーム)への回答をしてください。

:③回答後に表示されるURLより専用facebookグループへの参加申請をしてください。

:専用facebookグループへの参加承認がされます。

※グループ参加申請をいただいてから2-3営業日が目安です。

:②で記載いただいたアドレス宛に、下記内容のメールが送信されます。

⑥-❶:サロンメンバー限定観覧ページのログインID情報(タイトル:【重要】新規サロンID発行のお知らせ[墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界]

⑥-❷:slackワークスペースへの招待メール(タイトル:サポートセンター があなたを Slack ワークスペースに招待しました)




※グループ参加承認されてから2-3営業日が目安です。

:⑥を登録いただくことで、オンラインサロン内限定のレポートを閲覧およびslackでのオーナーとのコミュニケーションが可能となります。


※①-⑤までの手順でのご不明点は、ヘルプページあるいはDMMサポートセンターへお願いいたします。

※⑥と⑦ の手順でのご不明点は、お問い合わせ先:「bkj-salon-info@ethereum-japan.net 」までお願いたします。

このサロンのキーワード

入会条件・注意事項

<注意事項>

・サロン入会時にはFacebookアカウントが必要になります。入会前にFacebookアカウントをお持ちになっているかの確認をお願い致します。

・サロン入会申込完了後、コンテンツ閲覧用のIDとslackコミュニティはへの招待を行うためGoogleフォームへ必要事項を記入し、Facebookグループへの申請を行ってください。

なお、当該Facebookグループの承認、ID発行等にはそれぞれ2~3営業日ほどお時間をいただく場合がございます。(必ずDMM.comに登録したFacebookアカウントと同じアカウントにてグループへの申請をお願いいたします。異なる場合は、対応処理のため記載以上のお時間をいただくことがございます。)


・サロン内の内容や、オーナーが発信する内容について、サロン外(口外、SNS等を含む全てのメディア・媒体)へ転記することを禁止致します。

・他の利用者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為を禁止致します。

・特定の通貨や銘柄なの購入勧誘行為などに該当する行為を禁止いたします。

・団体・サークルやビジネスへの勧誘もお断りします。また会員間での個人的なメッセージのやりとりでの勧誘が発覚した場合は、即時退会処置をさせていただきます。

・投資に関する最終決定は、会員様のご判断で行っていただき、売買における損失は一切責任を追いません。

・その他DMMオンラインサロン規約に準じます。


※上記禁止事項が認められた際は、強制退会扱いとさせて頂く場合がございますのでご了承ください。


・オンラインサロンに関してのヘルプページはこちらです。

ご不明点などありましたらこちらをご覧ください。
http://help.dmm.com/-/list/=/mid=539/

ヘルプページで解決しない場合はDMMサポートセンターへお問い合わせください。

墨汁うまい

墨汁うまい

 (@bokujyuumai)

デイトレーダー/イーサリアムマイナー/ライター/コンサルタント


イギリス在住経験から2016年に海外送金を行う際、ビットコインに出会い、未来を感じてトレードを開始。会社の経営経験を活かし、法人で資金運用を行う。The DAO事件からイーサリアムに興味を持ち事件や開発を追う。当時、イーサリアムやビットコインをはじめとする仮想通貨の日本語情報は少なく限られていたことから、国内外情報格差の解消のためTwitterやブログで開発や技術、中国規制、ハッキング事件などの情報発信を行う。法人経営でマイニングファームを持つほか、仮想通貨メディアコインチョイスで寄稿を行い、相場や技術の影響などの解説を行う。