JavaScriptを有効にしてください設定方法はこちら
ヘルプ

閉じる

閉じる

このオンラインサロンを利用するには、Facebookアカウントが必要です。

初めてDMMをご利用の方

※DMMの会員登録も同時に行います。

DMMで新規登録する

※後でFacebookで連携が必要となります。

既にDMMアカウントをお持ちの方

ヘルスケアビジネス研究会(予防・健康増進、医療、介護)

ヘルスケアビジネスを一緒に勉強する仲間がほしい!議論をしながら一緒に学びを深めていきたい!という方におすすめのコミュニティです。
加藤浩晃(かとうひろあき)
ヘルスケアビジネス研究会(予防・健康増進、医療、介護)

【2018年11月15日更新】


サロンメンバー200名突破!!

最近、医療者や起業家だけでなく、大企業のヘルスケア部門担当の方の入会も増えてきていて、

ベンチャーと医療者や大企業がつながるような、オープンイノベーションが進んでいます!!


◎サロンの主催者(加藤浩晃)が2018年6月25日に日経BP社から
『医療4.0(第4次産業革命時代の医療)』を出版しました!!
http://amzn.asia/d/8yB3LV5 

医療4.0

ご挨拶

こんにちは、医師の加藤浩晃(かとうひろあき)と言います。
自分自身は医師として10年医療現場で働いた後、厚生労働省に出向して医療制度や医療政策を作る側にいました。
そして今年厚労省を辞職して、現在は医師をしながらヘルスケアビジネスに関わっています。


なぜ「ヘルスケアビジネス」なのか?というと、
医療って「病院やクリニックでの医療提供」だけで考えられがちですが、
そうではなく、社会を健康にする方法として
今のテクノロジーを使うと「新しい医療の形」があるのではないかと常に考えています。


ただ、ヘルステックやデジタルヘルスと言われる「医療✕テクノロジー」だけではダメだと思っていて
その事業を持続させるためには収益の面で「ビジネス」の視点も必要と考えています。


だから「ヘルスケアビジネス」なんです。


自分は社会を健康にする新たな手段としての「ヘルスケアビジネス」にとても興味があって、国内のヘルスケア企業を分析する一環としてカオスマップなどを作ったりしています。



このヘルスケアビジネスを一緒に勉強する仲間がほしい!議論をしながら一緒に学びを深めていきたい!と思って、オンラインサロンを開設することになりました。


また、東京ではヘルスケアビジネスの勉強会が開催されたりしているのですが、
地方ではなかなか開催されていない!!!


実は自分は福井県出身で、昨年(2016年)4月に東京に出てくるまで
静岡・京都で医学生~医師として生活していたのですが、
地方でヘルスケアビジネスに興味を持った人となかなか出会えなかったり議論できなかったことも、
このオンラインなら解決できると思いました!


一緒にヘルスケアビジネス事例を研究しながら、
社会を健康にする新しい手段として「ヘルスケアビジネス」を通して医療イノベーションの種を見つけられたらと思っています!!


あと、自分の得意なこととして、ヘルスケアビジネスに必要な「医療現場」「医療制度」「ビジネス」に関して一人で3領域ともにくわしいので、その視点なども共有できればと思っています!


どうぞよろしくお願いいたします!!

<サロン内容がわかる?メディア掲載>

【サロン紹介】

◎自動車に匹敵する産業が生まれる!? 「ヘルスケアビジネス」が成長を続ける理由
https://lounge.dmm.com/canary/19884/(サロンの紹介)


【サロンイベント】

◎ヘルスケアビジネス研究会でアジヘル考察日記・News Picks田中大地さんイベントに行ってきたレポ!!
http://media.antaa.jp/event-daichitanaka/


<サロンの主催者の加藤浩晃ってどんな人?> 

◎“人生の師との出会い” 加藤浩晃先生 /未来を描く30人の医師のライフストーリー

【第1回】http://media.antaa.jp/lifestory-katohiroaki1/
【第2回】http://media.antaa.jp/lifestory-katohiroaki2/
【第3回】http://media.antaa.jp/lifestory-katohiroaki3/


◎エキスパートインタビュー「医療現場✕厚労省✕ビジネス 第一人者」加藤浩晃 

【第1回】ビジネス、現場、制度の3領域から見る、遠隔診療を取り巻く動き
https://mimir-inc.biz/media/expert/interview_telemedicine1/

【第2回】2019年には現在の倍の規模に。遠隔診療の市場規模と可能性
https://mimir-inc.biz/media/expert/interview_telemedicine2/

【第3回】医療系企業カオスマップからみる医療ベンチャーの事業機会
https://mimir-inc.biz/media/expert/interview_telemedicine3/

【第4回】医療業界における新規事業エキスパートに何が求められるか
https://mimir-inc.biz/media/expert/interview_telemedicine4/



サロン概要

 非公開のFacebookグループならではで、医療制度や医療サービスなど新しい情報がグループ内で飛び交います。また、月1のサロンイベントなどヘルスケアビジネスに興味がある仲間と交流することができます。



こんな方におすすめ

①:ヘルスケアビジネスをはじめている/興味のある医療者


 サロンの参加者の半分以上が医療者(特に医師)です。お互いに「こんなことしてみようと思う」とか「こんなサービスあったけどどう思う?」という話で交流が盛んです。


②:ヘルスケアビジネスをやることになった企業の人など(非医療者)


 大企業で「デジタルヘルス部門」や「イノベーション部門」というような名称で新しくヘルスケアをはじめないといけなくなった方、もしくは大学のときに全く医療系でなかったにも関わらず、医療系の企業で働いていて医療業界が全くわからないという人もいると思います。サロン内のやりとりを見て、医療者がどのような会話をしているのか、今のトレンドや困っていることが何か肌で知ることができます。


③:投資家・VC


 アーリーステージの医療ベンチャーの情報などがサロンでとても早く入ってきます。今の医療ベンチャーのトレンドやなかなか情報が入ってこない新しい医療制度や医療政策の話などを知ることができます。


※本サロンはサロン内のメンバーの「質」を大切にしているため、入会審査をさせてもらっています。

サロン入会申込完了後、Facebookグループへの加入申請を行って頂くと、加藤からFacebookメッセージを送らせてもらいます。
サロンに入会を希望される理由や現在のお仕事などをお伺いしますので、返事がなかったり、下記の入会条件に引っかかる方は入会をお断りさせて頂くことがあります。

<参加に対してもらった質問と回答(2017年12月7日更新)>

Q.学生でも参加できますか?学生プランはありますか?

A.学生も普通にサロンに入っていますよ!けど、学生だからって学生プランみたいなものはないですし、
 いい意味で大企業の人やベンチャーの起業家と同じ感じで参加できます!
 審査はありますが自分は学生だからってのは関係なしなので、ヘルスケアビジネスに興味あるということを
 しっかり伝えてもらえれば!!

上記の他にもサロンに対して質問がある場合はTwitterで@HiroakiKatoまで!



コンテンツ

 月1のサロンイベントを中心に、「ヘルスケアビジネスUpdate」のページで医療制度や医療政策、新しいヘルスケアサービスの情報をアップデートできます!月1回東京某所で開催されている医療ベンチャーのプレゼン大会や不定期の勉強会にも全部無料で参加可能です。


①:月1のサロンイベント


  ヘルスケアビジネス業界かどうかかかわらず、「今この人の話が聞きたい!」という人を加藤がお願いしてサロンに来てもらっています!
 もちろん参加費は無料で、当日参加できない方はFacebook Liveで後から見なおすことができます!!

②:ヘルスケアビジネスUpDate(Facebookグループ)


  新しい情報や医療制度や医療政策の話、その時々で話題になったり新たにリリースされたサービスなど見つけたら紹介していくコンテンツです!!


③:Healthcare Business Presentation


  毎月第1火曜日朝に東京某所で開かれているヘルスケアビジネス界隈の交流会+医療ベンチャー3社のプレゼンの会に希望の方はお誘いします。配信をOKもらった企業のプレゼンは(質疑応答はないですが)Facebook Liveで中継しています!


④:サロン勉強会(不定期)


  不定期で開かれている勉強会です。サロン内のメンバーで自分の得意分野を持ち寄って発表しています。今まで遠隔医療や人工知能の勉強会を開催しています!

⑤:サロン内限定の医療ベンチャー裏話
  

  非公開のFacebookグループだからこそ話せる内容を話しています。
  ※サロン内の内容について、外部へ情報を漏らすことは絶対にお控えください。

  

~過去のサロンイベント~

<月1サロンイベント>